カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > MUSIC/ミュージック

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全66件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

BEYOND HEAVEN: CHICAGO HOUSE PARTY FLYERS — VOLUME II, FROM 1981-1992

BEYOND HEAVEN: CHICAGO HOUSE PARTY FLYERS — VOLUME II, FROM 1981-1992

2,500円(税込 2,750円)
1983年から1989年までのチラシやその他のハウスミュージック関連のエフェメーラのコレクションをカタログ化した「BYOND HEAVEN」の第2巻です。
本書は前作と同じフォーマットですが、"ハウス"という言葉が生まれる前のアンダーグラウンド・ムーブメントのルーツを反映した初期の "モバイル・ディスコ "から、このジャンルのオリジナルのパイオニア達にインスパイアされたシカゴの新世代のハウスDJやアーティストの出現まで、歴史の窓の広がりを記録した新しいフライヤーが掲載されています。
ダンスグループからパーティークルー、プロモーター、レーベル、レコード店など、有名なものからあまり知られていないものまで、シカゴミュージックの歴史の中で最も偉大な時代の一つであり、今日に至るまで影響力のある遺産の一つであることを知るための出発点となっています。
13TH FLOOR ELEVATORS: A VISUAL HISTORY
SOLD OUT

13TH FLOOR ELEVATORS: A VISUAL HISTORY

5,000円(税込 5,500円)
13th Floor Elevators は1965年後半、作詞家のトミー・ホール(Tommy Hall)が地元のシンガー、ロキ・エリクソン(Roky Erickson)に自分の新しいロック・バンドに参加しないかと誘ったことから結成されました。
4年後、3枚のオフィシャル・アルバムをリリースし、数え切れないほどのアシッド・トリップを経て、Elevatorsは終わりを告げました。
Elevatorsの先駆的な最初の活動は、プロとしての不始末、内部での口論、薬物逮捕、精神科への強制収監など、目まぐるしい混乱の中で終わりました。
しかし、このグループは短い存続期間の中で、アンダーグラウンドの音楽の蓋を吹き飛ばすことに成功し、国家当局との反文化闘争で初期の救いの手を差し伸べ、ジャグバンド・ガレージ・ロックに深く幻覚的な手法を取り入れることで、サイケデリック・ミュージックと呼ばれるアメリカの新たな機関へと成長させたのでした。
ライターのPaul Drummondは、これまで見たことのない数多くのバンド写真、当時の貴重で象徴的なアートワーク、家族のスクラップブックや個人的な日記、新刊やアーカイブのインタビュー、同時期の数十の報道記事、オースティン警察の記録など、前例のない一次資料を集めて、これまで悲劇的に記録されていなかったバンドの完全で純粋な物語を語っています。
ヒッピー以前、パンク以前、13th Floor Elevatorsがありました。
【サイン入】TOBY MOTT: VIOLENCE GROWS

【サイン入】TOBY MOTT: VIOLENCE GROWS

7,500円(税込 8,250円)
「Violence Grows」は、1980年代の4人の象徴的な女性アイコンに焦点を当てた、強引で幅広い考察です。
3人のパンク・アーティストと1人の分裂的な政治家に焦点を当てた4つの段階の旅。
4人とも、アイデンティティ、セクシュアリティ、機能不全に陥った社会における女性の役割について、時代遅れの考えを再構築しました。
この4人の女性たちは、自分たちが生きてきた世界を覆すことを目指していました。

「Violence Grows」の対決的な内容は、家父長的なエリート主義のシステムと、それを文化がどのように覆すことができるのかを検証しています。モット・コレクションのアーカイブからの資料を紹介します。
この力を奮い立たせるようなエフェメラのコレクションは、私たちが今生きている時代を照らしながら、過去の政治的、社会的な問題を浮き彫りにしています。
シーラ・ロック写真集: SHEILA ROCK: PUNK+
SOLD OUT

シーラ・ロック写真集: SHEILA ROCK: PUNK+

9,091円(税込 10,000円)
70年代からミュージシャンを撮り続けている写真家 Sheila Rock(シーラ・ロック)の写真集「PUNK+」です。Paul Simonon (The Clash), Glen Matlock
(Sex Pistols, Rich Kids), Steven Severin
(Siouxsie and The Banshees), Chrissie Hynde
(The Moors Murderers, The Pretenders),
Jah Wobble (Public Image Limited),
Robert Symmons (Subway Sect), Tony James
(Chelsea, Generation X), Don Letts (filmmaker, DJ), Jeannette Lee (MD of Rough Trade),
John Krivine (owner of Acme Attractions
and BOY), Lloyd Johnson (owner of Johnsons
The Modern Outfitters), Jon Savage (writer),
Chris Salewicz (writer).等、多数のミュージシャンのリアルな姿が掲載されています。
【古本】チックス・オン・スピード作品集: CHICKS ON SPEED: IT'S A PROJCET (Cos)
SOLD OUT

【古本】チックス・オン・スピード作品集: CHICKS ON SPEED: IT'S A PROJCET (Cos)

14,000円(税込 15,400円)
1997年にミュンヘンで結成されたパフォーマンスアート、エレクトロニックダンスミュージック、コラージュグラフィックス、テキスタイルデザイン、ファッションで活動するアートグループ Chicks On Speedの作品集「It's a project (COS)」です。
VIECELI & CREMERS: DIVISION OF PLEASURES

VIECELI & CREMERS: DIVISION OF PLEASURES

2,500円(税込 2,750円)
デザインスタジオ Vieceli & Cremersが、イギリスのバンド Joy Divison のデビューアルバム「Unknown Pleasures」の発売から40年を記念して発表した作品集「Division of Pleasures」です。 アーティストのピーター・サヴィルが、電波パルサーからの信号のデータ・プロットを使ってアルバムのカバー・アートワークをデザインして以来、無数の解釈と再利用を引き起こしてきたこのイメージを世界的に認知されたポップな文化的表現としてテーマとしたこの本は136ページにわたる再現、インスタレーション、修正、変形、デジタル化以前のミーム、反復と相違、反復の違いを特徴としています。
HARDCORE FANZINE: GOOD AND PLENTY 1989-1992
SOLD OUT

HARDCORE FANZINE: GOOD AND PLENTY 1989-1992

3,545円(税込 3,900円)
「Good and Plenty」は、1980年代後半から90年代前半までの短い期間の技術を反映して具体化したものです。
この本は、グラフィックデザインとタイポグラフィのレンズを通して、同人誌の7つのイシューを取り上げています。 グラフィックデザイナー、教育者、ハードコアパンク愛好家からの貢献は、ZINEと写真複製の歴史をたどり、ZINE作りがインターネット以前の時代にコミュニティと代替ソーシャルスペースをどのように作成したかについても言及しています。
ミュージシャンであり、その時代のいくつかのバンドのメンバーであるWalter Schreifelsによるテキストは、歴史的背景に「Good and Plenty」を置き、文化的および音の風景の特定の瞬間を強調しています。
【古本】オランダのパンクス: HET GEJUICH WAS MASSAAL: PUNK IN NEDERLAND 1976-1982

【古本】オランダのパンクス: HET GEJUICH WAS MASSAAL: PUNK IN NEDERLAND 1976-1982

11,818円(税込 13,000円)
1976年から1982年までのオランダのパンクシーンを紹介した書籍「HET GEJUICH WAS MASSAAL: Punk in Nederland 1976-1982」です。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド: THE VELVET UNDERGROUND EXPERIENCE
SOLD OUT

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド: THE VELVET UNDERGROUND EXPERIENCE

6,389円(税込 7,028円)
1960年代の前衛的なニューヨークの中心には、ルー・リード、ジョン・ケイル、スターリング・モリソン、モー・タッカーが融合し、前代未聞の音楽革命が起こりました。
Velvet Undergroundは、当時としてはユニークなグループであり、視覚芸術、詩、舞台パフォーマンス、そして性的逸脱や社会規範の破壊といった思想が原動力となっていました。
アーカイブのエフェメラ、未発表の写真、映画、アルバムカバー、ポスター、同人誌、手紙、証言、詩からまとめられたこのモノグラフは、2016年にパリで開かれた「the Velvet Underground Experience 」をアメリカの聴衆のために新たに収集し、サウンド、ビジュアル、ニューヨークのアンダーグラウンドシーンの情緒を再現しています。
ルー・リード: LOU REED: MY WEEK BEATS YOUR YEAR: ENCOUNTERS WITH LOU REED

ルー・リード: LOU REED: MY WEEK BEATS YOUR YEAR: ENCOUNTERS WITH LOU REED

4,167円(税込 4,584円)
「My Week Beats Your Year:Encounters with Lou Reed」は、ロックジャーナリズムの黄金時代から最初のオンラインブログに至るまで、彼のソロキャリアに関する30以上のインタビューを特集しています。
本書は偉大な音楽ジャーナリスト、レスター・バングスの世界を超えて、ルーのポストVelvet Underground パブリックメディアのイメージである、距離と親密さ、サボテンと水銀について深く掘り下げたファンのささやかな試みです。
そして辛辣で(控え目に言って)悪名高いだけでなく、人間として、また創造的な芸術家として、彼にとって何が重要であったかについて、知的で、明瞭で、深い情熱を持っていたリードの親密な肖像です。

1件~10件 (全66件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ