カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Magazine/雑誌

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全117件)  1/12ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】ヴィジョネア 第63号: VISIONAIRE NO.63: FOREVER

【古本】ヴィジョネア 第63号: VISIONAIRE NO.63: FOREVER

22,727円(税込 25,000円)
1991年にニューヨークで創刊された毎号限定で凝った造本で発行されるヴィジュアルマガジンVISIONAIREの第63号「FOREVER」特集です。アーティストや写真家ら10名による写真作品を3Dに起こしたメタルプレート作品がオリジナルボックスに入っています。
【古本】ヴィジョネア 第36号: VISIONAIRE NO.36: POWER
SOLD OUT

【古本】ヴィジョネア 第36号: VISIONAIRE NO.36: POWER

10,909円(税込 12,000円)
1991年にニューヨークで創刊された毎号限定で凝った造本で発行されるヴィジュアルマガジンVISIONAIREの第36号「POWER」Issueです。
【古本】SELF SERVICE THE ADS 1994-2019
SOLD OUT

【古本】SELF SERVICE THE ADS 1994-2019

8,000円(税込 8,800円)
パリのファッション・カルチャーマガジン「SELF SERVICE」の1994年から2019年の25年間の300を超えるファッション広告をまとめた作品集。
TISSUE MAGAZINE No666FFF

TISSUE MAGAZINE No666FFF

2,700円(税込 2,970円)
2011 年創刊、UWE BERMEITINGER が編集長兼クリエイティブディレクターを務めるドイツ•ハンブルク発 SEX・ART MAGAZINE EVERYTHING SEXY(全ての物事はセクシー)を掲げ、”セックス”、”芸術”、”死”、という題材を独自の感覚で表現し、我々が持つ”セクシー”の 概念の壊し屋のような存在として世界中でカルト的人気を集めてきました。5 号目を最後にオンラインに拠点を移し活動していましたが、実に 5年に及ぶ沈黙を破り最新号となる TISSUE Magazine No666FFF をリリース致します。概念の壊し屋的なポジションから更に進化を遂げ、我々に新 たな世界を啓示するような、そんな神々しささえ感じるカムバック号となっています。
【通常版】 (RE)PICTURE 01

【通常版】 (RE)PICTURE 01

4,500円(税込 4,950円)
レピクチャー (RE)PICTUREは視覚的な想像力の再生を目的としたインディペンデントマガジンです。
この雑誌ではゲストアーティストによって描かれた像(ピクチャー)を、言葉を使わずにデザインし印刷物としてパッケージしています。
インターネットやソーシャルメディアの発達が著しい今日において、我々は頭のなかに現れてはすぐに消え去る、多くの刹那的なイメージに接していますが、レピクチャーでは異なる国籍のアーティストたちと共に、現代的かつ永久的な新たなエコシステムを、イメージというユニバーサルランゲージのみを使って表現しています。

第1号
我々は1枚の写真を見た時、何を思うのだろうか? 画像の伝達には物質(化学)、形象(図像)、精神(印象)に加え、空間というキーワードがある。それらの目に見える要素と目に見えない要素が化学反応のように交ざり、そこに鑑賞者の想像が加わることで循環的な連想ができるものになる。本誌初号では人間の持つ想像力も地球の一つの資源であると考え、”resource”というテーマを掲げた。
【Special Edition】 (RE)PICTURE 01

【Special Edition】 (RE)PICTURE 01

10,000円(税込 11,000円)
レピクチャー (RE)PICTUREは視覚的な想像力の再生を目的としたインディペンデントマガジンです。
この雑誌ではゲストアーティストによって描かれた像(ピクチャー)を、言葉を使わずにデザインし印刷物としてパッケージしています。
インターネットやソーシャルメディアの発達が著しい今日において、我々は頭のなかに現れてはすぐに消え去る、多くの刹那的なイメージに接していますが、レピクチャーでは異なる国籍のアーティストたちと共に、現代的かつ永久的な新たなエコシステムを、イメージというユニバーサルランゲージのみを使って表現しています。

第1号
我々は1枚の写真を見た時、何を思うのだろうか? 画像の伝達には物質(化学)、形象(図像)、精神(印象)に加え、空間というキーワードがある。それらの目に見える要素と目に見えない要素が化学反応のように交ざり、そこに鑑賞者の想像が加わることで循環的な連想ができるものになる。本誌初号では人間の持つ想像力も地球の一つの資源であると考え、”resource”というテーマを掲げた。
NOMENUS 1: DREAM YOURSELF AWAKE

NOMENUS 1: DREAM YOURSELF AWAKE

3,182円(税込 3,500円)
アメリカのアーティスト Erik Madigan Heckが編集し Nomenus が発行する年2回発行の雑誌「Nomenus」の創刊号「Dream Yourself Awake」特集です。
本号では、John Baldessari, Fendi, Fleur de Roeck, Alec Soth(アレック・ソス), Christopher Anderson(クリストファー・アンダーソン), Paolo Ventura, Erik Madigan Heck, James Welling(ジェイムス・ウェリング), Marcel Dzama, Mercedes Helnwein, François Halardの他、ゲルハルト・リヒターの「The Annunciation(After Titian)」、ミルトン・グレイザーの「Purgatorio」、ハンス・ホルバインの「The Dance of Death」を紹介しています。
表紙はLawrence Weiner、Marcel Dzama、Paolo Ventura、Fleur de Roeck、Milton Glaserの五種類ございます。
FLANEUR ISSUE 08: TAIPEI WANDA ROAD
SOLD OUT

FLANEUR ISSUE 08: TAIPEI WANDA ROAD

2,273円(税込 2,500円)
「Flaneur」の第8号は、台北のカンディングロードとワンダロードの交差点をテーマにしており、植民地と都市の歴史が重なっています。台北という場所は常に編集チームを魅了していたため、台北アートビレッジトレジャーヒルで3か月間のアーティストレジデンシーを行う機会が訪れたときの瞬間を捉えました。
学際的で協力的な取り組みでは、軸はさまざまな角度からマッピングされ、レイヤー、植民地時代の意味、無声の物語、この変位の場所の矛盾を明らかにします。
15人以上の地元のアーティストや作家による多様な協力により、この雑誌は台湾の首都の最も古い部分を掘り下げています。
SLASH: A PUNK MAGAZINE FROM LOS ANGELES 1977-80

SLASH: A PUNK MAGAZINE FROM LOS ANGELES 1977-80

18,000円(税込 19,800円)
1977年 Steve Samiof によってロサンゼルスで設立され、1980年までに合計29冊を出版したパンク/ニューウェーブのオルタナティブな雑誌「SLASH」のすべての表紙をファクシミリで複製し、雑誌の最高の記事とインタビューの一部を再版しています。
VOSTOK: No.002: 暴力
SOLD OUT

VOSTOK: No.002: 暴力

1,500円(税込 1,650円)
編集者 大城壮平(Sohei Oshiro)によるファッション/カルチャー雑誌「VOSTOK」の第2号です。特集は「暴力」。
第2号では巻頭を横田大輔(Daisuke Yokota)の撮る「COMME des GARCONS Homme plus」が異質なカッコ良さを放っているし、高橋恭司(Kyoji Takahashi)の撮る Louis Vuittonはアーティストの安野谷昌穂がモデルを務めています。アーティストページでは Rafal Milach、Matthew Connors, Masaho Anotaniなど充実しています。

1件~10件 (全117件)  1/12ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ