カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

ヴィクター・ダラン写真集: VICTOR D'ALLANT: TULSA, OK

【Photographs and Text by】Victor d'Allant(ヴィクター・ダラン)
【Introduction by】Julie Winter
【Book Design by】Joao Linneu
【出版社】DALLANT NETWORKS 2021年
【装丁】Hardcover(ハードカバー)
【ページ】160 pages with 77 b&w illus. and 40 col. illus.
【サイズ】30 x 23 cm
【状態】A: New
1921年のタルサ人種虐殺事件からちょうど100年、ラリー・クラークの『TULSA』が出版されてから50年(初版は1971年)、Victor d'Allant(ヴィクター・ダラン)はオクラホマ州に戻り、ドキュメンタリー写真の参考書となったこの重要な作品を再訪します。

パリ生まれでサンフランシスコ在住の視覚人類学者であるヴィクター・ダランは、カメラを構える前にすべての撮影者にインタビューを行っています。
この写真集では、写真とともに彼らのストーリーを紹介しています。その結果、時には胸が張り裂けそうになりながらも、時には希望に満ちたアメリカのビジョンが描かれています。

Julie Winterは、タルサを拠点とするラテン系の麻薬ディーラーであり、2児の母でもあります。
彼女のエッセイ「TULSA, NOT OK」では、彼女の個人的な物語と、この本がどのようにして生まれたかを語っています。
「私はVictorを連れて、タルサの新しく改装された芸術地区、ブラディー・ストリート沿いの小さな通りや裏路地を訪れました。ここは金曜日の夜のタルサの中心地です。そこで彼はこれらの写真の多くを撮影したのです...」

ヴィクター・ダラン写真集: VICTOR D'ALLANT: TULSA, OK

価格:

9,900円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ