カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

BARON BY RICHARD KERN: リチャード・カーン

【Photographs by】Richard Kern(リチャード・カーン)
【Edited by】Matthew Holroyd
【Art direction by】Sam Boxer
【出版社】BARON PUBLICATIONS 2021年 Edition of 1000 copies
【装丁】Softcover(ソフトカバー)
【ページ】128 Pages with col. illus.
【サイズ】35 x 27 cm
【状態】A: New
写真家 Richard Kern(リチャード・カーン)は、「Baron」の第7弾として、少女と女性、ヌードとドレス、そして遊び心と真剣さの間にある二項対立を探求しています。

Kernは被写体にポーズを求めることもなく、指示することもありません。
彼は被写体に接触したりもしません。むしろ、被写体が彼に接触し、自身が心地よく感じる方法で彼のためにポーズをとります。
時にはヌードを選択することもあり、自分の身体がどのように撮影されるかを完全にコントロールしています。したがって、この作品はモデルと写真家のコラボレーションであり、両者がイメージを構築することになります。

このプロセスは、写真家が年配の男性で、被写体が若い女性であることから、興味深い力関係を演じています。
しかし、一見対立しているように見えることで、写真は男性の視線によって形作られていると同時に、被写体が自分のセクシュアリティや身体に対するエージェンシーを表現しています。
しかし、若い女性たちのパフォーマンスは、どこまでが彼女たちの新しいセクシュアリティの真の表現なのでしょうか?それともそのパフォーマンスは、むしろ家父長制によって形作られたものであり、女性であるとは何かについてのポップカルチャーの無限の流れに影響されたものなのでしょうか?

Kernは、この一連のポートレートを、無邪気さの最後の段階、つまり少女が子供時代を終えて、ゆっくりと、しかし確実に大人になっていく段階を描いたものにしたかったと説明しています。
社会が女性に何を期待しているのかがはっきりしない場所で、年齢層の間にいることで生じる多くの不確実性が、少女たちの顔に見られる不安や動揺を通して見えてきます。

少女にとって、それまでの安全な生活を捨てるのはとても怖く、一方で、女性というスリリングでありながら脅威でもある世界に足を踏み入れるのはとてもエキサイティングなことです。
ここには、安全であると同時に危険な感覚があります。
写真を重ねることで、女性の体を隠したり、見せたりしています。そうすることで,Kernは少女でも女性でもない女性的な対象の幻覚的なイメージを作り出しています。
写真が半透明であることで、その両面が強調され、彼女たちの目には、社会的な地位や役割、性的な力を新たに得たことによる疑問と喜びの両方が見えています。
(出版社HP Editors noteより)

BARON BY RICHARD KERN: リチャード・カーン

価格:

6,600円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ