カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全493件)  1/50ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ニコラス・ニクソン写真集: NICHOLAS NIXON: UNE INFIME DISTANCE
SOLD OUT

ニコラス・ニクソン写真集: NICHOLAS NIXON: UNE INFIME DISTANCE

6,930円(税込)
このモノグラフは、アメリカの写真家、Nicholas Nixon(ニコラス・ニクソン)の全作品シリーズを網羅し、親密さというプリズムを通して彼の作品を横断的に見ることができます。
本書の中心となるのは、彼が45年以上にわたって撮影してきた4人の姉妹を初めて出版物として完全に再現した、象徴的な「Brown Sisters」シリーズです。
また、この写真集の周りには、未発表の様々なシリーズと、この多作なアーティストを再発見できるような象徴的なイメージが混在しています。
産業風景から、アメリカ南部の農村の家族を撮影したポートレート、妻の日常生活、顔のクローズアップショットなどが含まれています。
本書は、遠景から始まり、限りなく近景を証明するシリーズまで、ニクソンの特殊な写真の距離感に光を当てています。
パトリック・ザックマン写真集: PATRICK ZACHMANN: VOYAGES DE MEMOIRE

パトリック・ザックマン写真集: PATRICK ZACHMANN: VOYAGES DE MEMOIRE

6,050円(税込)
このモノグラフは、Patrick Zachmann(パトリック・ザックマン)の1970年から2015年までの作品を紹介するパリのユダヤ教美術史博物館での大規模な展覧会に合わせたものです。

この写真集には、未発表のものを含むザックマンの主要な12のシリーズが収録されています。
マグナム・フォトのメンバーであるパトリック・ザックマンの写真作品は、複雑で濃密なものであり、作品を貫くいくつかの繰り返しのテーマに照らし合わせて読むことができます。
第一に、そして最も重要なもののひとつが、ユダヤ人のアイデンティティの問題です。
このアイデンティティを、彼は求め、探り、発見していきます。まず、自分の家族を内省的に見つめ、ヨーロッパのさまざまな国へと向かいます。
彼の考察からは、写真家が容易に通ることのできる別の道、例えば亡命や失踪の道が浮かび上がってきます。南アフリカではネオナチの集会を、ルワンダではジェノサイドの生存者を、チリでは独裁政権下での人々の失踪を撮影しています。

ザックマンはこのコーパスの中で、自身の作品を再考しながら、他者との関係の弱さを指摘しています。
マイケル・アッカーマン写真集: MICHAEL ACKERMAN: END TIME CITY
SOLD OUT

マイケル・アッカーマン写真集: MICHAEL ACKERMAN: END TIME CITY

6,600円(税込)
「End Time City」の初版では、Michael Ackerman(マイケル・アッカーマン)が写真界の主要人物として挙げられていました。
20年後のこの新版では、アッカーマンの象徴的な写真のセレクションに、2018年と2020年のベナレスへの最近の旅で撮影された全く新しいイメージが加えられ、写真家本人によって再構築されています。
この新しい写真によって、アッカーマンの世界における動物の存在感が増しています。

ベナレスは、ヒンドゥー教の最も神聖な都市であり、罪を消して生まれ変わりのサイクルに終止符を打つために、ここで死ぬためにやってきた巡礼者たちを迎え入れます。
アッカーマンの写真は、埃にまみれ、強烈なまなざしをした幽霊のような存在に囲まれ、白昼夢のような世界を表現しています。

この新たな作品は、新しいメディア、コンタクトシート、ポラロイド、パノラマ、リーフレットなどで挟まれた、改訂されたフォーマットと視覚的なシークエンスで展開され、アッカーマンの写真作品の力強さと特異性をすべて取り戻しています。
ペンティ・サマラッティ写真集: PENTTI SAMMALLAHTI: ME KAKSI

ペンティ・サマラッティ写真集: PENTTI SAMMALLAHTI: ME KAKSI

7,150円(税込)
フィンランドの写真家 Pentti Sammallahti(ペンティ・サマラッティ)の写真集「ME KAKSI」です。
フィンランドの作家Aaro Hellaakoskiの詩のタイトルに触発された「Me Kaksi」(英語では「us two」と訳されます)は、偶然の出会い、奇妙な親密さ、2つの存在が世界に存在することを称えています。
40年以上にわたって世界中を旅してきた写真家のこの写真集では、象徴的な写真と未発表の写真が組み合わされ、ペンティ・サマラッティが密かに撮影した一瞬の出来事が再現されています。
写真家の作品には、デュオやカップル、あらゆる種類の共犯者のアイデアが繰り返し登場します。恋人、友人、子供、通りすがりの人、旅行者、隣人、さらには人と犬、2羽の鳥......これらのイメージは、愛着、優しさ、感情的な絆の普遍性、「世界に一緒にいること」を物語っています。
【サイン入】ヴィンセント・デルブロック写真集: V.D.: VINCENT DELBROUCK: CHAMPU

【サイン入】ヴィンセント・デルブロック写真集: V.D.: VINCENT DELBROUCK: CHAMPU

7,150円(税込)
ベルギー、ブリュッセルの写真家/アーティスト V.D.(Vincent Delbrouck)(ヴィンセント・デルブロック)の写真集「CHAMPU」です。
「CHAMPU」は、2018年に始まったハバナ郊外のティーンエイジャーのグループと、私の妻ヘレンとのラブストーリーです。
若い女の子や男たちのイメージは、この街で私の巣となった近所のラ・ビボラのカラフルな静物写真と混ざり合っています。
キューバは今、完全な危機に瀕していますが、彼ら若者のエネルギーは、滅びゆく国に何が起ころうとも、純粋な幸福と回復力の根源となり得るものです。それはまた、普遍的なつながりを持つ親密な旅であり、夢と新しい喜びのための空間でもあります。
本書は、特定の若者を記録するだけでなく、流れるような美しさを映し出そうとしています。
グループの若い女の子の一人であるOrissが書いたショートストーリーもこの本の一部となっています。
ジェイミー・ホークスワース写真集: JAMIE HAWKESWORTH: THE BRITISH ISLES
SOLD OUT

ジェイミー・ホークスワース写真集: JAMIE HAWKESWORTH: THE BRITISH ISLES

7,920円(税込)
「The British Isles」は、Jamie Hawkesworth(ジェイミー・ホークスワース)のレンズを通して見た、イギリスでの13年間の生活の記録です。
ホークスワースは、ポートレートと風景の広大な連続写真の中で、小学生や店員、市場や土地、司祭や専門家、都市や建設現場など、母国の日常を構成する人物や地形を調査しています。
これらの写真は、緊縮財政、国民投票、祝賀、紛争などで彩られたイギリスの歴史上の多事多難な時期の別の歴史を示しています。
この写真集は、歴史的なドキュメントであると同時に、好奇心を刺激する訓練でもあります。
個人、建物、自然の風景にホークスワースの優しく厳かな眼差しが注がれ、イギリスの民主化を根本的に示すポートレートが提示されています。
ポール・グラハム写真集: PAUL GRAHAM: BEYOND CARING

ポール・グラハム写真集: PAUL GRAHAM: BEYOND CARING

6,930円(税込)
1985年に自費出版されたPaul Graham(ポール・グラハム)の有名なシリーズ「Beyond Caring」は、英国内の社会保障・失業局の待合室や廊下で撮影されたもので、長い待ち時間や行列、過剰な負担を強いられる制度の劣悪な環境を記録し、人々が経験した苦難を伝える力強い写真シリーズとなっています。
公式な許可を得られなかったグラハムは慎重に撮影を行いましたが、カメラを見ないで撮影したため空間的な見当違いが生じ、結果的に弱い立場に置かれた人々の無力な苦悩が強調されました。

マグナムを代表する写真家たちは、古典的なドキュメンタリーのテーマに色を使っていることに憤慨しましたが、一方で、活動と芸術の世界を行き来するこの作品を賞賛する声もありました(労働組合会議とニューヨーク近代美術館の両方で展示されました)。
グラハムは、ソーシャル・ドキュメンタリー、「ニューカラー」、ルポルタージュなどの要素をミックスした、新しい形のエンゲージド・フォトグラフィーを生み出し、今日まで続く印象的な作品群を生み出しました。
1984年に制作されてから何十年も経っていますが、これらの写真は、写真としての重要性だけでなく、1980年代半ばの英国における失業危機のユニークな歴史的記録としても成長しています。
ジョン・カズナーヴ写真集: JON CAZENAVE: GALERNA

ジョン・カズナーヴ写真集: JON CAZENAVE: GALERNA

6,600円(税込)
バスク出身の写真家Jon Cazenave(ジョン・カズナーヴ)は、10年以上にわたり、自らのアイデンティティを問う長期プロジェクト「Galerna(バスク語で嵐)」に取り組んできました。
Jon Cazenaveは、海、山、森林、歴史的な洞窟などの身近な環境に身を置き、地質学的な多様性と精神性を備えた自分の生まれ故郷の体験を描き出しています。
写真はほとんどがモノクロで、深いコントラストを持っており、見る者を象徴性に満ちた多感覚的な体験に浸らせてくれます。

「Galerna」は、自然の力が普遍的な次元を獲得し、伝達や文化的遺産の概念を問い直す始まりの旅です。
作家のキルメン・ウリベ氏によるエッセイでは、バスク語の創始原理とCazenaveの作品におけるその共鳴について考察しています。
また、キュレーターのファニー・エスクーレン氏によるテキストは、写真家の探求心を理解するのに役立ちます。
スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN
SOLD OUT

スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN

6,930円(税込)
1977年、Stephen Shore(スティーブン・ショア)は、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、オハイオ州東部など、後に「ラストベルト」と呼ばれることになる産業衰退の真っ只中にある地域を旅しました。
ショアは、工場閉鎖で職を失った鉄鋼労働者たちと出会い、突然壊れてしまった彼らの世界を撮影しました。
荒廃した工場、寂れたバー、減少する大通り、、愛情を込めて飾られた家などです。
これらの写真には、繁栄していたアメリカの中流階級が悲惨な衰退の崖っぷちに立たされている様子が映し出されています。希望と絶望の両方が、店先や家の中、そしてショアの4x5インチのカメラに対峙する人々の苦悩に満ちた表情の裏に、落ち着きなく潜んでいます。

ウォーカー・エヴァンスの流れを汲むフォーチュン誌の拡大写真レポートとして依頼されたショアの多面的な調査は、その後数年間で政治的な注目を集めるようになりました。
ショアが撮影した労働者、組合幹部、家族などの被写体は、彼の訪問の前年にはジミー・カーターに投票していたが、今では新大統領に幻滅し、民主党を捨てて「レーガン民主党員」になる運命にあることがわかりました。

世界的に著名な写真家の一人が撮影した魅力的な写真を通して、「Steel Town」は、私たちにとって今まで以上に重要な意味を持つ時代と場所を描き出しています。
ポール・グラハム編集写真集: PAUL GRAHAM: BUT STILL, IT TURNS
SOLD OUT

ポール・グラハム編集写真集: PAUL GRAHAM: BUT STILL, IT TURNS

7,700円(税込)
Tell me a story.(物語を聞かせてください)
In this century, and moment, of mania,(熱にうかされたこの時代、この瞬間を)
Tell me a story.(物語を聞かせてください)
Make it a story of great distances, and starlight.(はるか遠いかなたの星明りの物語を)
The name of the story will be Time,(その物語に名を付けるなら「時間」)
But you must not pronounce its name.(でも、その名前を発音してはいけません。)
Tell me a story of deep delight.(深い歓喜の物語を聞かせてください)
- Robert Penn Warren(ロバート・ペン・ウォーレン)

Paul Graham(ポール・グラハム)は、「But Still, It Turns」で、写真に対する繊細なテーゼと活性化のためのマニフェストを企画しました。
ここに集められたダイナミックで多様な作品は、現実の見事な絡み合いに対して、恥じることなく、しかし単純ではない献身的な姿勢を提唱しています。
スタジオの芸術性や従来のドキュメンタリーの制限的な要求に誘惑されることなく、これらのアーティストは、シフトしたり、ゆがんだり、分岐したりする制限のないストーリーを語り、ありのままの人生に揺るぎなく対応しています。
収録されているのは、
Gregory Halpernのカリフォルニアの覚醒夢「ZZYZX」、
Vanessa Winshipの「she dances on Jackson」、
Curran Hatlebergの「Lost Coast」
Stanley Wolukau-Wanambwaの豊かで多元的な「One Wall a Web」
死をテーマにしたRichard Choiの「What Remains」
RaMell Rossの幻のドキュメンタリー作品「South County」
Emanuele Bruti と Piergiorgio Casotti の共同プロジェクト「Index G」
Kristine Potterのアメリカの風景と男性性についての幻惑的な探求「Manifest」など。
これらの作品は、調和と啓発的な不協和音の中でまとめられ、グラハムは新しい写真の形を模索しています。
タイトルは、ガリレオが世界の観察を撤回させられた後につぶやいたとされる言葉です。グラハムの言葉を借りれば、ここで見られるのは「全世界の無限の親密さ」です。

1件~10件 (全493件)  1/50ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ