カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > PHOTOGRAPHY/写真集 > BOOK AWARD

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜10件 (全33件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

【古本】マシュー・アセリン写真集 : MATHIEU ASSELIN: MONSANTO - A PHOTOGRAPHIC INVESTIGATION
SOLD OUT

【古本】マシュー・アセリン写真集 : MATHIEU ASSELIN: MONSANTO - A PHOTOGRAPHIC INVESTIGATION

25,926円(税込 28,000円)
フランスの写真家 Mathieu Asselin(マシュー・アセリン)の作品集「Monsanto: A Photographic Investigation」です。
アメリカに本社を持つ多国籍バイオ化学企業であるモンサント社は遺伝子組換え製品、枯葉剤などで世界屈指の規模と成長性で知られ、輝かしい歴史の裏には隠蔽やスキャンダルがあります。
Mathieu Asselin は、モンサントを取り巻く問題を探求するという極めて難しいプロジェクトを開始します。彼の調査、写真研究は、この問題の複雑さを捉え、過去、現在、未来の間の繋がりを作り、多様な観点からさまざまな側面を明らかにします。
カラン・ハトレベル写真集 : CURRAN HATLEBERG : LOST COAST
SOLD OUT

カラン・ハトレベル写真集 : CURRAN HATLEBERG : LOST COAST

5,000円(税込 5,400円)
アメリカの写真家 Curran Hatleberg(カラン・ハトレベル)の写真集「LOST COAST」です。
LOST COASTで写真家はカリフォルニアにある街 Eureka についての挿話から成る物語を提示します。町と人々の親密なポートレイトは短編小説のコレクションのようで、写真は、壮大なものから繊細なものまで、息を呑むような自然の景観と、工業的な衰退の恐ろしい現実との間の極端な間を示します。
生き生きとした肖像画には、居心地の良い瞬間があり、人々の人生についてのそれぞれの小さな物語があります。それはドキュメントや夢かもしれませんが、見落とされたアメリカ人の生活の奇妙な美しさを写し出します。
【古本】SEX SENSE AND NONSENSE : FELICITY GREEN ON THE '60S FASHION SCENE

【古本】SEX SENSE AND NONSENSE : FELICITY GREEN ON THE '60S FASHION SCENE

3,704円(税込 4,000円)
イギリスの元新聞社の役員でファッションジャーナリストのFelicity Greenの作り出す60年代台ファッションシーンの広告イメージなどをまとめた作品集です。
ヨシ・カメタニ写真集 : YOSHI KAMETANI : PLAYED

ヨシ・カメタニ写真集 : YOSHI KAMETANI : PLAYED

3,704円(税込 4,000円)
Yoshi Kametani(ヨシ・カメタニ)の作品集 「Played」です。Tamara KametaniとのIPG Projectや横田大輔との共同作品集に続き、初めてのソロ作品集です。テキスト冊子と写真で構成されており、実際にあった出来事か作り話かわからないけど、物語は退屈な自身や生活に飽きた主人公がマンハッタンをあてもなく、うろつくところから始まります。
写真部分はゴムで留められているだけで綴じられておらず、ひとつの作品はページの折り目で分断され、別の作品と繋ぎ合わせられて、また違ったイメージを見せているようです。
アルルフォトフェスティバルの the Author Book Awardのショートリストに選ばれた作品集。
【サイン入】ダニエル・カストロ・ガルシア写真集 : DANIEL CASTRO GARCIA : FOREIGNER : MIGRATION INTO EUROPE 2015-2016
SOLD OUT

【サイン入】ダニエル・カストロ・ガルシア写真集 : DANIEL CASTRO GARCIA : FOREIGNER : MIGRATION INTO EUROPE 2015-2016

7,000円(税込 7,560円)
イギリスのデュオ Daniel Castro Garcia(ダニエル・カストロ・ガルシア)とThomas Saxbyによる John Radcliffe Studio Projectによる写真集「Foreigner: Migration into Europe 2015 - 2016」です。「Foreigner」(外国人という意味ですが、どちらかというと「よそ者」といったあまり感じのよい言葉ではないらしい)は、ヨーロッパへ移動するさまざまな人々の生活をドキュメントした写真集です。
北アフリカからイタリアへの移動、中東からバルカン諸国を通過してギリシャへの移動そして、「The Jungle」として知られているフランスの都市カレーの移民キャンプの3つのセクションにわかれています。
【古本】小原一真写真集 : KAZUMA OBARA : SILENT HISTORIES【サイン入】
SOLD OUT

【古本】小原一真写真集 : KAZUMA OBARA : SILENT HISTORIES【サイン入】

6,944円(税込 7,500円)
日本の写真家 Kazuma Obara(小原一真)の写真集「Silent Histories」です。ワークショップで手製本で45部のみ制作、販売され、2014年のパリフォトのフォトブックアワードのショートリストにも選出された写真集の普及版です。
トーマス・マイレンダー写真集 : THOMAS MAILAENDER : ILLUSTRATED PEOPLE

トーマス・マイレンダー写真集 : THOMAS MAILAENDER : ILLUSTRATED PEOPLE

5,833円(税込 6,300円)
パリのアーティスト Thomas Mailaender(トーマス・マイレンダー)の写真集「ILLUSTRATED PEOPLE」です。Archive of Modern Conflictのコレクションから23枚のオリジナルネガを使用し、強力なUVランプを照射し、モデルの皮膚に画像を浮き上がらせ、太陽の下で、その皮膚の画像を撮るというパフォーマンスをまとめた写真集です。2015年 パリフォトとアパチャー財団によって設立されたブックアワードのPHOTOBOOK OF THE YEARを受賞した作品集です。
【Special Edition】ヴィンセント・デルブロック写真集 : V.D. : VINCENT DELBROUCK : DZOGCHEN

【Special Edition】ヴィンセント・デルブロック写真集 : V.D. : VINCENT DELBROUCK : DZOGCHEN

30,556円(税込 33,000円)
ベルギー、ブリュッセルの写真家/アーティスト V.D.(Vincent Delbrouck)(ヴィンセント・デルブロック)のヒマラヤプロジェクトの第3作目となる写真集「dzogchen」です。タイトルのゾクチェンとは、チベット古来の宗教であるボン教に伝わる教えで、チベット語で「大いなる完成」を意味する「ゾクパ・チェンポ」の短縮形であり、人間を含むあらゆる生きもの(一切有情)の心性における本来の様態、またはあるがままで完成された姿のことを指しているってウィキに書いてた。カトマンズのカラフルで強烈な生活の色彩をコラージュのような大胆なページ構成で鮮やかに写してる。木々や、湖、植物、人々、自然だけでなく、打ち捨てられた車や、椅子、空き瓶など人工物までも等価に美しい。と思う。
【サイン入】ヴィンセント・デルブロック写真集 : V.D. : VINCENT DELBROUCK : DZOGCHEN

【サイン入】ヴィンセント・デルブロック写真集 : V.D. : VINCENT DELBROUCK : DZOGCHEN

6,481円(税込 7,000円)
ベルギー、ブリュッセルの写真家/アーティスト V.D.(Vincent Delbrouck)(ヴィンセント・デルブロック)のヒマラヤプロジェクトの第3作目となる写真集「dzogchen」です。タイトルのゾクチェンとは、チベット古来の宗教であるボン教に伝わる教えで、チベット語で「大いなる完成」を意味する「ゾクパ・チェンポ」の短縮形であり、人間を含むあらゆる生きもの(一切有情)の心性における本来の様態、またはあるがままで完成された姿のことを指しているってウィキに書いてた。カトマンズのカラフルで強烈な生活の色彩をコラージュのような大胆なページ構成で鮮やかに写してる。木々や、湖、植物、人々、自然だけでなく、打ち捨てられた車や、椅子、空き瓶など人工物までも等価に美しい。と思う。
クリスチャン・パターソン作品集 : CHRISTIAN PATTERSON : BOTTOM OF THE LAKE
SOLD OUT

クリスチャン・パターソン作品集 : CHRISTIAN PATTERSON : BOTTOM OF THE LAKE

6,296円(税込 6,800円)
アメリカの写真家 Christian Patterson(クリスチャン・パターソン)の作品集「BOTTOM OF THE LAKE」です。1970年代、Pattersonの家族が実際に使っていた電話帳を書き込みや挟み込まれたメモなどを再現し、そこに自身の写真やドローイングなどを挟み込んでいます。実際の電話帳をベースにしているが、アーティストの故郷に対する極めて主観的な再構想により、様々な見方や、遊び心あふれる書式や形式を配置し、暗くユーモラスな別の本になっています。
そして、この本に掲載されている100以上の電話番号は、録音音声に繋がるようになっており、読者はそれを実際に聞く事が出来ます。それは、本という枠組みを超えて、アーティストの故郷を想像し直し、作り直しているようです。

1件〜10件 (全33件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

ページトップへ