カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > PHOTOGRAPHY/写真集 > Dutch/オランダの写真家

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全94件)  1/10ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

マリナス・ボエゼム写真集: MARINUS BOEZEM: INTO THE AIR

マリナス・ボエゼム写真集: MARINUS BOEZEM: INTO THE AIR

5,000円(税込 5,500円)
オランダの写真家 Marinus Boezem(マリナス・ボエゼム)の写真集「INTO THE AIR」です。
2016年アムステルダムのOude Kerkで行われたMarinus Boezemによる個展では、長年にわたってオランダのコンセプチュアルアーティストによる新作が最も多く紹介されました。
風、空気、透明度などの無形の要素を多用する彼の作品には、ある種の軽やかさがあります。
ゴシック建築に対する彼の愛は、地上のものを後に残したいという私たちの欲望を大聖堂が体現しているという考えに関係しています。
この展覧会は垂直性の概念を中心としており、Boezemの作品に対する新たな視点を提供し、彼の最新のプロジェクトというプリズムを通して彼の歴史的作品を再解釈することを可能にしています。
ヘンク・ヴィルスフート写真集: HENK WILDSCHUT: ROOTED

ヘンク・ヴィルスフート写真集: HENK WILDSCHUT: ROOTED

4,818円(税込 5,300円)
オランダの写真家 Henk Wildschut(ヘンク・ヴィルスフート)の写真集「Rooted」です。
「Rooted」は、ヘンク・ヴィルスフートによる難民と移民の生活に関する意図せざる三部作の最後のシリーズです。
この本は、少しの植物を育てることに希望と慰めと尊厳を見出す多くの難民キャンプの住民たちに焦点を当てています。
これらの小さな庭は、花を植えた数本のブリキの缶や、わずかな土の中で発芽しようとする一握りの種であることが多く、それらは普通の存在に似た何かへの憧れを象徴しています。
写真家は、チュニジア、ヨルダン、レバノンの難民キャンプにある小規模菜園の写真を撮影し、外国の土地に根を下ろす以外にほとんど選択肢のなかった、現在取り残されている庭師たちの話を詳しく書いています。
【古本】DIT HAP-HAP-HAPPENS... IN AMSTERDAM
SOLD OUT

【古本】DIT HAP-HAP-HAPPENS... IN AMSTERDAM

5,455円(税込 6,000円)
1965年から1966年前半に起こった当局の荒っぽい対応に起因する警察との激しい対立に成長したストーリーをCor Jaringの写真と、デザイナーの大胆なエディトリアルによって作成された作品集。
ポール・キュピドー写真集: PAUL CUPIDO: AMAZONIA

ポール・キュピドー写真集: PAUL CUPIDO: AMAZONIA

6,182円(税込 6,800円)
オランダの写真家 Paul Cupido(ポール・キュピドー)の写真集「AMAZONIA」です。
おそらくアマゾンの熱帯雨林ほどスピリチュアリティが染み込んでいる場所は地球上にないでしょう。
ブラジルのアマゾンに芸術的に没入するプログラム「LABVERDE」でのアーティストのレジデントの間に、Paul Cupidoはカメラを手に取り、この魅惑的で神秘的な環境と静かに対話しました。
写真家は葉、葉、水、月に焦点を当てています。 写真作品は、無数の解釈に開かれた哲学的概念であるムーの原理を中心に展開しています。 ムーは潜在的な可能性があるものの無効であると考えることができます。 「AMAZONIA」で、彼は身体と地球の間のはかないものと象徴的な対応を探ります。
エルスケン写真集: LUST FOR LIFE: ED VAN DER ELSKEN IN COLOUR

エルスケン写真集: LUST FOR LIFE: ED VAN DER ELSKEN IN COLOUR

4,545円(税込 5,000円)
オランダの写真家 Ed van der Elsken(エド・ヴァン・デル・エルスケン)のカラー写真をまとめた写真集「LUST FOR LIFE: Ed van der Elsken in Colour」です。
エルスケンは白黒のイメージで世界的に有名になりましたが、彼の作品の多くは実際にはカラーで作られていました。
彼は1950年代初頭にパリでカラー写真から始め、60年代後半までに、旅行記などでほぼ独占的にカラー写真を撮りました。
本書「LUST FOR LIFE」は、エルスケンの「カラー写真家」としての進化をたどり、この作品を美術史の文脈に置いています。 比較的知られていない未公開の画像に加えて、Nederlands FotomuseumによるVan der Elskenのスライドを復元するための2年間の大規模プロジェクトについても詳しく説明しています。
【古本】ヴィヴィアン・サッセン写真集: VIVIANE SASSEN: DIE SON SIEN ALLES【1st edition】

【古本】ヴィヴィアン・サッセン写真集: VIVIANE SASSEN: DIE SON SIEN ALLES【1st edition】

12,727円(税込 14,000円)
オランダ人フォトグラファー、Viviane Sassen(ヴィヴィアン・サッセン)の写真集「DIE SON SIEN ALLES」。2002年から2004年の間に何度も訪れた南アフリカ・ケープタウンの黒人移住区域で見かけた、西洋の広告ポスターでデコレーションされた人々の家や店舗、バーの内装を撮影したシリーズ「Die Son Sien Alles」をまとめた一冊。「A day in the life of...」('09) 、「Sol & Luna」('10) に続く、LIBRARAYMANでは3冊目となる写真集。
ハンス・ボル写真集: HANS BOL: GOD'S ALLIES REVISITED

ハンス・ボル写真集: HANS BOL: GOD'S ALLIES REVISITED

3,273円(税込 3,600円)
オランダの写真家 Hans Bol(ハンス・ボル)の写真集「GOD'S ALLIES REVISITED」です。
前作「God's Allies」ではカラスとワタリガラスの白黒写真を発表しましたが、「Revisited」は、これらの魅力的な鳥のより暗く、より神聖な側面を描いた銀ゼラチンプリントを特徴としています。
カラスとワタリガラスは知性があり、警戒心があり、遊び心があり、しばしば死と幸運の両方に関連しています。
アナイス・ロペス写真集: ANAIS LOPEZ: THE MIGRANT
SOLD OUT

アナイス・ロペス写真集: ANAIS LOPEZ: THE MIGRANT

16,481円(税込 18,129円)
オランダの写真家 Anais Lopez(アナイス・ロペス)は、2012年にシンガポールのホテルの部屋で、鋭く喉を鳴らす黄色い足の小さな黒い鳥 Javan Mynaに初めて出会います。
鳥は窓の向こうで鳴き続け、彼女を起こしました。Lopezはこの鳥に興味を持ち調査を始めます。
そしてすぐに、20世紀の初期にスズメの貿易を通じてシンガポールjに持ち込まれたJavan Mynaが、ほとんどのシンガポール人に嫌われていることを知ります。
本書は、人間と動物の間に複雑な関係、急速な都市化の影響、望ましくない外来種についてなど、より幅広い視点からJavan mynaの物語を綴った一冊です。
ヤンヌ・グラボウスキー写真集: JENNE GRABOWSKI: BROKEN FLOWERS

ヤンヌ・グラボウスキー写真集: JENNE GRABOWSKI: BROKEN FLOWERS

3,889円(税込 4,278円)
ベルリン在住の編集者、写真家の Jenne Grabowski(ヤンヌ・グラボウスキー)の写真集「Broken Flowers」です。
Jenne Grabowskiは息子のHenriと一緒によく外を歩き回ります。一緒に町を離れ、自然の中の孤独な場所を探し出し、枝、葉、苔、石、花などのさまざまなサンプルを集めて家に持って帰ります。
花束はやがて枯れて消えていくが、グラボウスキーと息子にとっては、それはあらゆる瞬間に存在する一過性を体現しています。それぞれの花束は、少なくとも1つの旅、1つまたは複数の物語を表しています。この本には、鮮やかだが色あせた花を全盛期を過ぎて乾燥させ、容赦なく、自然の腐敗の美しさに敬意を表してフラッシュで撮影した画像が集められています。
イザベラ・ローゼンダール写真集: ISABELLA ROZENDAAL: HUNTS: PHOTOGRAPHING HUNTING CULTURES

イザベラ・ローゼンダール写真集: ISABELLA ROZENDAAL: HUNTS: PHOTOGRAPHING HUNTING CULTURES

5,648円(税込 6,213円)
オランダの写真家 Isabella Rozendaal (イザベラ・ローゼンダール)の写真集「Hunts: Photographing Hunting Cultures」です。
「狩猟体験は、数え切れないほどの顔を持つため、言葉やイメージに変換するのは難しい。」
イザベラ・ロゼンダールは生涯にわたって狩猟に魅了され、世界中で狩猟が持つ文化的な違いと、それが生み出す大きな矛盾に魅了されてきた。
彼女はカメラを持ってアメリカ、アブダビ、ドイツ、オランダを旅し、さらにブラジルのアマゾンにも足を運び、昔からの貴族の営み、あるいは野生動物の保護管理として、人間以外の動物の狩猟について、生計のためであれ、より多くのことを学びました。写真は、狩猟というロマンチックで道徳的な概念を反映しています。

1件~10件 (全94件)  1/10ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ