カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > PHOTOGRAPHY/写真集 > American/アメリカの写真家

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全335件)  1/34ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

リチャード・アヴェドン: ジェイムズ・ボールドウィン写真集: RICHARD AVEDON & JAMES BALDWIN: IM HINBLICK【ドイツ語版】

リチャード・アヴェドン: ジェイムズ・ボールドウィン写真集: RICHARD AVEDON & JAMES BALDWIN: IM HINBLICK【ドイツ語版】

5,273円(税込 5,800円)
アメリカの写真家 Richard Avedon (リチャード・アヴェドン)とアメリカの小説家, エッセイストJames Baldwin(ジェイムズ・ボールドウィン)の「Nothing Personal」(1964) の復刻版(ドイツ語版)です。
マーク・ラウェーデル写真集: MARK RUWEDEL: MESSAGE FROM THE EXTERIOR
SOLD OUT

マーク・ラウェーデル写真集: MARK RUWEDEL: MESSAGE FROM THE EXTERIOR

1,818円(税込 2,000円)
アメリカの写真家 Mark Ruwedel (マーク・ラウェーデル)の写真集「Message from the Exterior」です。
「Message from the Exterior」は、砂漠の過酷な環境での生活に失敗した遺跡や残骸を調査し、ユーモラスで少し寂れた小さな風変わりな小屋を描いています。
ラウェーデルは、ロサンゼルス東部の砂漠地帯を、文化と自然の歴史の貴重な資料として調査し、独特で心に残る土地特有の建築様式の目録を提示しています。それぞれの建造物は、無名の個人の生活や、荒野に家を作りたいという衝動の手がかりになるかもしれません。
第一部の「砂漠の家 」は68の砂漠構造物で構成され、第二部は太陽が地平線から消えた後に撮影された家を紹介しています。
デボラ・ターバヴィル写真集: DEBORAH TURBEVILLE: CASA NO NAME

デボラ・ターバヴィル写真集: DEBORAH TURBEVILLE: CASA NO NAME

2,727円(税込 3,000円)
アメリカの写真家 Deborah Turbeville(デボラ・ターバヴィル)の写真集「CASA NO NAME」です。
カーロとアレンデの伝統の中で、メキシコの家の鮮やかでスタイリッシュな肖像画は、彼女の生き生きとした想像力とメキシコの神秘性の両方を呼び起こします。
天井の高い部屋が中央の中庭を取り囲んでおり、そこには聖書の場面の色あせたフレスコ画が並んでいます。中庭やカーテンで仕切られた部屋に注がれるかすかな光がロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
ターバヴィルは、カラフルにペイントされたブリキのレタブロス、手彫りされた聖者、木製のタブロー箱、地元の聖母聖マリアカンデラリアの中央にある木製の人形などの伝統的な宗教的工芸品をキャンドルの中に取り入れることで、メキシコ文化の精神的な性質をとらえています。
「Casa no Name」は魔法のようなリアリズムを語り、幻想的なアーティストのプライベートな世界に読者を誘います。メキシコの中央高地にあるターバヴィルの自宅の日記的なプレゼンテーションは、豊かな作品への歓迎の追加であり、メキシコの魂とスタイルに興味がある人にインスピレーションを与えます。
【古本】アレック・ソス写真集: ALEC SOTH: DOG DAYS BOGOTA 【サイン入】
SOLD OUT

【古本】アレック・ソス写真集: ALEC SOTH: DOG DAYS BOGOTA 【サイン入】

18,182円(税込 20,000円)
アメリカの写真家 Alec Soth(アレック・ソス)の写真集「Dog Days Bogota」です。
【古本】ロバート・フランク写真集: ROBERT FRANK: LONDON/WALES
SOLD OUT

【古本】ロバート・フランク写真集: ROBERT FRANK: LONDON/WALES

5,909円(税込 6,500円)
アメリカの写真家Robert Frank(ロバート・フランク)の 1950年代のロンドン、ウェールズを撮影した写真集「LONDON/WALES」です。"
【古本】シェーン・ラヴァレット写真集: SHANE LAVELETTE: ONE SUN, ONE SHADOW

【古本】シェーン・ラヴァレット写真集: SHANE LAVELETTE: ONE SUN, ONE SHADOW

4,545円(税込 5,000円)
アメリカ人フォトグラファー、シェーン・ラヴァレット(Shane Lavalette)の作品集。
1996年以降、アメリカ・アトランタのハイ美術館が現代写真家たちを招いてアメリカ南部をテーマに制作を依頼する企画展『PICTURING THE SOUTH』を開催、本書は2012年に同企画展に参加した作者がその際に展示したシリーズを発展させ、その2年後に完成させたものである。
アメリカ北東部で産まれながら作者が南部との関わりを深めたものは、昔ながらの音を奏でる伝統的な音楽やブルース、ゴスペルの存在だった。この地域の豊かな音楽の歴史は自然とプロジェクトへと作者を向かわせ、結果写真を撮るに至った。曲の中で流れゆくテーマやストーリーに心を動かされ、音楽そのものが写真を誘っていくままに任せた。アメリカ人ヴィジュアルアーティストであり詩人のティム・デイヴィス(Tim Davis)が寄稿。
マーク・シュタインメッツ写真集: MARK STEINMETZ: CARNIVAL
SOLD OUT

マーク・シュタインメッツ写真集: MARK STEINMETZ: CARNIVAL

8,800円(税込 9,680円)
アメリカ人フォトグラファー、マーク・シュタインメッツ(Mark Steinmetz)の作品集。1982年から2001年までアメリカ全土を旅し、カントリーフェアや都会のストリートフェア、小さなサーカスなどを訪れた。家族や十代の若者達、カーニバルで働く人々を撮影した写真には、カーニバルの日を楽しみにする雰囲気や熱狂的なエナジーが余すところなく写し出されている。
ティオナ・ネキア・マクロデン写真集: TIONA NEKKIA McCLODDEN: SE TE SUBIO EL SANTO (ARE YOU IN A TRANCE?)

ティオナ・ネキア・マクロデン写真集: TIONA NEKKIA McCLODDEN: SE TE SUBIO EL SANTO (ARE YOU IN A TRANCE?)

4,273円(税込 4,700円)
アメリカのキュレーター、ヴィジュアルアーティスト、,映像作家 Tiona Nekkia McClodden(ティオナ・ネキア・マクロデン)の作品集「Se Te Subio El Santo (Are You In A Trance?)」です。
本書は2016年春にアイオワ市のアフリカ未来学者研究センターで1週間の滞在中に、毎朝目を覚ました直後に撮影されたセルフポートレートのコレクションです。
この毎日の習慣は、ジェンダー、人種、セクシュアリティ、スピリチュアリティを暗に示しながら表現すると同時に、各アイデンティティの交差に挑戦し崩壊することに対するアーティストの関心を表現しようとします。
【古本】アーロン・シューマン写真集: AARON SCHUMAN: SLANT

【古本】アーロン・シューマン写真集: AARON SCHUMAN: SLANT

4,091円(税込 4,500円)
アメリカ人フォトグラファー、アーロン・シューマン(Aaron Schuman)の作品集。ある日の作者のように、ニューイングランド地方の小さな街、マサチューセッツ州アムハーストで地元紙を開いてみれば「捜査報告」のコーナーが目に入ってくるだろう。この地域で前の週に起きた犯罪、怪しい出来事、実際には起こらなかったことを簡潔にまとめた話は、どれもびっくりするほど期待外れな結末で終わる。狙っている訳ではないが感情の欠片も感じさせないこの文体を受け、2014年から2018年の間に出た捜査報告の切り抜きと、2016年から2018年にかけてアムハーストより30マイル以内で撮影した静かな皮肉を湛えた写真を取り混ぜて本作は制作された。
マーシア・レズニック写真集: MARCIA RESNICK: RE-VISIONS

マーシア・レズニック写真集: MARCIA RESNICK: RE-VISIONS

6,400円(税込 7,040円)
1975年 Marcia Resnick(マーシア・レズニック)はマンハッタンで自動車事故に巻き込まれ、病院で目覚めた後、事故の最中に見た走馬灯と、今そこにいることにつながったすべての出来事について考え始めました。
彼女は、新しい本を作成する準備として、これまでの人生を考慮してアイデアを書き、絵を描き始めました。そして 1978年、女性の思春期に関する舞台写真の感動的で皮肉な自伝的な本、「Re-visions」がトロントのThe Coach House Pressによって出版されました。
本書は記憶の再視覚化のコレクションであり、しばしば人間の状態の皮肉とユーモアを増強するために改訂されました。
言葉と写真は同じくらい重要です: 互いに協力し合ったり、不和になったりしながら、物語を形成していきます。
アンディ・ウォーホルはそれを「BAD」と呼び、アレン・ギンズバーグによれば、それは「Sharp…for a girl.」と呼びました。
41年後の今日、「Re-visions」の新版は、Resnickの長年の知り合いである Lydia Lunch から多くの賞賛を受けています。「急成長する思春期のとてもおもしろい倒錯を発表するための神秘的な音でささやく甘い捻れ」。

1件~10件 (全335件)  1/34ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ