カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

【サイン入】1XXX-2018-2XXX PUGMENT: パグメント

【Photographs by】Kenta Cobayashi(小林健太)
【Text by】 PUGMENT
【Graphic Design by】Shun Ishizuka
【出版社】NEWFAVE 2018年 Edition of 500 copies
【装丁】Softcover(ソフトカバー)
【ページ】160 pages with col. illus.
【サイズ】25.7 x 18.4 cm
PUGMENTのファッション

今福華凜と大谷将弘によるPUGMENTの作品は、プレタポルテやオートクチュールといった枠組みを超えて、ファッションそのものの歴史や状況をモチーフとした衣服でありアートピースでもあります。彼らは既存のファッションを内側から観察しファッションのオルタナティブを呈示します。

1XXX-2018-2XXX

PUGMENTの2018AWコレクションである『1XXX-2018-2XXX』は、明治時代からの日本の服飾の変遷を元に練り上げられたコンセプトによってサイエンスフィクションの設定で制作、発表されました。近代に和装から洋装への変化を迎え、日常着がファッションにハックされていく中、その歪曲した解釈が独自のムーブメントと価値観を生み出すという奇妙で混沌とした状況が現代においてなお続いています。
PUGMENTは今作で防護服を想起させる漂白したような衣服によってモデルの身体を覆い、その上からファッションの亡霊たちがベールとなって包み込む、肥大化した未来のビジョンを表しました。人間が存在しない世界でファッションが意思や感情を持ち、衣服に憑依するという架空の物語は、日本人である私たちのファッションと身体の関係を批評的に捉えています。

書籍『1XXX-2018-2XXX』

今作のコレクションピースと2018年3月に駒込倉庫で行われたショーを、彼らと同世代である写真家の小林健太が撮影しました。小林の作品は、自身が撮影した写真上に画像編集ソフトを用いて大胆な編集を施すことを特徴としており、今作では新たにネガポジ反転の手法も用いられています。小林によって新たに解釈されたそれらの写真作品と、PUGMENT自身がリサーチした日本のファッション史に関する膨大なテキストと画像をバインドしました。ルックブック、写真集、日本服飾史のアーカイブという側面を併せ持つ本書は、石塚俊によるグラフィックデザインで仕立てられています。

【サイン入】1XXX-2018-2XXX PUGMENT: パグメント

価格:

4,000円 (税込 4,320円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ