カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全122件)  1/13ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ルース・マルテンス作品集: LOUS MARTENS: ANIMAL BOOKS FOR JAAP ZENO ANNA JULIAN LUCA (REPRINT/ NEW COVER)

ルース・マルテンス作品集: LOUS MARTENS: ANIMAL BOOKS FOR JAAP ZENO ANNA JULIAN LUCA (REPRINT/ NEW COVER)

5,720円(税込)
オランダのグラフィック・デザイナー Karel Martens(カレル・マルテンス)の妻、Lous Martens(ルース・マルテンス)が5人の孫たちの為に制作した動物のスクラップブック。芸術、文学、科学に関する新聞や雑誌、広告やパンフレットのスタンプ、写真などから切り取られた動物で構成された手作りのスクラップブックは、随時新しい資料が追加され、今なお変化し続けています。出版を意図していなかった本書は、家族の愛と献身のひとつの形として、この度刊行されることとなりました。デザインは、Karel Martensをはじめとするファミリーが担当。
ベルティアン・ファン・マネン写真集: BERTIEN VAN MANEN: EASTER AND OAK TREES
SOLD OUT

ベルティアン・ファン・マネン写真集: BERTIEN VAN MANEN: EASTER AND OAK TREES

2,090円(税込)
Bertien van Manen(ベルティアン・ファン・マネン) は、1970年代にden Eikenhorst (文字通り「樫の木の巣」という意味)で過ごした家族の休日の至福のイメージを、本書「Easter and Oak Trees(イースターと樫の木)」の主題としています。
このシリーズの主要な被写体の一人である彼女の息子が、最近このアーカイブを思い出したそうです。
明るさがこれらの白黒のイメージを支配し、政治的に正しくない70年代の彼女の子供たちや家族の明らかな喜び、家族の温かさ、安心感が表現されています。
子供たちはポーズをとったり、遊んだり、走ったりしていますが、最終的には自由な表現とカメラへの露出の中にある家族の親密な心地よさが写真から伝わってきます。
"Easter and Oak Trees "は、この家族の牧歌的な風景のほんの一部を共有するための魅力的な招待状を提供しています。
クリスティナ・デ・ミデル写真集: CHRISTINA DE MIDDEL: PHotoBolsillo
SOLD OUT

クリスティナ・デ・ミデル写真集: CHRISTINA DE MIDDEL: PHotoBolsillo

1,100円(税込)
スペインの写真家 Christina de Middel(クリスティナ・デ・ミデル)の写真集。
10年近くフォトジャーナリストとして活動した後、クリスティナ・デ・ミデル(1975年アリカンテ生まれ)は、1964年にアフリカ人初の月面着陸を目標としたザンビアが先陣を切って行った宇宙計画に関するプロジェクト「Afronautas」(2012年)で知られるようなりました。
彼女の作品は、ドキュメントとしての写真の言語と真実性に疑問を投げかけ、現実と虚構の境界を曖昧にする再構成と戯れています。
森山大道写真集: DAIDO MORIYAMA: A DIARY; Hasselblad Award 2019
SOLD OUT

森山大道写真集: DAIDO MORIYAMA: A DIARY; Hasselblad Award 2019

6,380円(税込)
日本の写真家 Daido Moriyama(森山大道)の2019年ハッセルブラッド賞受賞にあわせて刊行された写真集「A Diary; Hasselblad Award 2019」です。
「A Diary」は、森山大道の日常的な写真撮影の旅を描いたもので、断片、反復、偶然、混沌をテーマにした作品に仕上がっています。彼の写真作品は膨大な数にのぼり、その中には象徴的な写真もあれば、多くの書籍や展覧会で再登場するものもありますが、知られざる作品に出会うことも常にあります。
村上仁一写真集: 地下鉄日記: MASAKAZU MURAKAMI: SUBWAY DIARY

村上仁一写真集: 地下鉄日記: MASAKAZU MURAKAMI: SUBWAY DIARY

5,720円(税込)
日本の写真家 Masakazu Murakami(村上仁一)の写真集「地下鉄日記: Subway diary」です。

東京の地下鉄の一日の利用者は800万人を超え、巨大な都市に張り巡らされる大動脈として都市機能を支えている。村上は学生の頃からの20年間、その地下鉄を利用しながら写真を撮り続けた。

バブル経済崩壊以降、日本が低迷し続ける中で村上が見続けた眼差しの先の人々は、あたかも東京という海を漂流するかのごとく、いまだ出口の見えない街を彷徨っているように見える。

平成から新しい元号となり2020年という節目の年を迎える東京、地下鉄日記が描く姿は過去のものになるのか、それとも未来のものになるのか。確かなのはこの作品がスナップショットの歴史に残る楔になることだとroshin booksは信じています。(出版社HPより)
ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: TRANSFORMATIONS
SOLD OUT

ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: TRANSFORMATIONS

5,000円(税込)
1975年にBruno Munari (ブルーノ・ムナーリ)と Giovanni Belgrano (ジョバンニ・ベェルグラーノ)によってデザインされた『Transformations』は、60枚のカードで構成されており、水平または垂直に配置することで、常に新しいユニークなイメージのシーケンスを作成することができます。
近くから見た動物、遠くから見た動物、木の葉や根、花、どんぐりなど、様々な方法で組み合わせて、組み立てたり、分解したりすることができます。
次から次へとカードを重ねることで、例えば地下の巣穴から空へと登っていくような、驚きに満ちた旅に無限の方向性を持っていくことができます。連続的な変換の視覚的な物語の作成を通じて、ゲームは言語活動と空間の組織の両方を開発しています。
ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: IMAGES OF RELITY
SOLD OUT

ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: IMAGES OF RELITY

5,500円(税込)
Bruno Munari (ブルーノ・ムナーリ)と Giovanni Belgrano (ジョバンニ・ベェルグラーノ)によってデザインされた『Images of Reality』は、40枚のカードに、様々な視点と方法で見た多くの被写体をフィーチャーした写真が収録されています。
靴、手、魚、電球など、視点を変えて観察すると、全く違った表情に見えたり、変化するものとして見ると、名前は多くの可能性のある表現の一つに過ぎなかったりします。
リアルなカラー写真と白黒写真、写真のネガ、そして書き言葉の最後のステップ(イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語の6カ国語)を比較しながら、このゲームは、現実の物体とその表現の違いを学習することを刺激します。
ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: EIGHT SEQUENCES TO PUT IN ORDER
SOLD OUT

ブルーノ・ムナーリ: ジョバンニ・ベェルグラーノ: BRUNO MUNARI: GIOVANNI BELGRANO: EIGHT SEQUENCES TO PUT IN ORDER

5,500円(税込)
1976年にBruno Munari (ブルーノ・ムナーリ)と Giovanni Belgrano (ジョバンニ・ベェルグラーノ)によってデザインされたこのゲームには、52枚のカードが含まれており、論理的に順序づけられた8つのイメージのシーケンスを形成しています。
※シーケンスは3~10枚のカードで構成されており、難易度の高い順に並んでいます。
【スペイン語版】森山大道写真集: DAIDO MORIYAMA: RETROSPECTIVA DESDE 1965

【スペイン語版】森山大道写真集: DAIDO MORIYAMA: RETROSPECTIVA DESDE 1965

8,800円(税込)
2007年3月にセビリアのアンダルシア現代美術センターが主催した森山大道の回顧展にあわせて刊行された写真集です。
ウィリアム・モリス: ANARCHY & BEAUTY: WILLIAM BORRIS AND HIS LEGACY, 1860-1960

ウィリアム・モリス: ANARCHY & BEAUTY: WILLIAM BORRIS AND HIS LEGACY, 1860-1960

3,800円(税込)
William Morris(ウィリアム・モリス)は、芸術家、職人、デザイナー、詩人、博学者、先見の明のある思想家でした。
モリスは、美の対象がすべての人に手の届くものであることを提唱したことでよく知られていますが、英国社会主義運動、アーツ・アンド・クラフツ運動、ガーデン・シティ運動だけでなく、英国内外の芸術家や思想家の歴代にも多大な影響を与えました。
この魅力的な本の中で、フィオナ・マッカーシーは、芸術が繁栄することができる社会というモリスのビジョンとこのアイデアが次の世紀にどのように共鳴したかを検証しています。

1件~10件 (全122件)  1/13ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ