カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher > Peperoni Books

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~8件 (全8件)

メアリー・フレイ 写真集: MARY FREY: MY MOTHER, MY SON.

メアリー・フレイ 写真集: MARY FREY: MY MOTHER, MY SON.

8,800円(税込)
アメリカの写真家 Mary Frey(メアリー・フレイ)の写真集「MY MOTHER, MY SON.」です。
フレイは、2004 年の写真「My Mother, My Son」をインスピレーションと創作の出発点として使用し、膨大な写真のアーカイブから直線的な時間を崩壊させる絵画的なストーリーを作成します。
フレイは、まったく馴染みがありながらも現実から解放されているように感じられる環境の中で、被写体を親密かつ巧みに捉えています。
私たちの共通の人間性を定義づける家庭的でありふれた儀式と、深く一般的な儀式の交差点をベースとして、『MY MOTHER, MY SON.』の白黒とカラーのイメージを表現し、見る者にとらえどころのない記憶の痕跡を思い出させるものを提示します。
フレイは、死の有限な終着点と残された遺産という人生の謎に触れています。 過去と未来は、現在の一瞬の中で結びつきます。
【古本】メアリー・フレイ 写真集: MARY FREY: REAL LIFE DRAMAS
SOLD OUT

【古本】メアリー・フレイ 写真集: MARY FREY: REAL LIFE DRAMAS

11,000円(税込)
アメリカの写真家 Mary Frey(メアリー・フレイ)の写真集「Real Life Dramas」です。
「Real Life Dramas」はタイムマシーンのようであり、そのイメージは私たちの現実を35年前のアメリカの不確定な場所に連れて行きます。
メアリー・フレイ写真集: MARY FREY: READING RAYMOND CARVER

メアリー・フレイ写真集: MARY FREY: READING RAYMOND CARVER

5,940円(税込)
アメリカの写真家 Mary Frey(メアリー・フレイ)の写真集「READING RAYMOND CARVER」です。
1979年、Mary Freyが家族や友人、そして身近にいる見知らぬ人を撮影し始めたとき、彼女は転換期にありました。
学業の終了、初めての教職、妊娠-責任、義務、心配事-、そして日常生活に意味を見出す必要性に迫られていたのです。
核兵器による大惨事が迫っていることを感じながら子供時代を過ごした後、ライフスタイル雑誌やテレビが「すばらしい新世界」の外観と機能を指示しているアメリカで。
メアリー・フレイは技術的に完璧で、スナップショットと演出の間、親密さと距離の間にある奇妙な写真を撮りました。35年前のアメリカ、中流階級の子供、若者、大人とのありふれた日常。そしてMary Freyは本書でRaymond Carverの文を引用し問いかけます。

わたしはこの人生をまたもう一度生きるだろうか。
また同じ許されない過ちを犯すだろうか。


そしてMary Freyは自身の写真で答えます。
Yes.
ジャニーン・グローバーム写真集 : JANINE GRAUMBAUM : KOSMOS TRAIN
SOLD OUT

ジャニーン・グローバーム写真集 : JANINE GRAUMBAUM : KOSMOS TRAIN

5,602円(税込)
ドイツの写真家 Janine Graubaum(ジャニーン・グローバーム)の写真集「KOSMOS TRAIN」です。旧ソ連の列車の魅力に惹かれた写真家 Janine Graubaumは2010年と2013年から2015年の間にアルバニアからベラルーシへと数千キロを超える列車の旅に出ました。セルビア、マケドニア、ルーマニア、モルドバ、ウクライナ、ロシア、ウズベキスタンと列車の中で昼夜を過ごす旅行者の日常生活をドキュメントしました。どこか寂しく、どこか穏やかで一人で旅に行きたくなるような写真集。
ハイコ・ジーヴァス写真集 : HEIKO SIEVERS : 1980. IN BERLIN

ハイコ・ジーヴァス写真集 : HEIKO SIEVERS : 1980. IN BERLIN

4,584円(税込)
ベルリン生まれの写真家 Heiko Sievers(ハイコ・ジーヴァス)の写真集「1980. in Berlin.」です。ジーヴァスによると自身の1980年代初期の西ベルリンの写真は3つのことを明らかにしているそうです。ひとつは、その時、その都市の自身の精神状態。ひとつは、地下鉄や自分でも知らなかったストリートの人々、ひとつは、その都市がもつ特有の雰囲気です。
ポートレートでもドキュメンタリーでもない写真でジーヴァスはその時間その場所の彼自身の物語を創り出します。灰色の色彩と束の間の印象を通して、人生の瞬間の記録を提示します。そして、ジーヴァスはこれらのイメージを歴史として認識します。それは、20年以上前に失われた都市の興味深い記録以外の何ものでもありません。
ジョゼ・シュライヤー写真集 : JOSEE SCHRYER : SUR-LA-ROUGE

ジョゼ・シュライヤー写真集 : JOSEE SCHRYER : SUR-LA-ROUGE

5,398円(税込)
カナダの写真家 Josée Schryer(ジョゼ・シュライヤー)の写真集「SUR-LA-ROUGE」です。12年の間、父親から離れて暮らしていたジョゼは、まだ見せていなかった娘と、自身が子どもの頃に見た故郷の風景に憧れがあり、父親の住むカナダ、ケベック州グレンヴィルシュルラルージュに戻りました。居心地の悪さや重圧、過去の過ちや決定などを経て父親と再び向き合います。
物語は、春を思わせる緑、森や林、丘や狭い道路から始まり、冬が来て、雪の風景は、鹿、居心地の良い木の家の背景を形成します。屋外や岩の間を散策し、一緒にジグソーパズルをし、辛抱強く座って、この新しい世界を発見するように若い女の子を観察します。それは、離れていた距離がゆっくりと溶けていくようです。端的に言ってしまえば、家族の再生の物語なのかな。美しく愛おしい。
ピエール・ドゥフェ写真集 : PIERRE DEFAIX : 2224 KOLKATA

ピエール・ドゥフェ写真集 : PIERRE DEFAIX : 2224 KOLKATA

6,315円(税込)
フランスの写真家 Pierre Defaix(ピエール・ドゥフェ)の写真集「2224 KOLKATA」です。インドの西ベンガル州の州都コルコタの感覚を圧倒するような力に魅了されたDefaixが撮る街の雑踏や、人々やカラス、様々なガラクタ、ごみごみとした騒々しさだけじゃなく、静けさや不意に目に飛び込む美しさなど、至近距離で捉えている。ところどころに挟まれる金色のページは多分、写真家が見た眩いばかりの街の力みたいなモノを読者にも与えているんじゃないだろうか。
アンドレアス・トロギッシュ写真集 : ANDREAS TROGISCH : REPLIES - THIRTEEN SMALL CONVERSATIONS

アンドレアス・トロギッシュ写真集 : ANDREAS TROGISCH : REPLIES - THIRTEEN SMALL CONVERSATIONS

8,963円(税込)
ドイツの写真家 ANdreas Trogisch(アンドレアス・トロギッシュ)の写真集「REPLIES : Thirteen Small Conversations」です。130点以上の作品を「13の小さな会話」として反映し編集されています。ただ、実際には、トロギッシュの画像はサブジェクトとコンセプトを持っていません。いまだ、抽象的で神秘的な、屋内と屋外、風景、木、家、人、静止画、クローズアップなどの画像が世界中の多くの異なる場所で撮影されています。

1件~8件 (全8件)

ページトップへ