カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜10件 (全685件)  1/69ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ラッセ・ディアマン写真集: LASSE DEARMAN: ACROSS THE FLOWER FIELD

ラッセ・ディアマン写真集: LASSE DEARMAN: ACROSS THE FLOWER FIELD

1,944円(税込 2,100円)
デンマークの写真家 Lasse Dearman(ラッセ・ディアマン)の写真集「ACROSS THE FLOWER FIELD」です。2018年から2019年にポートレート写真を中心に掲載されています。
サビエル・ミセラクス写真集: XAVIER MISERACHS: EPILOGO IMPREVISTO/UNEXPECTED EPILOGUE

サビエル・ミセラクス写真集: XAVIER MISERACHS: EPILOGO IMPREVISTO/UNEXPECTED EPILOGUE

4,074円(税込 4,400円)
スペインの写真家 Xavier Miserachs(サビエル・ミセラクス)の写真集「Epilogo imprevisto/Unexpected Epilogue」です。
ザビエル・ミセラクスは1950年代後半、スペイン内戦後にその痕跡が失われた応用写真のための創造性と革新をよみがえらせた集団の中で最も若い写真家でした。彼は、フランコ政権の検閲の制約や政府の自給自足政策がもたらした困難を克服し、現代的な精神で過去との決別をもたらしました。
記者になるという使命感に駆られて医学をあきらめ、開拓者の夢と情熱を持って写真に専念しました。ミセラクスの人間に対する感受性、、ユーモアのセンス、知性は、報道においては自叙伝のような批評的エッセイの力があり、その結果作品群は20世紀後半の描写を構成し、人生に対する彼の態度の生き生きとした新鮮な肖像となっています。
本書は、ミセラクスの生きていた時代の道筋、彼のスタイル、歴史への興味、レポートと肖像、写真の様々なジャンルと使用法、使用した技術、そして何よりも彼が常にその問題よりも人々に興味を持っていたということが、彼の献身的で内省的な凝視におけるすべての進化と共に描いています。
マツモトダイスケZINE: DAISUKE MATSUMOTO: REBEL 33

マツモトダイスケZINE: DAISUKE MATSUMOTO: REBEL 33

1,500円(税込 1,620円)
日本の写真家 マツモトダイスケ(Daisuke Matsumoto)のzine「REBEL 33」です。
東京、某所、火災により閉店したライブハウス。ベロベロに酔っ払いながら撮った記録と記憶と憧れが溶け合った朧げな夢の残骸のようなイメージが綴じ込められている。
ユージニア・マクシモヴァ写真集: EUGENIA MAXIMOVA: KITCHEN STORIES FROM THE BALKANS

ユージニア・マクシモヴァ写真集: EUGENIA MAXIMOVA: KITCHEN STORIES FROM THE BALKANS

5,800円(税込 6,264円)
ウィーン在住の写真家、ユージニア・マクシモヴァ(Eugenia Maximova)の写真集。

本作は2010年から2012年にかけてバルカン半島の9カ国で撮影された写真を収録。
キッチンの写真が並ぶ第一部と、バルカン諸国の食卓に馴染みの深い料理のレシピにテーブルクロスの写真を組み合わせた第二部から構成される。多種多様なキッチンの有様が穏やかに写し出された美しい作品集。

「キッチンとは多目的な部屋であり、その空間は居住者のアイデンティティと自己認識をありのままに反映する。そしてそれはバルカン半島の住宅の精神を体現し、社会全体をも映し出している。
バルカン半島の人々はインテリアなどの装飾よりも、どちらかといえばむしろそのなけなしのお金をカフェで使う。この結果もたらされる機能的で飾り気のないキッチンのスタイルは、この地域の失われたアイデンティティや、オスマン帝国支配下の500年と鉄のカーテン*に覆い隠された半世紀から生じる必然的な遺産の、実体的な感覚を我々に伝えている。」(作家ステイトメントより)

*鉄のカーテンとは冷戦期のヨーロッパにおける東西陣営の緊張状態を表すために用いられた比喩を指す。
エマニュエル・ホノラト・ヴァフキス写真集: EMANUEL HONORATO VAZQUEZ

エマニュエル・ホノラト・ヴァフキス写真集: EMANUEL HONORATO VAZQUEZ

4,815円(税込 5,200円)
エクアドルを代表する写真家Emmanuel Honorato Vazquez(エマニュエル・ホノラト・ヴァフキス)の作品は、1924年に夭折して以来秘匿されており、その映像遺産として重要です。
エマニュエル・ホノラト・ヴァフキスは、並外れた美しさの悲劇的な歴史を持っています。彼の時代の保守的な社会は彼の仕事が消えることを望んでいたでしょう。彼は抑圧できない活力のある反抗的でボヘミアンで反聖職者の男を軽蔑しました。
この本はこの偉大な芸術家の創造的な熱情とラテンアメリカが明らかに現代の旋風に目覚めた歴史の時代についての最小限の紹介です。
ミシャ・ヴァレーホ&イザドラ・ロメロ写真集: MISHA VALLEJO & ISADORA ROMERO: SIETE PUNTO OCHO

ミシャ・ヴァレーホ&イザドラ・ロメロ写真集: MISHA VALLEJO & ISADORA ROMERO: SIETE PUNTO OCHO

2,315円(税込 2,500円)
2016年4月16日、エクアドル沿岸でマグニチュード7.8の地震が発生しました。この国の歴史の中で最悪の地震のひとつであり、時代遅れの制度、機能不全のプロセス、不適切な規範の状況を露呈しました。しかし、それはまた、自分たちの生活と環境を再建するために団結して立ち上がった勇敢で機知に富んだ人々の社会を明らかにしました。 本書は、この悲劇の犠牲者に敬意を表して、当時撮影されたスナップ写真と、彼ら自身が画像について書いた文章、そして被災地の状況を説明する他の写真を組み合わせて考えられた本です。 Misha VallejoとIsadora Romeroによるこの写真集の物語はゆっくりと進行すます。そのペースは、記憶と記録の1つであり、不在中のことを考え、突然の地震の激変がどのようにすべてを永遠に変えたかを知覚することです。
グレース・ウェールズ・ボナー: GRACE WALES BONNER: EVERYTHINGS FOR REAL 3: Bonus Edition

グレース・ウェールズ・ボナー: GRACE WALES BONNER: EVERYTHINGS FOR REAL 3: Bonus Edition

3,519円(税込 3,800円)
ジャマイカとイギリスをルーツにもつファッションデザイナー Grace Wales Bonner(グレース・ウェールズ・ボナー)の作品集「Everythings For Real 3 - Bonus Edition」です。
Grace Wales Bonnerは、ファッションをアイデンティティと自己表現のアイデアを模索するための手段と見なしている文化的な多文化主義者です。彼女は同世代の中で最も革新的なデザイナーの一人として認められています。
アフリカの文化と歴史、政治に焦点を当てて、ウェールズ・ボナーのコラージュは様々な歴史的な源からのイメージ、エフェメラ、散文と詩を見つけました。これらのテーマは、ウェールズボナーのサーペンタインギャラリー展に反響し、彼女の創造的実践の中心となる文化的ミラーリングと混乱について即興的な新たな関連性を与えています。
【古本】ベニー・ビショフ作品集: BENI BISCHOF: PSYCHOBUCH

【古本】ベニー・ビショフ作品集: BENI BISCHOF: PSYCHOBUCH

18,519円(税込 20,000円)
スイスのアーティスト Beni Bischof(ベニ・ビショフ)のドローイングやコラージュなどをまとめた作品集「Psychobuch」です。
佐伯俊男: TOSHIO SAEKI: UNNEN

佐伯俊男: TOSHIO SAEKI: UNNEN

1,204円(税込 1,300円)
日本のアーティスト 佐伯俊男(Toshio Saeki)のzine「Unnen」です。
ベルンハルト・ウィルヘルム: BERNHARD WILLHELM: WILHELMTOWN

ベルンハルト・ウィルヘルム: BERNHARD WILLHELM: WILHELMTOWN

926円(税込 1,000円)
ベルギー、アントワープのファッションデザイナー Bernhard Willhelm(ベルンハルト・ウィルヘルム)のZINE「Willhelmtown」です。

1件〜10件 (全685件)  1/69ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ