カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher > AKINA BOOKS

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜6件 (全6件)

Can’t Pay You To Disappear By Thomas Vandenberghe

Can’t Pay You To Disappear By Thomas Vandenberghe

14,000円(税込)
Thomas Vandenbergheの写真集「Can’t Pay You To Disappear」です。
【サイン入】横田大輔写真集 : 彽徊 #3 : DAISUKE YOKOTA : IMMERSE
SOLD OUT

【サイン入】横田大輔写真集 : 彽徊 #3 : DAISUKE YOKOTA : IMMERSE

12,000円(税込)
日本の写真家 横田大輔(Daisuke Yokota)の写真集「彽徊 : TEIKAI (IMMERSE) 」です。彽徊 : TEIKAIシリーズ3部作のうちの3作目。彽徊とは、徘徊のようにうろうろとする事という意味と、一つの事をつきつめて考えずに,余裕のある態度でいろいろと思考するという意味があるらしい。写真家にとっては思考するっていう事と、実験するって事が同じような意味なのかな?って思ったり。身体やヌード、室内や風景がモノクロやカラーでまるで夢というか脳内の風景のように続く。
CYRIL COSTILHES : GRAND CIRCLE DIEGO
SOLD OUT

CYRIL COSTILHES : GRAND CIRCLE DIEGO

7,800円(税込)
フランスの写真家 Cyril Costihesの写真集「Grand Circle Diego」です。マダガスカル極北にあるディエゴスアレス湾。父に起きた10年前の悲惨な事故。失われた正気。10年後、彼は彼の心の闇に降りる、彼の父の正気を奪ったその土地の謎を撮る為に。
【コレクターズエディション】横田大輔写真集 : 彽徊 #2 : DAISUKE YOKOTA : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT)
SOLD OUT

【コレクターズエディション】横田大輔写真集 : 彽徊 #2 : DAISUKE YOKOTA : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT)

18,000円(税込)
日本の写真家 横田大輔(Daisuke Yokota)の写真集「彽徊 : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT) 」です。彽徊 : TEIKAIシリーズ3部作のうちの2作目。空に手を伸ばす郊外の夢がまだ夢見されていない工業地域や工事現場」現代の荒れ地、周回の人間の執着を探る都市の外縁を通して寂しい真夜中の徘徊である。
【古書】横田大輔写真集 : 彽徊 #2 : DAISUKE YOKOTA : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT)
SOLD OUT

【古書】横田大輔写真集 : 彽徊 #2 : DAISUKE YOKOTA : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT)

12,000円(税込)
日本の写真家 横田大輔(Daisuke Yokota)の写真集「彽徊 : TEIKAI (WANDERING AT MIDNIGHT) 」です。彽徊 : TEIKAIシリーズ3部作のうちの2作目。空に手を伸ばす郊外の夢がまだ夢見されていない工業地域や工事現場」現代の荒れ地、周回の人間の執着を探る都市の外縁を通して寂しい真夜中の徘徊である。
【古本】ホセ・スハドリニック写真集 : JOSE SUHADOLNIK : BALKAN PANK
SOLD OUT

【古本】ホセ・スハドリニック写真集 : JOSE SUHADOLNIK : BALKAN PANK

10,000円(税込)
1960年代スロベニア(当時のユーゴスラビア)に生まれた写真家 Jose Suhadolnik(ホセ・スハドリニック)の写真集「BALKAN PANK」です。若干13歳で写真を始め、16歳の時にはフォトジャーナリストとして働いていたっていうから驚きです。この本は非常に有望な若手ジャーナリストだったホセが引き寄せられたカウンターカルチャー、主に80年代のパンクやスクワット運動の中に身を置きThe Bastards や VideoSexといったバンドが繰り広げる夜のエネルギーを記録した写真集です。

1件〜6件 (全6件)