カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Magazine/雑誌 > Magazine/雑誌

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全110件)  1/11ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】THE JOURNAL 27 : TEN YEAR ANNIVERSARRY ENTRY

【古本】THE JOURNAL 27 : TEN YEAR ANNIVERSARRY ENTRY

7,407円(税込 8,000円)
ニューヨークのアート、カルチャーマガジン THE JOURNALの第27号「TEN YEAR ANNIVERSARY ENTRY」です。別冊のWilliam Eggleston 「Sorry We Are Not Sorry」付。
【古本】032c: ISSUE 27: 1995-2015 A RAF SIMONS RETROSPECTIVE

【古本】032c: ISSUE 27: 1995-2015 A RAF SIMONS RETROSPECTIVE

9,259円(税込 10,000円)
ベルリン発のカルチャーマガジン「032c」の27号はファッションデザイナーのRaf Simons(ラフ・シモンズ)特集号です。
Moder-n magazine no.1 utc+9: spring 2019 issue

Moder-n magazine no.1 utc+9: spring 2019 issue

2,800円(税込 3,024円)
「モダーン」は現代における多様なカルチャーを、イメージを中心としたアートブックのような編集とコンテンツを二面に分けるレコードのような構成によって綴じられたビジュアル雑誌です。
モダンアートが描く普遍的な創造性
実験音楽が探求する未知の前衛性
モードファッションが求める最先端の美意識
本誌では我々が日頃から気にかけてるこれらのような文化の今を視覚的かつ聴覚的に伝えてきます。

創刊号では、「極東のドキュメンタリー」を題材にファッションからアートまで幅広く活躍するJuergen Teller(ヨーガン・テラー)、アンダーグラウンド界に捩じれた影響を与える知る人ぞ知る写真家 塩田正幸をメイン企画として、モダーン・ミュージック、富士山、スケーターDanny “BANGING” Brady、OGRE YOU ASSHOLE、Kelly Beemanなど7つのドキュメンタリー企画で「極東時間(utc+9)」を記録しています。
BARON ISSUE 6: MIERT VAGY TE, HA LEHETSZ EN IS? BY PETRA COLLINS

BARON ISSUE 6: MIERT VAGY TE, HA LEHETSZ EN IS? BY PETRA COLLINS

6,481円(税込 7,000円)
Baron magazineの第6号は、カナダの写真家 Petra Collins(ペトラ・コリンズ)です。ハンガリー語のタイトル「Miert vagy te, ha lehetsz en is?」は、「Why be you, when you can be me?(なぜあなたは私になれるのにあなたなの?」という意味で、今作でコリンズはカメラを三人称として使います。
A MAGAZINE #19 CURATED BY KIM JONES: キム・ジョーンズ

A MAGAZINE #19 CURATED BY KIM JONES: キム・ジョーンズ

2,778円(税込 3,000円)
No.A から No.E まで続いた人気雑誌「Number Magazine」が「A Magazine」としてリニューアルした第19号。毎号国際的なデザイナーを編集者に招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように 自由に表現・デザインする。第19号はイギリスのファッションデザイナー Kim Jones(キム・ジョーンズ)。Aの「Africa」で始まり、ナオミ・キャンベルとの会話を呼び物にし、最終的にアマンダ・リアのZの「ZERO」に行き着き、そこで彼女はアルファベットの各文字が何を表すべきかについての個人的な見解を作成します。
【古本】LET'S PANIC ISSUE 01

【古本】LET'S PANIC ISSUE 01

6,481円(税込 7,000円)
New Yorkを拠点とするクリエイティブな世界を探ることを目的とした雑誌 Let's Panicの創刊号です。
それぞれのストーリーは編集者と寄稿者の共同作業であり、その結果、通常のものを超越した文化的な個性の表明となり、制約のない領域での進化の機会を可能にします。その結果、驚くほど多くの才能が集まっています。
出版と雑誌の技によって巧みに細工された作品を制作することで、実際に印刷されたイメージと言葉の重要性を確立しようとしています。
この号には、Mike Brodie、Harmony Korine、Sean Lennon、Dan Colen、Dash Snow、John Watersなどの特集が掲載されています。
BADLANDS 777 #4: NOT ME, NOT YOU, NOT THEM, BUT US.

BADLANDS 777 #4: NOT ME, NOT YOU, NOT THEM, BUT US.

2,800円(税込 3,024円)
ロンドン発のパンクなガールズマガジン『Badlands 777』の第4号です。 今回カバーを飾るのは、日本を代表するモデルの一人 水原希子。前号にも参加した Monika Mogi による撮りおろしストーリーも収録されています。
他にも北京/上海を拠点に活動する写真家 Luo Yang が 2008 年より取り組む”Girls” フォト シリーズ作品に加え彼女へのインタビューを掲載、同じく中国人写真家の Hui Li と、アジ ア勢が多数参加し、その作品たちからはどこかセンセーショナルな雰囲気が漂います。
音楽シーンからは、同郷 UK ロックバンド Wolf Alice のフロントガール Ellie Rowsell を筆頭に、今年の来日公演も記憶に新しい、人種やジェンダー・ハイブリッドなアプローチでロ ンドンの現行アンダーグランドシーンを牽引する気鋭アーティスト Shygirl 、そして UK ソウルシーンの新星 JGrrey が登場。今回も音楽シーンへの密接なアプローチを見せる中、実に 2019 年らしいラインナップを披露。 音楽もファッションも大好き!等身大かつ、世界中の女性達を牽引するような力強さ、そのロックンロールなアティチュードは健在。 再び出版業界におけるガールズ・ムーブメントを巻き起こしてくれることを確信させる仕上がりになっています。
VOSTOK: First Issue: POST-FAKE
SOLD OUT

VOSTOK: First Issue: POST-FAKE

1,500円(税込 1,620円)
編集者 大城壮平(Sohei Oshiro)によるファッション/カルチャー雑誌「VOSTOK」の創刊号です。特集は「POST-FAKE」。
「VOSTOKとは「極東」という意味であるとともに、ユーリイ・ガガーリンを乗せて人類初の有人宇宙飛行を実現した宇宙船の名前でもある。VOSTOKが目指すべきは、カタログ的な実売誌ではない、想像力を掻き立てる雑誌。数年後に開いても新たな発見がある雑誌。国内外のクリエイターやファッション関係者をも刺激する雑誌。そして、携わった人たちの魂が込められている雑誌。」(VOSTOK創刊によせて—東の果てより) この創刊号には今まで大城くんがHuGEやThem magazineで培ってきた経験や影響を受けたアーティスト、書き手たちだけじゃなく、さらに今一緒にやりたいと思った人と紙面を作り上げていったんだろうと思う。確かな熱量がクールに綴じ込められている。
日本のZINEに知ってることすべて: 同人誌、ミニコミ、リトルプレス、自主制作出版史1960-2010年代
SOLD OUT

日本のZINEに知ってることすべて: 同人誌、ミニコミ、リトルプレス、自主制作出版史1960-2010年代

2,600円(税込 2,808円)
あまりにもささやかであるけど、
すべてはひとりの人間が何かを伝えてみることから
はじまるのだから・・・・・・
デザイン誌「アイデア」での同名人気連載がついに書籍化。管理と検閲、商業主義が猛威を振るう21世紀の現在において、出版活動の一筋の希望となるであろうZINEカルチャー。1960年代から現在に至る日本のZINEをめぐる状況を、豊富な資料と証言、ビジュアルによって振り返る。連載未掲載資料を追加収録。ZINEマップ+年表付
(本書帯より)
A MAGAZINE #14: GUEST EDITOR DELFINA DELETTREZ: デルフィナ・デレトレズ
SOLD OUT

A MAGAZINE #14: GUEST EDITOR DELFINA DELETTREZ: デルフィナ・デレトレズ

2,593円(税込 2,800円)
アントワープ発のファッションマガジン「A Magazine」毎号国際的なデザイナーを編集者に招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように 自由に表現・デザインする。第14号はローマを拠点とするジュエリーデザイナーDelfina Delettrez(デルフィナ・デレトレズ)です。

1件~10件 (全110件)  1/11ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ