カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

13TH FLOOR ELEVATORS: A VISUAL HISTORY

【Author】Paul Drummond
【出版社】Anthology Editions 2020年
【装丁】Softcover(ソフトカバー)
【ページ】298 pages with col. and monochro. illus
【サイズ】27.9 x 21.6 cm
【状態】A: New
13th Floor Elevators は1965年後半、作詞家のトミー・ホール(Tommy Hall)が地元のシンガー、ロキ・エリクソン(Roky Erickson)に自分の新しいロック・バンドに参加しないかと誘ったことから結成されました。
4年後、3枚のオフィシャル・アルバムをリリースし、数え切れないほどのアシッド・トリップを経て、Elevatorsは終わりを告げました。
Elevatorsの先駆的な最初の活動は、プロとしての不始末、内部での口論、薬物逮捕、精神科への強制収監など、目まぐるしい混乱の中で終わりました。
しかし、このグループは短い存続期間の中で、アンダーグラウンドの音楽の蓋を吹き飛ばすことに成功し、国家当局との反文化闘争で初期の救いの手を差し伸べ、ジャグバンド・ガレージ・ロックに深く幻覚的な手法を取り入れることで、サイケデリック・ミュージックと呼ばれるアメリカの新たな機関へと成長させたのでした。
ライターのPaul Drummondは、これまで見たことのない数多くのバンド写真、当時の貴重で象徴的なアートワーク、家族のスクラップブックや個人的な日記、新刊やアーカイブのインタビュー、同時期の数十の報道記事、オースティン警察の記録など、前例のない一次資料を集めて、これまで悲劇的に記録されていなかったバンドの完全で純粋な物語を語っています。
ヒッピー以前、パンク以前、13th Floor Elevators (文化を変えた変人の天才たち)がありました。

13TH FLOOR ELEVATORS: A VISUAL HISTORY

価格:

5,000円 (税込 5,500円)

購入数:

在庫

SOLD OUT

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ