カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : A SCULPTURE IS A SCULPTURE AND CEREMONY

【Photographs by】Takizawa, Hiroshi(滝沢広)
【出版社】RONDADE 2015年, Limited edition of 150 copies.
【装丁】Hardcover(ハードカバー)
【ページ】40 pages with col. plates.
【サイズ】29.7 x 21 cm
【状態】A : New
日本の写真家 滝沢広(Hiroshi Takizawa)の写真集「a sculpture is a sculpture and ceremony」です。滝沢くんの作品の持つ重厚感がそのまま本になったような1冊。分厚いページはあの懐かしい子ども時代の頑丈な絵本のページを思わせるけど、幼年時代のままのような眼差しで撮られた作品(自身の作品だったり、壁だったり、陶器だったり)は、不純な程にその本質をさらけだしてるみたいだって思ったけど、出版社からの説明を読むと何か違うっぽいな。なので、内容写真の下に出版社からの説明を記載してますので、是非ご一読下さい。

滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : A SCULPTURE IS A SCULPTURE AND CEREMONY

価格:

8,900円 (税込 9,612円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

滝沢がカメラを通し捉えてしまうものに建築物の断片や表面の形状、彫刻物がある。 中心を失うことで新たな象徴性だけが全面に現れ、切り取られたイメージの重なりはまた別の文脈を生む事になる。
それらの写し取られる対象物は、もともとの存在価値やそのものがあった場所の痕跡を宙刷りにされ、行き場のない表層の実体感(物質感と気配)だけが別のフォーマットに定着させられる。

紙の集積を圧縮したような装丁はまるで時間が流れ風化し象徴性だけが存在する石碑のようであり、痕跡のモニュメント化を試みている。変換された行為の紙束を立体化することで滝沢の写真の試みを実体化する。
この本に写っているものは、元来持たされていた意味や関係性を失ってもなお、そのものの気配だけが、紙にプリントされ移動し彫刻やモニュメントのように改めて変換される行為が映し出されている。喪失し残された側だけを集め建て直す行為へと変換される。

ページトップへ