カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全24件)  1/3ページ
1 2 3 次へ  最後へ

ケン・オハラ写真集: KEN OHARA: WITH

ケン・オハラ写真集: KEN OHARA: WITH

1,900円(税込 2,090円)
Ken Oharaの1時間露出のポートレート写真シリーズは、最終的にはそれぞれの被写体の新しいアイデンティティを生み出します。
私たちがポートレートを評価する際に「どんな顔をしているか」という従来の評価は、時間の流れの中で失われていきます。頭や体の柔らかな輪郭は細部が失われたことで新たな力を得て、私たちはそれぞれの人物を形作る物に目を向け、アイデンティティの文脈を与えてくれるのです。
Ralph Eugene Meatyardのような、Oharaの集合的な被写体は、不在のアーティストの陰気で哀愁に満ちた肖像を描き出しています。
ポーリーン・オルトヘテン写真集: PAULIEN OLTHETEN: NON

ポーリーン・オルトヘテン写真集: PAULIEN OLTHETEN: NON

2,600円(税込 2,860円)
オランダのヴィジュアル・アーティスト Paulien Oltheten(ポーリーン・オルトヘテン)の作品集「NON」です。
この地域は、1960年代のユートピア的なモダニズム建築を背景とした、活気に満ちた社会的ダイナミクスが魅力でした。
この本は、スプレーでおおまかに描かれた「non」(いいえ)という言葉を通り過ぎる人々の一連の写真と、通りすがりの人々がその言葉に新しい意味を与えている音声のトランスクリプトで構成されています。
オルテテンはカメラとマイクを使って、この簡潔な声明文が具体的な壁から取り出され、社会と政治の間を自由に行き来できるようになったときに何が起こるかをユーモアを交えて探っています。
【古本】タイヨ・オノラト&ニコ・クレブス写真集: TAIYO ONORATO & NICO KREBS: LIGHT OF OTHER DAYS
SOLD OUT

【古本】タイヨ・オノラト&ニコ・クレブス写真集: TAIYO ONORATO & NICO KREBS: LIGHT OF OTHER DAYS

6,364円(税込 7,000円)
スイスの現代アーティスト/写真家のTaiyo Onorato & Nico Krebs(タイヨ・オノラト & ニコ・クレブス)の写真集「Light of Other Days」です。
現像するだけでポジ像が得られるという特殊印画紙「ダイレクト・ポジティブ・ペーパー」を使用し、自身で制作したものや拾って来たものまで様々なオブジェを被写体に2009年に彼らのスタジオで撮影された作品がまとめられている。1分以上露光させて撮ることで普通では捉えられないような流動的な像が生まれ、このアナログな手法の素晴らしさを再認識させようとする意識に加え、小説家が物語を描くその過程は重要なように、ポジ紙に直接写すその過程自体が写真家にとっても重要なことであることを示す作品となっている。カメラの性質や機能、写真の役割に対する探究心が彼ら特有のユーモアで存分に表現されている。
アーサー・オー写真集: ARTHER OU: THE WORLD IS ALL THAT IS THE CASE

アーサー・オー写真集: ARTHER OU: THE WORLD IS ALL THAT IS THE CASE

3,241円(税込 3,565円)
台湾出身、現在はNew Yorkを拠点に活動する写真家 Arther Ou(アーサー・オー)の写真集「The World Is All That Is The Case」です。
本書は、ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインの「Tractatus Logico-Philosophicus(論理哲学論考)」を読んでいるアーティストの一連の写真、本からの引用とウォルター・ベン・マイケルズによるエッセイで構成されています。
一連の肖像画の興味深いテーマです。マイケルズによると「人が読んでいる写真は、単に(または必然的にまたは通常)写真ではない。実際、ポートレートのデフォルト設定に写真家のためのポーズが含まれている場合、誰かが読んでいる写真は反ポートレートの一種であると言った方が適切でしょう。」とのことです。
したがって読者はカメラによって定義された世界に属します。
マグダレン・オドゥンド作品集: MAGDALENE ODUNDO: THE JOURNEY OF THINGS
SOLD OUT

マグダレン・オドゥンド作品集: MAGDALENE ODUNDO: THE JOURNEY OF THINGS

5,200円(税込 5,720円)
ケニヤ生まれのイギリス人陶芸家、Magdalene Odundo(マグダレン・オドゥンド)の作品集「THE JOURNEY OF THINGS」です。
本書は、2019年春にイギリスの西ヨークシャー州にある美術館ヘップワース・ウェイクフィールド(Hepworth Wakefield)で開催された展覧会「The Journey of Things」に伴い刊行された展覧会図録です。
44点に及ぶ作品に加え、博物館学的に重要な品々や現代作家の作品を幅広く収録し、作者の制作活動が世界中から得た様々なインスピレーションによって支えられていることを示しています。
本自体が作品となる「ブックオブジェ」である本書は、歴史的なものと現代のものとを対で並列的にレイアウトし、有機的な繋がりや流れで内容をより分かりやすく見せるためにセクションを交互に綴じ込んでいます。
小原一真写真集: KAZUMA OBARA: EXPOSURE
SOLD OUT

小原一真写真集: KAZUMA OBARA: EXPOSURE

7,870円(税込 8,657円)
日本のフォトジャーナリスト Kazuma Obara(小原一真)の写真集「Exposure」です。
本書で小原はチェルノブイリ原子力発電所事故の影響を調べています。イメージは小原がウクライナでの旅行を通して集めた放棄されたネガを使って作られました。 このプロジェクトには、2冊の写真集と1枚の新聞の複製が含まれています。
カス・オーサイス写真集: CAS OORTHUYS

カス・オーサイス写真集: CAS OORTHUYS

7,130円(税込 7,843円)
Cas Oorthuys(1908-1975)は、新しい写真の運動をベースにしたオランダの写真シーンの主要人物で、戦間期から1970年代まで世界を旅してきました。
主に6 x 6 cmで撮られた約50万枚のイメージのユニークな証言を通して、彼の写真は個人的なそして歴史的な物語を絡み合わせます。
第二次世界大戦中はレジスタンスに関わり、アンダーグラウンドの集会を「違法に」撮影し、最後の「Hunger Winter(飢餓の冬)」に続いて解放された人々の苦しみを撮影しました。
戦後、産業界、労働者、国の世界、ニューヨークやパリなどの都市の都市化、東南アジアの植民地時代の終焉、中央ヨーロッパや地中海ヨーロッパの小さな村など、最近の社会的、地理的変化を示しています。
非常に正確なフレームを通して、これらの写真は現代社会の出現を明らかにします。 オーサイスは自由で詩的で共感的な目で主題を撮影しました。
【古本】アーウィン・オラフ: ERWIN OLAF: JOHANNES VERMEER PRIJS 2011

【古本】アーウィン・オラフ: ERWIN OLAF: JOHANNES VERMEER PRIJS 2011

2,778円(税込 3,056円)
オランダの写真家 Erwin Olaf(アーウィン・オラフ)のJohannes Vermmer Prijsのカタログです。
リカルド・オスターランド写真集: RIKARD OSTERLUND: LOOK, I'M WEARING ALL THE COLOURS

リカルド・オスターランド写真集: RIKARD OSTERLUND: LOOK, I'M WEARING ALL THE COLOURS

4,259円(税込 4,685円)
イギリスの写真家 Rikard Osterlund(リカルド・オスターランド)の写真集「Look, I'm wearing all the colours」です。
「Look, I'm wearing all the colours」は、他人にはわからない病気と共に生きる親しい人との関係性の視覚的探求です。 この本は、物語を伝えるために鋭く医学に関連し、喜びと親密さの瞬間を捉えた幅広い種類のイメージを使用しています。
ナイル・オブライエン写真集 : NIALL O'BRIEN : PORN HURTS EVERYONE

ナイル・オブライエン写真集 : NIALL O'BRIEN : PORN HURTS EVERYONE

3,519円(税込 3,871円)
アメリカの写真家 Niall O'Brien(ナイル・オブライエン)の写真集「Porn Hurts Everyone」です。本書はオブライエンがアメリカを横断して撮影した広大な視覚記録であり、アメリカの北西、カリフォルニア州、オレゴン州、モンタナ州、そしてその間にある州にまたがるアメリカの小さな町のそれらを故郷と呼ぶ人々の静かな苦悩と不快感を捉えています。

1件~10件 (全24件)  1/3ページ
1 2 3 次へ  最後へ

ページトップへ