カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 出版社 : Publisher > Roma Publication

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~8件 (全8件)

スタンリー・ウォルカウ=ワナンブワ写真集: STANLEY WOLUKAU-WANAMBWA: ONE WALL A WEB
SOLD OUT

スタンリー・ウォルカウ=ワナンブワ写真集: STANLEY WOLUKAU-WANAMBWA: ONE WALL A WEB

5,500円(税込)
写真家/ライター Stanley Wolukau-Wanambwa(スタンリー・ウォルカウ=ワナンブワ)の写真集「One Wall a Web」です。
「One Wall a Web」は「Our Present Invention」と「All My Gone Life」の2つの写真シリーズの作品と、すべて米国で作成され米国に焦点を当てた2つのテキストコラージュを集めたものです。
文章、ポートレート、風景、そして流用されたアーカイブイメージを織り交ぜながら、ひっ迫した欲望、不均一な自由、非合理的な恐怖、そして深い構造的分裂との日常的な出会いが描かれています。そして反黒人とジェンダーによる暴力の歴史的・現代的な現実が、異常なものとして扱われる場合、実際には「市民的」社会の維持における暴力の本質的な機能を覆い隠す役割を果たしていないのかどうかを問いかけています。
本書は、2つのシリーズを通して時系列的な道筋を辿り、最後に、黒人生活の問いと写真イメージの奇妙な存在論との共鳴を探る広範なエッセイで締めくくられています。
ブルー・ムナーリ: THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2019/20 (Bruno Munari Obvious Code)

ブルー・ムナーリ: THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2019/20 (Bruno Munari Obvious Code)

4,000円(税込)
この号はイタリアのデザイナー、アーティスト、発明家である Bruno Munari (ブルーノ.・ムナーリ)に捧げられています。
ムナーリの視覚実験は非常に象徴的なものであり、視覚文化の中で自明の一部になっています。 中心となるのは、ムナーリ自身の著作、スケッチ、および彼の作品に関する詩のコレクションである「Obvious Code」(1971)の最初の英訳です。
アビタコロなどの象徴的なデザインオブジェクト、ハンドメイドのプロジェクションスライドのシリーズなどの画期的なアートワーク、アートマーケットに関する不明瞭な韻、「読めない本」シリーズのオリジナル作品が含まれています。
何十人ものアーティスト、デザイナー、作家、キュレーターが招かれ、ムナーリのテキストに注釈をつけ、国際的な芸術に対する彼の影響の深さを証明しました。
カレル・マルテンス作品集: KAREL MARTENS: RE-PRINTED MATTER
SOLD OUT

カレル・マルテンス作品集: KAREL MARTENS: RE-PRINTED MATTER

5,500円(税込)
オランダのアーティスト、グラフィックデザイナー Karel Martens(カレル・マルテンス)の作品集「Re-Printed Matter」です。マルテンスは現代のヨーロッパのアートとデザインの中で興味深い位置を占めています。彼の作品は個人的かつ実験的なものですが、公的なものでもあります。
多作のブックデザイナーであるマルテンスは、切手、コイン、標識など、幅広いデザインにも貢献しています。 その芸術的実践は、幾何学的および動的な構造から、紙やモノプリントの作品まで、デザイン作品と密接に関連しています。
第4版となる本書では、ほぼ60年にわたる実践を経て、デザイナーでありアーティストであるマルテンスのアウトプットを見たり、議論したりするための新しい方法を提供しており、それが提示する作品を特徴づける実験と対話と同じ精神で提供されます。
ダナ・ルクセンブルグ写真集: DANA LIXENBERG: TUPAC BIGGIE

ダナ・ルクセンブルグ写真集: DANA LIXENBERG: TUPAC BIGGIE

3,520円(税込)
オランダの写真家 Dana Lixenberg(ダナ・ルクセンブルグ)の写真集「」です。
本書は、多くの評論家とファンによって彼らの時代の最高のラッパーであると広く考えられている伝説的なアーティスト 2PACとBiggieのDana Lixenbergによる象徴的な写真のビジュアルヒストリーを提示します。
1993年と1996年に「Vibe Magazine」から依頼されたこれらの写真は、長年にわたって世界中の数え切れないほどのファンから賞賛されてきました。 両方のショットは、ここではじめてその全体が示されており、これらのイメージの予期せぬ軌跡と偏在性を遡っています。
カレル・マルテンス作品集 : KAREL MARTENS : MOTION
SOLD OUT

カレル・マルテンス作品集 : KAREL MARTENS : MOTION

4,278円(税込)
オランダのアーティスト、グラフィックデザイナー Karel Martens(カレル・マルテンス)の展覧会の一環としてKunstvereinとRoma pubulicationsが共同で制作した「Companion」シリーズの第7回となる作品集「MOTION」です。
Julie Peetersのコンセプトとデザインで、本のコンテンツの大部分は ‘Not for Resale’というビデオから派生したもので、2000年に撮影されたアーティストのスタジオの壁にある一連の画像とオブジェクトの一連の写真です。また、他の2つのビデオ「Lost&Found」(2004)と「Tol」(2008)も含まれています。
モハメッド・ブーロイサ写真集 : MOHAMED BOUROUISSA : HORSEDAY
SOLD OUT

モハメッド・ブーロイサ写真集 : MOHAMED BOUROUISSA : HORSEDAY

1,834円(税込)
アルジェリア出身の写真家 Mohamed Bourouissa(モハメド・ブーロイサ)の写真集「Horseday」です。ブーロイサは、社会、特にサブカルチャーがどのように構成されているかというシステムに興味を持っています。「Horseday」のプロジェクトのために、彼はフィラデルフィアのアフリカ系アメリカ人の乗馬コミュニティで働いていました。 これらの 「都市のカウボーイ」に魅了され、最高の装飾をされた馬を見つけるためにアーティストとライダーとの競争を組織しました。
カレル・マルテンス作品集 : KAREL MARTENS : PRINTS
SOLD OUT

カレル・マルテンス作品集 : KAREL MARTENS : PRINTS

2,954円(税込)
オランダのグラフィックデザイナー Karel Martens(カレル・マルテンス)の作品集「Prints」です。
ダナ・ルクセンブルグ写真集 : DANA LIXENBERG : IMPERIAL COURTS 1993-2015

ダナ・ルクセンブルグ写真集 : DANA LIXENBERG : IMPERIAL COURTS 1993-2015

9,570円(税込)
オランダの写真家 Dana Lixenberg(ダナ・ルクセンブルグ)の写真集「Imperial Courts 1993-2015」です。1992年、雑誌のためにロドニー・キング事件後のロス暴動ロサンゼルスのサウスセントラル地区を訪れた写真家が、その後20年以上に渡り度々訪れ、そのコミュニティの変化の様子をポートレートとしてまとめた作品集です。長い時間の中で、ある者は刑務所に入ったり、消えたり、殺されたり、またある者は成長し、子どもを持ったりと、「Imperial Courts 1993-2015」は不十分なコミュニティの時間の経過の複雑かつ刺激的な記録を構成しています。

1件~8件 (全8件)

ページトップへ