カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > PHOTOGRAPHY/写真集 > Japanese/日本の写真家

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全208件)  1/21ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【サイン入】岡原功祐写真集: KOUSUKE OKAHARA: BLUE AFFAIR

【サイン入】岡原功祐写真集: KOUSUKE OKAHARA: BLUE AFFAIR

7,040円(税込)
日本の写真家 岡原功祐(Kousuke Okahara)の写真集「blue affair」です。
渋谷と思しき街のブレたイメージ、視点は徐々に上空へと上がり、暗転し、海に潜り、浜辺へとたどり着きハッキリと像を結ぶ。この冒頭のシークエンスはまるで映画のように読者をコザへと導いているようです。モノクロのイメージは時間まで剥ぎ取り、かつてのコザの断片を垣間見せます。
沖縄本島中部の中心都市として発展し、74年に合併により沖縄市になったことにより消滅した、日本で唯一の片仮名表記の市「コザ市」。80年生まれの写真家がコザを撮るのは不可能かと思えるが、沖縄の至るところに地図から消えたコザは残っているといいます。
本書の解説で石川達也氏はこう書いています。

「コザで切り取られたイメージ。そこに、彼(写真家)は写っていなかった。撮影しているからというようなフィジカルの問題ではない。一方的にも、双方的にも、レンズを行き交う感情が見当たらない。まるで、そこにいなかったかのように。彼自身は浮遊していて、どこか遠くの高いところから俯瞰し、目の前で起きた出来事を見つめているかのように。ただ、そこには、温もりや悲しみのような人をまとう情緒がすべて削ぎ落とされたあとに残る、圧倒的な存在としてのイメージだけが、ストンッと写っていた。間違いなくその瞬間に、同じ場所で、同じ空気を共有しながらも、彼は一部ではなく、外側の世界から覗き込んでいた。

- 彼は確実に、夢の中にいた。」
ZINE No.04: 小林健太: KENTA COBAYASHI: FROM CAMERA ROLL

ZINE No.04: 小林健太: KENTA COBAYASHI: FROM CAMERA ROLL

2,420円(税込)
日頃、常に所持するスマートフォンは最も身近なカメラでもあり、カメラロールに収められた無垢な写真の群れは持ち主の視線と身体のあり方を示しています。それら現代のスナップショットを写真家のスマートフォンの中に見るシリーズ。第一弾は小林健太です。表紙のタイトルはアーティスト自身がスマホアプリを使って指先で書いた文字を配置しています。
【古本】荒木経惟写真集: NOBUYOSHI ARAKI: LOVE BY LEICA
SOLD OUT

【古本】荒木経惟写真集: NOBUYOSHI ARAKI: LOVE BY LEICA

7,700円(税込)
日本の写真家 Nobuyoshi Araki(荒木経惟)の Rat Hole Galleryにおける展示に併せて刊行された写真集「Love by Leica」です。
【古本】荒木経惟写真集: 月光写真: NOBUYOSHI ARAKI: GEKKO SHASHIN
SOLD OUT

【古本】荒木経惟写真集: 月光写真: NOBUYOSHI ARAKI: GEKKO SHASHIN

7,700円(税込)
日本の写真家 荒木経惟(Nobuyoshi Araki)の写真集「月光写真」です。
山本昌男写真集: MASAO YAMAMOTO: SASANAMI
SOLD OUT

山本昌男写真集: MASAO YAMAMOTO: SASANAMI

5,830円(税込)
日本の写真家 Masao Yamamoto(山本昌男)の写真集「SASANAMI」です。
【古本】細倉真弓写真集: 浮游物: MAYUMI HOSOKURA: FLOATERS
SOLD OUT

【古本】細倉真弓写真集: 浮游物: MAYUMI HOSOKURA: FLOATERS

6,600円(税込)
日本の写真家 細倉真弓(Mayumi Hosokura)の写真集「浮游物 : Floaters」です。
台北のアーティスト・イン・レジデント・プログラムに参加した2012年に撮影されたシリーズです。
写真はプリントに永遠に浮かぶようにそれぞれが曖昧さと固定されないイメージとして表現されています。彼女はまるで熱病に冒されたように、彼女の経験を記述し、それはその重要性と視認性との間で、浮かぶように、曖昧な媒体として彼女の思考を形作ります。彼女は、熱帯の自然、気候、そしてアニメーション、若者など、そのようなすべての要素を新しい感覚で写真として表現します。
建築のことばを探す 多木浩二の建築写真: SEARCHING FOR THE LANGUAGE OF A HOUSE: ARCHITECTURAL PHOTOGRAPHY OF KOJI TAKI
SOLD OUT

建築のことばを探す 多木浩二の建築写真: SEARCHING FOR THE LANGUAGE OF A HOUSE: ARCHITECTURAL PHOTOGRAPHY OF KOJI TAKI

6,600円(税込)
本書は、故・多木浩二(1928-2011)が1968年から1979年に撮影した個人住宅17軒、125点の写真を収録します。被写体の建築家は、篠原一男(1925-2006)、坂本一成(1943-)、伊東豊雄(1941-)、白澤宏規(1943-)で、それぞれの建築家が生前の多木から預かったというフィルムおよびプリントを複写しました。
本書編者のアーティスト・飯沼珠実が、本書刊行までにみつけた多木の建築写真は12,000コマを数え、収録写真の半数以上が、撮影から50年前後のときを経て、本書において初めて発表されます。

写真は被写体の竣工年順に並べられ、建築作品の基本情報に加え、本書デザイナー・高室湧人が描きおこした図面に、多木の撮影地点をプロットした資料が添えられます。
さらに2本のテキスト、多木が篠山紀信写真集『家 Meaning of the House』(潮出版, 1975)に寄せた28編のエッセイのひとつ「家のことば」と、文化人類学者・今福龍太の書き下ろし「家々は海深く消え去りぬ 多木浩二の『反-建築写真』」を収録します。
吉本真大写真集: 風: MASA YOSHIMOTO: KAZE
SOLD OUT

吉本真大写真集: 風: MASA YOSHIMOTO: KAZE

9,900円(税込)
大阪を拠点に活動する写真家/スケーター 吉本真大(Masahiro Yoshimoto)の写真集「風/KAZE」 です。
街中の道で、山の中の道で、田んぼの見える道で、海の見える道で、スケートボードが滑るとこならどこでも疾走する。仲間との馬鹿騒ぎ程、心安らぐ瞬間はないんじゃないか。カッコよくトリックを決めた瞬間程、輝く瞬間はないんじゃないか。全編を通して感じられるスケーターたちへのリスペクト。途中に挟み込まれたお葬式の場面に、この本がこの誰かの死に対する鎮魂の意味もあり、賑やかな葬送曲なんじゃないかと思うと彼らの時間が永遠に続けば良いなと思った。
【古本】東松照明写真集: SHOMEI TOMATSU: MAKE
SOLD OUT

【古本】東松照明写真集: SHOMEI TOMATSU: MAKE

11,000円(税込)
日本の写真家 東松照明(Shomei Tomatsu)の写真集「MAKE(メイク」)」です。
服部恭平写真集: KYOHEI HATTORI: 2019-2020 【ポスター付】

服部恭平写真集: KYOHEI HATTORI: 2019-2020 【ポスター付】

3,900円(税込)
日本のモデル/写真家 服部恭平(Kyohei Hattori)の写真集「2019-2020」です。
約1年間の日常の中で撮り続けた身の回りの物や人たちの写真で構成されています。

1件~10件 (全208件)  1/21ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ