カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

パヴェウ・シプルスキ : PAWEL SZYPULSKI : GREETINGS FROM AUSCHWITZ

【Artist】Pawel Szypulski(パヴェウ・シプルスキ)
【出版社】Edition Patric Frey 2015年
【装丁】Hardcover(ハードカバー)
【ページ】88 pages with col. illus.
【サイズ】22.5 x 21.5 cm
【状態】A : New
ポーランドのアーティストでキュレーターのPawel Szypulski(パヴェウ・シプルスキ)が長年蒐集してきたナチスの死の収容所として有名なアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れた観光客によって送られたポストカードの珍しいコレクションです。

パヴェウ・シプルスキ : PAWEL SZYPULSKI : GREETINGS FROM AUSCHWITZ

価格:

4,104円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

一番古いポストカードは1947年のもの、つまり収容所の解放からまだ2年ばかりしか経っていない頃のもの。 本書に収録されているポストカードのほとんどが収容所を訪れた一般の人が実際に家族や友人、知人宛に送ったものです。その中のひとつで、ある男性が「greetings from Auschwitz(アウシュヴィッツからの挨拶)」としてグリーティングを書き、最後に「追伸:こちらは問題ないです。ただ私が恋しく思うのは貴方と日光です」と綴り、ポストカードの表面には入り口の門と火葬場の煙突が写った収容所の全景の写真が印刷されています。他のカードには、「アウシュヴィッツより、夏の風と共に暖かい挨拶を送ります。貴方の妹より」と書かれ、表面には “死のブロック”と呼ばれた、ガス処刑を行ったブロック11の画像が印刷されています。こういったポストカードは未だにアウシュヴィッツのお土産として観光客に売られています。 ホロコースト関連のアート作品の主要なテーマは「沈黙」です。しかし、これらのシプルスキによって蒐集されたポストカードはそのテーマから根本的に異なり、おしゃべりでアウシュヴィッツには不適切な物語が綴られています。本書にて提示されているホロコーストの社会的な記憶は、いわゆる高尚芸術や科学的な議論で語られる記憶とは全くかけ離れたものです。『Greetings from Auschwitz』は私たち人類の歴史上の大きな悲劇がもたらした社会のトラウマに取り組む、言葉とイメージの過ちに関するヴィジュアルエッセイであり、多くを考えさせられる一冊です。

ページトップへ