カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全66件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ポール・コイカー写真集: PAUL KOOIKER: EGGS AND RARITIES
SOLD OUT

ポール・コイカー写真集: PAUL KOOIKER: EGGS AND RARITIES

6,930円(税込)
オランダの写真家 Paul Kooiker(ポール・コイカー)の写真集「Eggs and Rarities」です。
ポール・コイカーの「人生の百科事典」は、164枚のイメージで構成されています。この野心的でありながらユートピア的なプロジェクトは、風景、ヌード、静物など、写真のジャンルの見本のように読むことができます。
これを実現するために、コイカーはしばしば、観光パンフレットのプロパガンダやメディアの宗教的・政治的レトリックを彷彿とさせるような決まり文句を用いています。
コイカーはますます個人的なものを作品の中に忍び込ませるようになります。一見客観的なアプローチを打ち破るように、親密なプライベートな写真が、公共とプライベートの空間がお互いにこぼれ落ちるようにしています。その結果、作家自身、写真という媒体、生と死という複雑なものが収束した一つの大きな作品となりました。(ヨアヒム・ナウツ)
ウィリアム・ケントリッジ作品集: WILLIAM KENTRIDGE: THE HEAD & THE LOAD

ウィリアム・ケントリッジ作品集: WILLIAM KENTRIDGE: THE HEAD & THE LOAD

8,690円(税込)
南アフリカのアーティスト William Kentrigde(ウィリアム・ケントリッジ)の作品集「HE HEAD & THE LOAD」です。
前作「THE REFUSAL OF TIME(時の拒絶)」の精神に基づき、本書はウィリアム・ケントリッジの多面的な新作「The Head & the Load」の制作を紹介しています。
音楽、ダンス、演技、上映、機械化された彫刻を組み合わせて、第一次世界大戦に参加したアフリカのポーターのあまり知られていない歴史を探るスペクタクル・パフォーマンス。
この本は、ショーと同じように多面的な流れの中で、ケントリッジの作品の創造的なプロセスに読者を没入させ、パフォーマンスのイメージ、思考、地図、スケッチ、ドローイングなどを提示しています。
コラージュは、ケントリッジが説明するように、いくつかの要素や断片が「暫定的な歴史を見つけるために」一緒に持ち込まれ、作品と本を構築する反射の中心にあります。
「The Head & the Load」は、今日の世界における植民地史の政治的、人間的、社会学的な影響を浮き彫りにしています。
ステファン・ケッペル写真集: STEPHAN KEPPEL: FLAT FINISH (New York)
SOLD OUT

ステファン・ケッペル写真集: STEPHAN KEPPEL: FLAT FINISH (New York)

6,050円(税込)
オランダのヴィジュアル・アーティスト Stephan Keppel(ステファン・ケッペル)の写真集「Flat Finish (New York)」です。
ケッペルの公共空間と都市構造に関する継続的な研究は、ニューヨーク市の既知および未知の構造と表面の調査を続けています。
建築資料や都市形態の画像と再現の主観的データバンクを組み立てることによって、彼は都市の陳腐な神話を取り除き、彼自身の写真が再撮影された記録資料や他の発見された映像と組み合わされた、大都市についての新しい視点を提供します。
特別な高顔料インクを使用して印刷されたこの本は、独自の(再)生産にも疑問を呈し、ケッペルのリサイクル画像、作品、インスタレーションの無限ループの一部となっています。
アニッシュ・カプーア作品集: ANISH KAPOOR: MEMORY
SOLD OUT

アニッシュ・カプーア作品集: ANISH KAPOOR: MEMORY

2,800円(税込)
1980年代初頭以来、オブジェクト性、物質性、重力に関するAnish Kapoor(アニッシュ・カプーア)の調査は、ボイドの概念、または彼が「宇宙になる物体(objects becoming space)」と呼ぶものを探求してきました。
彼の彫刻、インスタレーション、パブリックアートは、物語を読むのに抵抗する、着色顔料、ワックス、ファイバーグラス、磨かれたステンレス鋼、PVCなどの強烈な触覚または反射素材によって特徴付けられています。
マイク・ケリー作品集: MIKE KELLEY: MISSING TIME: Arbeiten auf Papier 1974-1976/94.
SOLD OUT

マイク・ケリー作品集: MIKE KELLEY: MISSING TIME: Arbeiten auf Papier 1974-1976/94.

3,190円(税込)
アメリカのアーティスト Mike Kelley(マイク・ケリー)の作品集「MISSING TIME」です。
マイケル・ケンナ写真集: MICHAEL KENNA: DES OISEAUX
SOLD OUT

マイケル・ケンナ写真集: MICHAEL KENNA: DES OISEAUX

5,500円(税込)
風景写真の達人であるMichael Kenna(マイケル・ケンナ)の写真は、ほとんどはかない世界を映し出しています。
その一つは、透明な光が神秘的な自然を包み込み、遠くには島や川、さらには山頂までもが浮かび上がっています。
「私のすべての作品には、記憶、時間、変化と何らかの関係がある、ある支配的なテーマがあります。」
鳥は頭上を飛び、フリースのような空に浮かんだ架空の人物を追跡し、枝の上で休んだり、かすんだ水の上を優雅に飛んだりします。飛行が中断され、一定の時間内に停止した瞬間、それは凍結され、不変です。
【サイン入】菅野恒平写真集: KOHEY KANNO: LIBIDO
SOLD OUT

【サイン入】菅野恒平写真集: KOHEY KANNO: LIBIDO

3,800円(税込)
日本の写真家 Kohey Kanno(菅野恒平)の自費出版フォトジン 「LIBIDO」です。
NY滞在中に撮られた LGBTデモの様子やナイトクラブでのパーティーの様子などセクシャルマイノリティーの人々やドラァグクイーンなど一見すると過激で個性的な人たちを中心としたスナップ写真が並びます。実際にその場に居ながら当事者でもあるはずの写真家はどこか冷めた異邦人のような視線で彼らを捉えているようだし、被写体は逆にお前はこちら側だろうと問いかけてきているみたいだ。
マイク・ケリー作品集: MIKE KELLEY: MEMORY WARE
SOLD OUT

マイク・ケリー作品集: MIKE KELLEY: MEMORY WARE

3,190円(税込)
アメリカのアーティスト Mike Kelley(マイク・ケリー)の作品集「MEMORY WARE」です。
マイク・ケリーの 「Memory Ware」 シリーズは、アーティストの後半のキャリアに影響を与えた記憶に関する懸念をテーマにした取り組みを具体化しています。ケリーは、過去を記憶し、表現し、再構築する習慣を探求することに専念しました。
ケリーは、アメリカ南部とビクトリア朝のイギリスの黒人コミュニティで人気のある民フォークアートの一種のタイプから「memory ware(思い出の器)」というフレーズを借用しました。 このフォークアートでは、瓶、花瓶、ランプなどの一般的な家庭用容器の表面が、粘土の中に鍵、ボタン、貝殻、ビーズなどの小さな身の回り品や記念品で覆われています。
ケリーは2000年にトロントの骨董品見本市で最初にこのジャンルのアートに出会い、そこでメモリウェアのボトルを購入しました。
ジョセフ・コスース作品集: COLOUR IN CONTEXTUAL PLAY: AN IINSTALLATION BY JOSEPH KOSUTH

ジョセフ・コスース作品集: COLOUR IN CONTEXTUAL PLAY: AN IINSTALLATION BY JOSEPH KOSUTH

6,800円(税込)
アメリカのコンセプチュアル・アーティスト Joseph Kosuth(ジョセフ・コスース)の作品集です。
コンセプチュアル・アートの創設者によってデザインされたエレガントで貴重なアーティストの本と展示カタログは、色、形、空間、時間の性質を問う概念構造の視覚的分析として機能し、エンリコ・カステラーニ、ルーチョ・フォンタナ、ピエロ・マンゾーニ、イヴ・クラインら戦後アーティストはコスースのステートメントやキュレーターの Cornelia Lauf の理論的および個人的な説明と会話します。
【サイン入】北島敬三写真集: KEIZO KITAJIMA: EUROPEAN DIARY 1983-1984
SOLD OUT

【サイン入】北島敬三写真集: KEIZO KITAJIMA: EUROPEAN DIARY 1983-1984

9,020円(税込)
日本人写真家、Keizo Kitajima(北島敬三)の作品集「EUROPEAN DIARY 1983-1984」です。
本書に収録されている作品は一部を除きそのほとんどが初公開作品となる。
1983年、作者は観光客ではなく写真家としてヨーロッパを旅した。当初はその作品を元に展覧会を行う予定だったが、結果的にその写真が日の目を見ることはなかった。これには「人はいつ写真家になるのか」という問いに直接結びついた奇妙な計画が関連している。

1件~10件 (全66件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ