カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > PHOTOGRAPHY/写真集

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全2345件)  1/235ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】ヴォルフガング・ティルマンス写真集: WOLFGANG TILLMANS: FREEDOM FROM THE KNOWN
SOLD OUT

【古本】ヴォルフガング・ティルマンス写真集: WOLFGANG TILLMANS: FREEDOM FROM THE KNOWN

5,500円(税込)
ドイツのアーティスト Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)の写真集「Freedom From The Known」です。
本書はヴォルフガング・ティルマンスの抽象写真に全面的に焦点を当てた初めての書籍であり、彼の具象・表現作品の中で抽象がどのような存在感を示してきたかを探ります。
2006年春にニューヨークのロングアイランドシティにあるP.S.1で開催された、アメリカの美術館では初となるティルマンスの大規模な個展を記念して出版されたものです。
ロニ・アーン写真集: RONI AHN: THE CITY AND ALL IT HOLDS

ロニ・アーン写真集: RONI AHN: THE CITY AND ALL IT HOLDS

6,930円(税込)
ロンドンと香港を拠点に活動する写真家、ロニ・アーン(Roni Ahn)による作品集。

人と人との繋がりが希薄になる時代にこそ、身近な存在や環境に目を向けることが重要なのではないか。
韓国に生まれ香港で育ったアーンは新型コロナウイルスの世界的流行を機にそのように考え、故郷の香港へと向かった。

「昨年に新型コロナウイルスのパンデミックが始まったとき、私は故郷の香港に戻り、香港の若者たちと彼らを最も近くで支える恋人や家族、友人、そして彼らを取り巻く風景などのさまざまな関係性を記録しました。愛する人たちを訪ねることがしばしば難しく、孤独が助長されている今こそ、最も身近な人たちとの人間的なつながりを写真に撮ることに意味があるのではないかと考えたのです。10のグループにわたるこのシリーズは香港のさまざまな地域で撮影されており、それぞれの場所は彼らの関係に特に重要な意味を持っています。」- Roni Ahn
滝沢広作品集: HIROSHI TAKIZAWA: THE SCENE (BERLIN)

滝沢広作品集: HIROSHI TAKIZAWA: THE SCENE (BERLIN)

2,500円(税込)
日本のアーティスト 滝沢広(Hiroshi Takizawa)の2020年rin art associationで開催された個展を元に作られた作品集「The Scene (Berlin)」です。
全編を通して展示風景の写真を背景に実際に展示された作品の図版を貼り付けることによりより立体的に展示を追体験出来るような仕様になっています。
図版の途中途中に段落ごとに挟み込まれる中野拓哉さんによるテキストはモネやマン・レイ、ウォーカー・エヴァンス、シンディ・シャーマンなど美術史に名を連ねる巨匠や古代のギリシヤ彫刻などを引き合いに出しながら滝沢の作品を深く読み解きます。
ホンマタカシ写真集: TAKASHI HOMMA: TOKYO AND MY DAUGHTER: Complete edition

ホンマタカシ写真集: TAKASHI HOMMA: TOKYO AND MY DAUGHTER: Complete edition

2,860円(税込)
2006年にスイスのインディペンデントパブリッシャーNievesより刊行された、 ホンマタカシの写真集『Tokyo and my Daughter』が、このたび15 年の時を経て完全版として発行されました。

ホンマが1999年より続けている『Tokyo and my Daughter』は、東京の風景と、そこに暮らすホンマの友人の娘である、ひとりの少女の成長を記録したプロジェクト。
21世紀初頭の東京、日々変わりゆくその風景、そして成長してゆく”娘”(のような)少女との距離感の微細な変化を、繊細な眼差しで切り取り高い評価を得た名作が、約20ページ追加され完全版となりました。
リュック・タイマンス写真集: LUC TUYMANS: ENDE

リュック・タイマンス写真集: LUC TUYMANS: ENDE

参考価格(€45.00): 6,380円(税込)
価格: 3,300円(税込) <48%OFF>
Luc Tuymans(リュック・タイマンス)は、1990年代の絵画リバイバルに欠かせない人物です。

この本は、ドイツ・ブレーマーハーフェンのKabinett für Aktuelle Kunstでの展覧会のために完成したタイマンスの壁画を、その全過程をポラロイドで記録した初めての作品集です。
ベルリン国立美術館のウド・キッテルマン館長とテュイマンスのインタビューも掲載されており、充実した内容となっています。
ギジェルモ・シュロデック=ハート写真集: GUILLERMO SRODEK-HART: STORIES
SOLD OUT

ギジェルモ・シュロデック=ハート写真集: GUILLERMO SRODEK-HART: STORIES

参考価格(€49.95): 7,150円(税込)
価格: 3,300円(税込) <53%OFF>
アルゼンチンの写真家Guillermo Srodek–Hart(ギジェルモ・シュロデック=ハート)によるこの写真集は、アルゼンチンの田舎の商業施設の魅力的なストーリーを伝えるものです。

賑やかなブエノスアイレスの郊外にある商業施設(肉屋、パン屋、バー、修理工場、ガレージ、クリーニング店など)は、歴史を感じさせ、色とりどりのディテールにあふれています。
大判カメラで撮影されたこれらの写真には、エドワード・ホッパーの絵画のような物語性があります。
ボトル、皮、食料品、ハブキャップなどのディテールが、シュロデック=ハートの卓越した技術と構図によって強調されています。
マイケル・リュッツ写真集: MICHAEL RUETZ: THE FAMILY OF DOG

マイケル・リュッツ写真集: MICHAEL RUETZ: THE FAMILY OF DOG

参考価格(€38.00): 5,500円(税込)
価格: 3,300円(税込) <40%OFF>
Michael Ruetz(マイケル・リュッツ)は「The Family of Dog」で、過去50年間におよぶユニークな写真シリーズを実現しました。
このシリーズは人間とその社会的行動を繊細かつ啓発的に描いています。
犬は、結局のところ私たちが彼らの中に見たいと思うものであり、私たちが彼らを作るものなのです。
マイケル・リュッツは、路上で、家で、浜辺で、あるいはテレビの前で、たいていは眠ってしまうような犬を撮影しました。
彼は犬を単独で、あるいは猫や牛と一緒に、そして何度も人間の伴侶として描きます。リュッツは、動物たちに自分を押し付けるような演出を避けています。辛抱強く観察することで、時折、挑発的な効果が得られます。
人間の日常生活と同様に、犬も常に奇妙な状況に陥っています。写真家はこの誠実かつ皮肉な本の中で、犬の存在の様々な形、つまり犬のコメディーを、生においても死においても示しています。
シャロン・ヤアリ写真集: SHARON YA'ARI: LEEP TOWARD YOURSELF
SOLD OUT

シャロン・ヤアリ写真集: SHARON YA'ARI: LEEP TOWARD YOURSELF

参考価格(€48.00): 6,820円(税込)
価格: 2,200円(税込) <67%OFF>
この写真集は、Sharon Ya'ari (シャロン・ヤアリ)の創作活動の全過程を、最近の作品を中心に紹介しています。
テルアビブ美術館で開催されるヤアリの大規模な展覧会に合わせて出版されたもので、ヤアリの写真を総合的に紹介しています。

Sharon Ya'aliは、いつもと違う瞬間や特別な場所、ユニークな被写体を求めません。
彼の写真は、ありふれた身近なものへの親密な視線を提供し、見る者に立ち止まってじっくりと観察させます。
彼はクライマックスの瞬間を描くのではなく、途中で立ち止まり、目に留まったものを撮影することで、特定の時間と場所に永続性を与えます。

ヤアリのイメージは、一方では地域的、歴史的な参照を、他方では写真というメディアや芸術の歴史に関する概念的な参照を組み合わせた、重層的な読みを要求します。
須田一政写真集: ISSEI SUDA: MY JAPAN
SOLD OUT

須田一政写真集: ISSEI SUDA: MY JAPAN

3,500円(税込)
須田一生(1940-2019)にとって、写真は日常を記録し、非日常を明らかにする手段でした。
田舎の伝統的な祭りを好んで撮影していましたが、東京のストリートライフにも演劇を見出していました。
正方形の構図を得意としていた須田は、モノクロプリントの技術的な完成度の高さだけでなく、そのユニークでシュールなビジュアルスタイルでも知られています。
本書「Issei Suda - My Japan」は、1960年代から2018年に最後の写真集を出版するまでの、彼のライフワークを紹介するものです。
前衛的な劇団「天井桟敷」での初期の舞台写真家時代の写真や、「風姿花伝」や「わが東京100」などの象徴的なシリーズなど、めったに見ることのできない写真も含まれています。
サミュエル・ホッペ写真集: SAMUEL HOPPE: ZONE SUPERIEURE

サミュエル・ホッペ写真集: SAMUEL HOPPE: ZONE SUPERIEURE

6,820円(税込)
主にスイスの高地で撮影されたSamuel Hoppe(サミュエル・ホッペ)の写真は、山の精神を捉えた広大なパノラマ写真です。
カラーでもモノクロでも、彼を魅了するのは、山をゆっくりと征服することと逆説的な力の両方として疑いなく定義する凶暴さです。
ジャン・クリストフ・バイリーがテキストで書いているように、ホッペは私たちを「建築的な魅惑、まだ形成されていない形の渦、光の旅を横断したり再訪したりする」ように誘っています。
氷河、岩の多い斜面、高地にある湖、そして記念碑的な集まりが、息を呑むような巧みなフレーミングのショットの崇高な研究に集められています。

1件~10件 (全2345件)  1/235ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ