カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Magazine/雑誌

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全82件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

APARTMENT MAGAZINE ISSUE #4: ORDINARY GUYS

APARTMENT MAGAZINE ISSUE #4: ORDINARY GUYS

1,500円(税込)
『apartment 004 ── ordinary guys』

約1年をかけてリニューアルを行った今号では、スタイリストの小山田孝司、写真家の岩渕一輝、アイドルのゆっきゅんを同時にフィーチャー。他者の視線にとらわれず自身のセルフイメージに沿って装う(ように見える)3人それぞれが2週間に渡り『apartment』公式Instagram・ストーリーズに投稿した日常の様子をもとに、編集者とそれぞれのファッションについての対話を重ねながら、誌面のファッションストーリーを共同ディレクションしています。なお、対話の様子も同時収録。
A MAGAZINE CURATED BY MAISON MARGIELA 2004 LIMITED EDITION REPRINT

A MAGAZINE CURATED BY MAISON MARGIELA 2004 LIMITED EDITION REPRINT

5,500円(税込)
No.A から No.E まで続いた人気雑誌「Number Magazine」が「A Magazine」としてリニューアルした第1号の限定復刻版。毎号国際的なデザイナーを編集者に招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように 自由に表現・デザインしています。
この復刻版は、印刷物としてのコレクターズアイテムであると同時に、マルジェラの創設時の理想、すなわち、服作りの解体や写真における古典的な理想の破壊から、ストリートキャスティング、型破りな美しさ、破壊的なコミュニケーション、そしてファッションやオブジェクトデザインの概念に対するダダイスト的なアプローチに至るまで、現在も関連性があることを証明しています。
2021年の復刻版は、オリジナルの雑誌の紙質や表紙の処理を合わせて、表紙から中身まですべてオリジナルのままで復刻しています。裏表紙には、現在の編集チームによる短い説明文が掲載されています。
VOSTOK: No.004: FALL WINTER 2020

VOSTOK: No.004: FALL WINTER 2020

1,650円(税込)
編集者 大城壮平(Sohei Oshiro)によるファッション/カルチャー雑誌「VOSTOK」の第4号です。
【限定版】 Moder-n magazine no.2: REPORT AGE
SOLD OUT

【限定版】 Moder-n magazine no.2: REPORT AGE

4,950円(税込)
「モダーン」は現代における多様なカルチャーを、イメージを中心としたアートブックのような編集とコンテンツを二面に分けるレコードのような構成によって綴じられたビジュアル雑誌です。
クリエイティブディレクター、編集者の高宮 啓が発行するカルチャー雑誌「モダーン」の 2 号目となる「REPORT AGE issue」。
今号では「REPORT AGE」(時代の記録)という特集タイトルのもと、奇しくも世界中で大きな変化が起きてしまったこの「時代」で、 多様化が加速するカルチャーが現代社会にどのように触媒しているかを世界各地のアーティストたちと共にノンフィクション/ドキュ メンタリーな形式で「記録」しています。
巻頭企画は、世界最高峰のアーティストの一人として絶大な支持を集める Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティ ルマンス)。
その他にも 2020 年秋にタカ・イシイギャラリーにて同時開催された画家の五木田智央と、写真家の塩田正幸による両個展の密着 ドキュメント企画や、アート集団 Chim↑Pom(チンポム)が昨年の緊急事態宣言中に東京の街中に掲げたビルボードの記録作品、 2019 年に世界的な写真賞である Foam Paul Huf Award(フォーム・ポール・ ハフ・アワード)を受賞した西アフリカのガーナを拠点に 活動する気鋭写真家の Eric Gyamfi(エリック・ギャムフィ)によるポートフォリオ作品、80 年代より活動を続ける女性音楽家 Phew の サウンドスケープ企画などで構成しています。
【通常版】 Moder-n magazine no.2: REPORT AGE
SOLD OUT

【通常版】 Moder-n magazine no.2: REPORT AGE

3,300円(税込)
「モダーン」は現代における多様なカルチャーを、イメージを中心としたアートブックのような編集とコンテンツを二面に分けるレコードのような構成によって綴じられたビジュアル雑誌です。
クリエイティブディレクター、編集者の高宮 啓が発行するカルチャー雑誌「モダーン」の 2 号目となる「REPORT AGE issue」。
今号では「REPORT AGE」(時代の記録)という特集タイトルのもと、奇しくも世界中で大きな変化が起きてしまったこの「時代」で、 多様化が加速するカルチャーが現代社会にどのように触媒しているかを世界各地のアーティストたちと共にノンフィクション/ドキュ メンタリーな形式で「記録」しています。
巻頭企画は、世界最高峰のアーティストの一人として絶大な支持を集める Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティ ルマンス)。
その他にも 2020 年秋にタカ・イシイギャラリーにて同時開催された画家の五木田智央と、写真家の塩田正幸による両個展の密着 ドキュメント企画や、アート集団 Chim↑Pom(チンポム)が昨年の緊急事態宣言中に東京の街中に掲げたビルボードの記録作品、 2019 年に世界的な写真賞である Foam Paul Huf Award(フォーム・ポール・ ハフ・アワード)を受賞した西アフリカのガーナを拠点に 活動する気鋭写真家の Eric Gyamfi(エリック・ギャムフィ)によるポートフォリオ作品、80 年代より活動を続ける女性音楽家 Phew の サウンドスケープ企画などで構成しています。
GALLERY MAGAZINE NO.1: JAN DE VYLDER: INGE VINCK

GALLERY MAGAZINE NO.1: JAN DE VYLDER: INGE VINCK

3,630円(税込)
Gallery Magazineは、Jonathan Robert Maj (ジョナサン・ロバート・メイジ)とJohannes Strohmenger Berry(ヨハネス・ストレーメンガー・ベリー)によってキュレーションされたプロジェクトです。
毎号、1人のゲスト建築家やプラクティスが招待され、オリジナルコンテンツの作成を通じてビジョンを実現しています。最初のゲストは一連のエクセルのデッサンを作りメディアの限界をテストする Jan De Vylder と Inge Vinckです。
FLORAGATAN 13 CURATED BY ACNE STUDIOS: A Magazine Curated By: Special Project #3
SOLD OUT

FLORAGATAN 13 CURATED BY ACNE STUDIOS: A Magazine Curated By: Special Project #3

2,530円(税込)
新しいAcne Studios(アクネ・スタジオ)本社の立ち上げに伴い、「A Magazine Curated By」は、この特別な建物の調査と、ファッションのアトリエや企業のオフィスとしての現在の機能を紹介しています。
フランスの建築写真家 Philippe Chancel(フィリップ・シャンセル)によるビジュアル・エッセイでは、管理事務所から始まり、デザインと生産のアトリエ、共同スペース、フォトスタジオなどの各構成要素を経て、10階建ての建物を上から下へと探検しています。
VOSTOK: No.002: 暴力
SOLD OUT

VOSTOK: No.002: 暴力

1,650円(税込)
編集者 大城壮平(Sohei Oshiro)によるファッション/カルチャー雑誌「VOSTOK」の第2号です。特集は「暴力」。
第2号では巻頭を横田大輔(Daisuke Yokota)の撮る「COMME des GARCONS Homme plus」が異質なカッコ良さを放っているし、高橋恭司(Kyoji Takahashi)の撮る Louis Vuittonはアーティストの安野谷昌穂がモデルを務めています。アーティストページでは Rafal Milach、Matthew Connors, Masaho Anotaniなど充実しています。
A MAGAZINE #21 CURATED BY LUCIE AND LUKE MEIER
SOLD OUT

A MAGAZINE #21 CURATED BY LUCIE AND LUKE MEIER

4,620円(税込)
毎号国際的なデザイナーを編集者に招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように 自由に表現・デザインする「A Magazine Curated by」の第21号。
今号はドイツのファッションハウス、ジル・サンダーの共同クリエイティブ・ディレクターがキュレーションを担当しました。Lucie And Luke Meier(ルーシー&リューク・メイヤー)は、彼らの仕事のすべてに存在するテーマである「人間の自然と母なる自然」という二面性について、内省とオープンな対話を求めてこの課題に取り組みました。
自然界と建築物の構造、そして近年の文化的な現象を並置することで、スケール、地理、そしてメイヤー夫妻の個人的な貢献の豊富さを探求するための基礎が形成されています。
写真、絵画、イラストレーション、インタビュー、音楽、詩など、すべてが丁寧に考え抜かれた感動の渦に包まれています。
【古本】ARKITIP ISSUE0013: アーキタイプ0013号
SOLD OUT

【古本】ARKITIP ISSUE0013: アーキタイプ0013号

16,500円(税込)
L.A.発のアート&カルチャーマガジン、ARKITIPの第13号 Mark Gonzales(マーク・ゴンザレス)特集号です。

1件~10件 (全82件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ