カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全690件)  1/69ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

アルド・シュミッド作品集: ALDO SCHMID: NOTEBOOK 2005–2018

アルド・シュミッド作品集: ALDO SCHMID: NOTEBOOK 2005–2018

13,500円(税込 14,850円)
「Notebooks 2005–2018」はスイスのアーティスト Aldo Schmid(アルド・シュミッド)の10冊のモレスキンの手帳を復刻したノートブックのコレクションです。
2005年から2018年までに作られたこれらの視覚世界は、廃墟となった工場や曖昧な絵はがきのようなアイドルを通して、現代性のコードと報道写真によって喚起された記憶の空間へと私たちを連れて行ってくれます。
途中で、グロテスクな役人、歪んだ顔やマスクをした生き物、ロボットや漫画のようなキャラクターなど、奇妙なキャラクターたちに出会います。
ヴァレリー・フィリップス: VALERIE PHILLIPS: YOUNG TOMORROW

ヴァレリー・フィリップス: VALERIE PHILLIPS: YOUNG TOMORROW

3,000円(税込 3,300円)
Valerie Phillips(ヴァレリー・フィリップス)の「ALICE IN LONDONLAND」のアウトテイクで作られたzine「YOUNG TOMORROW」です。
【古本】アスガー・カールセン/ロジャー・バレン写真集: ASGER CARLSEN & ROGER BALLEN: NO JOKE

【古本】アスガー・カールセン/ロジャー・バレン写真集: ASGER CARLSEN & ROGER BALLEN: NO JOKE

4,545円(税込 5,000円)
ニューヨークを拠点とするデンマーク人フォトグラファー、アスガー・カールセン(Asger Carlsen)と、アメリカに生まれ、1970年代から南アフリカで活動しているフォトグラファー、ロジャー・バレン(Roger Ballen)による作品集。
本コラボレーションにおいて、二人はそれぞれのアイデアやスケッチ、一度完成された作品を相手に渡し、手作業やデジタル加工によってそれぞれ手を加え新たに創作することで、制作者やプロセスという概念の枠を曖昧にしている。二人の作家は、現実とフィクションの間にある境界線をぼやけさせるような作風で知られており、本作は互いに刺激し合い影響されることにより期待を大きく上回るような作品へと昇華されている。
【Cプリント付】ビル・ヘンソン写真集: BILL HENSON: PRINCIPIO ERAT (NUDE)
SOLD OUT

【Cプリント付】ビル・ヘンソン写真集: BILL HENSON: PRINCIPIO ERAT (NUDE)

9,500円(税込 10,450円)
オーストラリアの写真家 Bill Henson(ビル・ヘンソン)の写真集「Principio Erat」です。
その生き物は目を見張ってその開放性(the openness)を見つめています。
ドイツの詩人レイナー・マリア・リルケの 「デュイノの八行詩」 も同様です。
「開放性(the openness)」とは、エルフ、罪のない人々、聖人が住む空間です。
ビル・ヘンソンは、被写体の恐ろしい美しさの中で、まるで影が歌うように、黒い背景に刻まれたこの無限大、この開放性を知覚します。
【Cプリント付】ビル・ヘンソン写真集: BILL HENSON: PRINCIPIO ERAT (PORTRAITS)
SOLD OUT

【Cプリント付】ビル・ヘンソン写真集: BILL HENSON: PRINCIPIO ERAT (PORTRAITS)

9,500円(税込 10,450円)
オーストラリアの写真家 Bill Henson(ビル・ヘンソン)の写真集「Principio Erat」です。
その生き物は目を見張ってその開放性(the openness)を見つめています。
ドイツの詩人レイナー・マリア・リルケの 「デュイノの八行詩」 も同様です。
「開放性(the openness)」とは、エルフ、罪のない人々、聖人が住む空間です。
ビル・ヘンソンは、被写体の恐ろしい美しさの中で、まるで影が歌うように、黒い背景に刻まれたこの無限大、この開放性を知覚します。
コリエ・ショア写真集: COLLIER SCHORR: PAUL'S BOOK

コリエ・ショア写真集: COLLIER SCHORR: PAUL'S BOOK

7,000円(税込 7,700円)
アメリカ人フォトグラファー、コリエ・ショア(Collier Schorr)の作品集。
「一般的に『若さの本質は若さである』と認識されている。でも、本当はそうではない。実は若さの本質とは過去である。若さとは、若い男性が憧れの眼差しで覗き込む水面ではない。それは、年齢を重ねた男たちが、自分たちの肉体があの頃からどれほど遠く離れてしまったのかを見定めようと凝視する水面である。」
―コリエ・ショア
【サイン入】ジョナサン・レンシュラーZINE: JONATHAN RENTSCHLER: NOWHERE TO GO FROM HERE

【サイン入】ジョナサン・レンシュラーZINE: JONATHAN RENTSCHLER: NOWHERE TO GO FROM HERE

2,727円(税込 3,000円)
NYを拠点に活動する写真家 Jonathan Rentschler(ジョナサン・レンシェラー)のZINE「NOWHERE TO GO FROM HERE」です。2019年に東京のMATARD HOTELでの展示にあわせて刊行された限定50部のZINEです。
ブルー・ムナーリ: THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2019/20 (Bruno Munari Obvious Code)

ブルー・ムナーリ: THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2019/20 (Bruno Munari Obvious Code)

3,636円(税込 4,000円)
この号はイタリアのデザイナー、アーティスト、発明家である Bruno Munari (ブルーノ.・ムナーリ)に捧げられています。
ムナーリの視覚実験は非常に象徴的なものであり、視覚文化の中で自明の一部になっています。 中心となるのは、ムナーリ自身の著作、スケッチ、および彼の作品に関する詩のコレクションである「Obvious Code」(1971)の最初の英訳です。
アビタコロなどの象徴的なデザインオブジェクト、ハンドメイドのプロジェクションスライドのシリーズなどの画期的なアートワーク、アートマーケットに関する不明瞭な韻、「読めない本」シリーズのオリジナル作品が含まれています。
何十人ものアーティスト、デザイナー、作家、キュレーターが招かれ、ムナーリのテキストに注釈をつけ、国際的な芸術に対する彼の影響の深さを証明しました。
ハッサン・ハッジャージュ写真集: HASSAN HAJJAJ
SOLD OUT

ハッサン・ハッジャージュ写真集: HASSAN HAJJAJ

4,818円(税込 5,300円)
イギリスのロンドンとモロッコのマラケシュを拠点に活動するアーティスト Hassan Hajjaj(ハッサン・ハッジャージュ)の作品集です。
ハッジャージュは、さまざまな影響を受けた芸術的なテーマやジャンルを融合しています。彼は気まぐれで奇抜な宇宙を作り、伝統と現代、文化、ポップカルチャーの間の対話を始めます。
ハッジャージュはドキュメンタリーとファッションの中間に位置するカラフルな肖像画で知られ、アフリカのプリントとテキスタイル、そして操作されたロゴを合成し、グローバルな消費主義を視覚的に再利用したり、東洋の異国主義を批判的に解釈したりしています。
彼の最初の主要な作品集である本書は、MaisonEuropéennede la Photographieでの回顧展にあわせて刊行され、これまでに出版されていない作品とともに、最も有名なシリーズが含まれています。
カレル・マルテンス作品集: KAREL MARTENS: RE-PRINTED MATTER

カレル・マルテンス作品集: KAREL MARTENS: RE-PRINTED MATTER

4,364円(税込 4,800円)
オランダのアーティスト、グラフィックデザイナー Karel Martens(カレル・マルテンス)の作品集「Re-Printed Matter」です。マルテンスは現代のヨーロッパのアートとデザインの中で興味深い位置を占めています。彼の作品は個人的かつ実験的なものですが、公的なものでもあります。
多作のブックデザイナーであるマルテンスは、切手、コイン、標識など、幅広いデザインにも貢献しています。 その芸術的実践は、幾何学的および動的な構造から、紙やモノプリントの作品まで、デザイン作品と密接に関連しています。
第4版となる本書では、ほぼ60年にわたる実践を経て、デザイナーでありアーティストであるマルテンスのアウトプットを見たり、議論したりするための新しい方法を提供しており、それが提示する作品を特徴づける実験と対話と同じ精神で提供されます。

1件~10件 (全690件)  1/69ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ