カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜10件 (全85件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

滝口浩史写真集 : 窓 : KOJI TAKIGUCHI : SOU
SOLD OUT

滝口浩史写真集 : 窓 : KOJI TAKIGUCHI : SOU

8,964円(税込)
日本の写真家 滝口浩史(Koji Takiguchi)の写真集「窓 : SOU」です。2004年、写真新世紀展にて作品『狭間』が準グランプリを受賞して10年。この作品から始まった家族の生と死をテーマとした写真集です。
滝口浩史写真集 : KOJI TAKIGUCHI : 花 "Flowers (Illustrated title)"【ZINE付】

滝口浩史写真集 : KOJI TAKIGUCHI : 花 "Flowers (Illustrated title)"【ZINE付】

5,000円(税込)
日本の写真家 滝口浩史(Koji Takiguchi)による知的障害者のアート表現の時間をテーマとした写真集です。タイトルはイラストによる「花」で言葉によるタイトルはありません。

アウトサイダーアートを表現者と共に見つめることにより、写真家がみつけた身体表現、息使い、純粋さなど。この時間でしか体験することが出来ない彼らにとっての貴重な時間。それは、何気ない小さな花のようにそこに咲いています。

付録のZineは知的障害者を持つ2人に初めてカメラを持ってもらい撮影した写真によって構成されています。写真を初めて撮るという喜びを見ることが出来、カメラを通しての彼女らの思考も感じられます。
マイヤ・タンミ写真集 : 白兎熱 : MAIJA TAMMI: WHITE RABBIT FEVER

マイヤ・タンミ写真集 : 白兎熱 : MAIJA TAMMI: WHITE RABBIT FEVER

4,968円(税込)
フィンランドのアーティスト Maija Tammi(マイヤ・タンミ)の写真集「White Rabbit Fever(白兎熱)」です。
このシリーズで暗示された病気「White Rabbit Fever」は、実際の病気ではなく、むしろ、私たちの時間の概念に襲いかかる、死ぬまでの時間を数える、病気にかかった状態を表す原型です。
本書は、特定のウサギ、もしくはHenrietta Lacks(今日HeLa細胞として知られる不死化した細胞のドナー)の話ではなく、人生と死との関係についてです。
この本はローマ、ヘルシンキ、アムステルダムで世界を巡回した「White Rabbit Fever」展の補完としてより完全で包括的な内容となっています。アーティストとデザイナーが共同で制作し、さまざまなスケール、さまざまな視点、さまざまな場所での時間の運命を示しています。 崩壊と成長、パラパラ漫画のように倍増している細胞、生命の軽さと死の重さの並置など、Klaus Pichlerによってシーケンスされた視覚的な物語の中で、Katherine Oktober Matthewsの文章の助けを借りて表されています。
【サイン入】富谷昌子写真集 : 帰途 : MASAKO TOMIYA : KITO

【サイン入】富谷昌子写真集 : 帰途 : MASAKO TOMIYA : KITO

7,020円(税込)
青森県出身の日本の写真家 富谷昌子(Masako Tomiya)の写真集「帰路 : KIRO」です。
故郷を離れ東京を拠点に暮らしてきた作者が、ある日自身の家族が同時期に妊娠したという知らせを受けたことを機に本作の制作が始まった。「わたし」や家族、命の繋がり、年月の経過を振り返り問うような一作。

タイトルの「KITO」は「帰途(homeward)」を意味するが、その言葉は本作にとっては言葉でしかない。作者は自然の中で気持ちを落ち着け思い耽り、四季の巡りを感じ、同時に女性という性を通じて目に見える世界と目に見えないものを写真で表現している。
【サイン入】滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : SLEEP

【サイン入】滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : SLEEP

3,000円(税込)
日本の写真家 滝沢広(Hiroshi Takizawa)の写真集「Sleep」です。とあるホテルの一室で撮られた調度品が微妙な変化を見せながら淡々と続きます。聞くところによると、ここで撮られたカーテンや布団は金色だそうで、それらの物質感が興味を惹いたという。ただ、この作品はモノクロで撮られており最大の特徴である金色を全て失くしてるのが面白いと思う。見た目の特徴を奪うことでよりシンプルに物質の表情が強調されます。
【サイン入】滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : Hi! DUCK
SOLD OUT

【サイン入】滝沢広写真集 : HIROSHI TAKIZAWA : Hi! DUCK

2,000円(税込)
日本の写真家 滝沢広(Hiroshi Takizawa)の写真集「Hi! duck」です。滝沢のアトリエ内の多量のゴム手袋や青いビニールシート、垂れたのか、塗られたのか、ペンキや刷毛などが丹念に執拗に撮られています。面白いのが、それらで何が作られたのか全くわからず、この作品集だけが発表されてるところ。
何かを作っていたのかもしれないけど、写真家の興味は制作現場にある様々な散乱した物が織りなす不思議な物質感に向かったんじゃないだろうか。小難しい理屈じゃなくて、普段意識することが無い、それぞれの物質が持っている表情を改めて凝視してると写真家の視線にシンクロしそうになる。
【古本】ローラ・エル=タンタウィ写真集 : LAURA EL-TANTAWY : BEYOND HERE IS NOTHING【サイン入】
SOLD OUT

【古本】ローラ・エル=タンタウィ写真集 : LAURA EL-TANTAWY : BEYOND HERE IS NOTHING【サイン入】

20,000円(税込)
エジプトをルーツに持ち、ロンドンをベースに活動する写真家 Laura El-Tantwy(ローラ・エル=タンタウィ)の写真集「Beyond Here Is Nothing」です。
「Beyond Here Is Nothing」はHOMEで瞑想する写真集オブジェクトです。ここで言うHOMEは懐かしい記憶や想像上の目的地であり、帰属する場所であり、心の静かな状態をもたらしてくれる永遠の可能性を秘めた場所のことであり、写真家はそこに到達する為に旅をしています。
ヴァルディマー・ソルラシウス写真集 : VALDIMAR THORLACIUS : I
SOLD OUT

ヴァルディマー・ソルラシウス写真集 : VALDIMAR THORLACIUS : I

4,800円(税込)
1988年生まれ、アイスランド、クヴェラゲルジの写真家 Valdimar Thorlacius(ヴァルディマー・ソルラシウス)の写真集「I」です。写真家は現在は少なくなって来ているアイスランドの田舎に住む隠者たちを訪れ、そのポートレートや彼らの環境、自然と季節との関係性を写し出します。
【古本】ユルゲン・テラー写真集 : JUERGEN TELLER : CALVES AND THIGHS

【古本】ユルゲン・テラー写真集 : JUERGEN TELLER : CALVES AND THIGHS

4,000円(税込)
ファッション写真からアート写真まで幅広く活動するドイツの写真家 Juergen Teller(ユルゲン・テラー)の写真集「CALVES AND THIGHS」です。
【古本】ユルゲン・テラー写真集 : JUERGEN TELLER : TOURCH ME

【古本】ユルゲン・テラー写真集 : JUERGEN TELLER : TOURCH ME

7,000円(税込)
ファッション写真からアート写真まで幅広く活動するドイツの写真家 Juergen Teller(ユルゲン・テラー)の写真集「tourch me」です。

1件〜10件 (全85件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ