カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

ヤン・ルメール / ブラン・ファン・ミールベルデ / ジャン=ミシェル・マイヤーズ: JAN LEMAIRE / BRAM VAN MEERVELDE / JEAN-MICHEL MEYERS: JUTTEN

【Concept & Photographs by】Jan Lemaire and Bram Van Meervelde
【Design by】Jean-Michel Meyers
【出版社】Stockmans Art Books 2021年
【装丁】Softcover(ソフトカバー)
【ページ】128 pages with col. illus.
【サイズ】26.5 x 22 cm
【状態】A: New
2020年3月から2021年11月にかけて、Bram Van MeerveldeとJan Lemaireは、スヘルデ川のほとりでビーチコーミング(海岸などに打ち上げられた漂着物を収集の対象にしたり観察したりする行為)を行いました。その宝物と掘り出し物は、Jean-Michel Meyersがデザインした本「Jutten」にまとめられました。

長靴を履いた二人の男が、過去の欠片を求めて泥を踏み続けるのはなぜか?
しかし、1年が過ぎても、それは続いている。ティータオルにコイン、ビー玉、パイプが次々と入っていく。

拾ったものには不思議な力がある。意図的に選んだものには、すぐに消えてしまうような輝きよりも、ずっと長く輝き続ける魔法があるのです。
その目的意識が、1週間やそこらで私たちの熱意を失わせるのでしょう。
なぜなら、私たちが何かを選択するとき、その対象にはすでに私たち自身があまりにも多く含まれているからです。意識して選んだものは、ティータオルに飾るにはふさわしくないと判断する。

宝物を手に入れるためにゴミを掘り起こせば掘り起こすほど、宝物は増えていくのです。だから、泥まみれの掘り出し物がある。
手を汚さなければならないが、良いロマンスと同じように、楽しみの半分は狩りにある。
だから、私たちは場違いなゴミを探しに行く。そのゴミが、失われたからこそ、発見となるのです。宝石店では何の変哲もないダイヤモンドも、捨てられた魚の中から見つかれば、それがすべてとなる。

しかし、このようなアクセサリーを求めて際限なく漁をする本当の理由は、もしかしたら全く別のところにあるのかもしれない。
17世紀の船乗りが安全な航路を確保するためにスヘルデ川にコインを投げ入れたという話ではなく、完璧に丸い岩を見つけるのは人間ではなく、我々を見つけるのは小石であるという信念である。そして無言のうちに、それは私たちに語りかけてくるのです。

ヤン・ルメール / ブラン・ファン・ミールベルデ / ジャン=ミシェル・マイヤーズ: JAN LEMAIRE / BRAM VAN MEERVELDE / JEAN-MICHEL MEYERS: JUTTEN

価格:

5,500円 (税込)

購入数:

在庫

SOLD OUT

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ