カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全45件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: SACRIFICE YOUR BODY
SOLD OUT

ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: SACRIFICE YOUR BODY

1,900円(税込 2,090円)
アメリカ人アーティスト、Roe Ethridge(ロー・エスリッジ)の作品集。本書では、作者の母親の故郷であるアメリカ・フロリダ州の大西洋岸に位置する「パームビーチ」での私的なドキュメント写真を中心に、ファッションフォトの不採用作品やシュールリアリズムなコラージュ作品が断片的でありながら、独特のストーリー性を感じさせるように構成され、作者が高く評価されるその編集能力が発揮された1冊となっている。NYの出版社「KARMA」を運営するデザインチーム「An Art Service」によるタイトル・デザイン。
【古本】ウィリアム・エグルストン写真集: WILLIAM EGGLESTON: LOS ALAMOS
SOLD OUT

【古本】ウィリアム・エグルストン写真集: WILLIAM EGGLESTON: LOS ALAMOS

14,500円(税込 15,950円)
メンフィス出身の写真家William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)のヴィンテージネガからプリントされた、路上や、アメリカの小さな街のパーラー、駐車中の車、看板、捨てられた店先等をパーソナルな視点で撮ったLOS ALAMOSシリーズの写真展「LOS ALAMOS」に併せて刊行された写真集。
ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: LE LUXE 【2nd edition】
SOLD OUT

ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: LE LUXE 【2nd edition】

1,900円(税込 2,090円)
アメリカ人アーティスト、Roe Ethridge(ロー・エスリッジ)の作品集のタイトルは、フランス語の「C'est pas du luxe」から取ったもので、贅沢が存在することがいかに本質的であるかを宣言する一方で、贅沢の余分な性質を暗示する皮肉なフレーズです。
このようなパラドックスはエトリッジの作品を通して流暢に織り込まれており、「Le Luxe」は過去10年間の彼の作品を網羅していますが、回顧展のような不毛な重厚さに陥ることはありません。

個人的なイメージや雑誌のコミッションからオンラインのスクリーンショットのアーカイブまで、多様なイメージのインベントリを駆使して、完成された作品を作る可能性を否定する絵作りの探求を続けています。
デジタル写真が理想化されようとしている時代に、エグルストンの言葉を借りれば「完成されたものとの戦い」である。写真の原始的な条件は、この本のデザインの中で損なわれており、アンリ・マティスの「正確さは真実ではない」(マティスは彼の絵画のうち2点に「Le Luxe」というタイトルをつけています)という格言のようなものを反映しています。

3つのパートで構成された『Le Luxe』には、マンハッタンのダウンタウンにある世界貿易センターに隣接した場所にあるビルを撮影した依頼を2005年11月から2010年1月まで受けていたマティスの日常という変わった背景が含まれています。
この物語は、アナログとデジタルの間の亀裂と、エスリッジが一貫して自身の確信を損なってきたことへの不穏なバランスを提供しています。
ウォーカー・エヴァンス写真集: WALKER EVANS: DEPTH OF FIELD
SOLD OUT

ウォーカー・エヴァンス写真集: WALKER EVANS: DEPTH OF FIELD

5,400円(税込 5,940円)
ウォーカー・エヴァンスといえば、アメリカのごく普通の人のイメージを思い浮かべます。ジェームス・エイジの恐慌時代の名著『誉れ高き人々をたたえよう(Let Us Now Praise Famous Men)』への彼の象徴的な貢献であっても、ベルンガム前のプランテーションの建築調査であっても、コートの中にカメラを隠して撮影した地下鉄のシリーズであっても、ウォーカー・エヴァンスの親しみやすく雄弁な写真は、私たちすべてに語りかけてきます。
この包括的な本は、1930年代から1970年代までのエヴァンズの驚くべきキャリアの全貌を追跡しています。ベストのポケットカメラで撮影した初期の写真から、重くなって持ち歩けなくなったSX-70を使って撮影した最後の写真まで、豊富なイラストが掲載されています。
ウォーカー・エヴァンス写真集: WALKER EVANS
SOLD OUT

ウォーカー・エヴァンス写真集: WALKER EVANS

4,364円(税込 4,800円)
20世紀の最も重要なアメリカの写真家の一人 Walker Evans(ウォーカー・エヴァンス)の回顧展にあわせて刊行された写真集です。エヴァンスは都市部と農村部の両方で、アメリカでの日常生活に焦点を当てており、親しみやすい写真家の一人と言えます。
本書では1920年代後半の最初の写真から1970年代のポラロイドまで、300以上のイメージを通してエヴァンスの経歴をたどります。
テーマ別に整理されており、エヴァンスとリンカーン・カースタインとの関係、ハガキや雑誌での作品、アメリカの方言についての生涯にわたる探究などの話題を検証しています。また、自筆の文章や看板、ポストカードなど、写真家自身のコレクションも収録しています。
アンダース・エドストローム写真集: ANDERS EDSTROM: SPIDERNETS PLACES A CREW / WAITING SOME BIRDS A BUS A WOMAN

アンダース・エドストローム写真集: ANDERS EDSTROM: SPIDERNETS PLACES A CREW / WAITING SOME BIRDS A BUS A WOMAN

2,300円(税込 2,530円)
スウェーデンの写真家 Anders Edstrom(アンダース・エドストローム)は、取るに足りない瞬間の映画の物語、瞬間の間にある瞬間の物語を詳述するまばらなイメージの小さなシーケンスを作成します。
「家族、自然、友人、少しのコミュニティ、装飾。 おむつを変える、食事をする、話す、ここからそこに行くまでのギャップから引き出されたイメージ…」(カーティス・ウィンター)。
エルスケン写真集: LUST FOR LIFE: ED VAN DER ELSKEN IN COLOUR

エルスケン写真集: LUST FOR LIFE: ED VAN DER ELSKEN IN COLOUR

4,545円(税込 5,000円)
オランダの写真家 Ed van der Elsken(エド・ヴァン・デル・エルスケン)のカラー写真をまとめた写真集「LUST FOR LIFE: Ed van der Elsken in Colour」です。
エルスケンは白黒のイメージで世界的に有名になりましたが、彼の作品の多くは実際にはカラーで作られていました。
彼は1950年代初頭にパリでカラー写真から始め、60年代後半までに、旅行記などでほぼ独占的にカラー写真を撮りました。
本書「LUST FOR LIFE」は、エルスケンの「カラー写真家」としての進化をたどり、この作品を美術史の文脈に置いています。 比較的知られていない未公開の画像に加えて、Nederlands FotomuseumによるVan der Elskenのスライドを復元するための2年間の大規模プロジェクトについても詳しく説明しています。
【古本】チャーダシュ・エルドアン写真集: CAGDAS ERDOGAN: CONTROL

【古本】チャーダシュ・エルドアン写真集: CAGDAS ERDOGAN: CONTROL

4,545円(税込 5,000円)
トルコの写真家 Cagdas Erdogan(チャーダシュ・エルドアン)の写真集「CONTROL」です。
「CONTROL」は本能がモダニズムに衝突したトルコの2000年代の余波の暗い面を扱っています。
イスタンブールの夜のストーリーには、セックスワーカー、ドッグファイト、銃の暴力、政治的武力紛争などがあります。 一見すると、これらは異なるように見えますが、これらのストーリーを深く掘り下げれば、それらが同じ動機を元にした連鎖の一部であることがわかります。
2000年代以降、トルコは新しい政治情勢に入りました。 ますます保守的になっている状況は、一定のイデオロギーをプラットフォームにしていると同時に、反対意見を持つ人々を非難して夜に押し込めました。秘密のセックスパーティーやドッグファイト、国の社会問題や圧力のために起こる武力政治紛争もすべて夜に現れています。
ルース・エルト写真集: RUTH ERDT: LIAR LUGNER

ルース・エルト写真集: RUTH ERDT: LIAR LUGNER

7,800円(税込 8,580円)
スイスとベルリンを拠点に活動するフォトグラファー、ルース・エルト(Ruth Erdt)の作品集。
嘘と嘘つきをテーマとし、親しい知人や、見知らぬ他人、風景写真を通じて、写真に根源的な真理があるとすれば、それは果たして何なのかを追求する。
本書はモノクロとカラーの写真を一枚ずつ見開きの左右に配置したページ構成となっている。液体の中に沈んでいる、何かよく分からないが有機的な物体を写したモノクロ写真は、別のページではカラーになって再び登場する。このように、一つのイメージをカラーとモノクロの2つに変換して登場させるという「再演」が本書ではいたるところで行われている。
デジタル写真と映像を中心に制作する作者が、本プロジェクトでイメージを動画から生成したのは、カメラの中に装填されたフィルムに届き、触れ、浸透する光こそ、写真の中の真実の最後の痕跡であるからだ。本書のページをめくると、これらのイメージを読み解き、隠されているリアリティを見つけるのに役立つような判断基準がほとんどないことに気づく。そしてこのことは、そもそも写真というメディアに誠実さを期待することができるかどうかという問いを投げかけている。
【古本】ウィリアム・エグルストン写真集: WILLIAM EGGLESTON: 5X7
SOLD OUT

【古本】ウィリアム・エグルストン写真集: WILLIAM EGGLESTON: 5X7

5,556円(税込 6,112円)
アメリカの写真家 William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)の写真集「5x7」です。

1件~10件 (全45件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

ページトップへ