カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全85件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

アントワン・ダガタ写真集: ANTOINE D'AGATA: OSCURANA

アントワン・ダガタ写真集: ANTOINE D'AGATA: OSCURANA

3,426円(税込 3,700円)
フランスの写真家 Antoine d'Agata(アントワン・ダガタ)の写真集「Oscurana」です。
「Oscurana」は、ダガタが30年以上に渡って、ブラジル、ペルー、ニカラグア、サルバドル、エクアドル、ボリビア、グアテマラ、ハイチ、プエルトリコ、米国、キューバ、メキシコといった国々を旅した成果をまとめた作品です。
これらのイメージは、暴力の残酷な連鎖によって描かれた社会についての残忍なビジョンです。肉体の変成と発作を通して、写真家は集合体の通常の分析と視覚化から逃れる社会の断片を明らかにしようとします。
彼は自分自身を晒し何の予断もなしに、吸収して食べる世界への意識を研ぎ澄まします。
ハンナ・ダラビ: HANNAH DARABI: ENGHELAB STREET, A REVOLUTION THROUGH BOOKS: IRAN 1979-1983

ハンナ・ダラビ: HANNAH DARABI: ENGHELAB STREET, A REVOLUTION THROUGH BOOKS: IRAN 1979-1983

5,556円(税込 6,000円)
イランのアーティスト Hannah Darabi(ハンナ・ダラビ)の作品集「ENGHELAB STREET, A REVOLUTION THROUGH BOOKS: IRAN 1979-1983 」です。
Enghelab Street、Revolution Streetは、テヘランの中心部に位置しています。本書には、イランのアーティスト ハンナ・ダラビが収集したさまざまな写真およびプロパガンダの本が掲載されています。
1979年から1983年の間に出版された作品ーーシャー政権末期からイスラム政権初期にかけて言論の自由が支配的だった短い期間に相当するーーを基に、彼女は私たちをイランの歴史における激しい芸術と文化の時代の中心に連れて行きます。
ダラビはChowra Makaremiによって書かれた批判的な装置を伴う視覚エッセイを開発しました。本の景観が広がるこの出版物は、貴重な印刷物を初めて見る機会を与えてくれます。
エルスペス・ディエデリックス写真集: ELSPETH DIEDERIX: WHEN RED DISAPPEARS

エルスペス・ディエデリックス写真集: ELSPETH DIEDERIX: WHEN RED DISAPPEARS

4,537円(税込 4,900円)
ケニア生まれの写真家 Elspeth Diederix(エルスペス・ディエデリックス)の写真集「When Red Disappears」です。
本シリーズ「When Red Disappears(赤が消えたとき) 」で、エルスペス・ディエデリックスは、ゼーラント州のオランダ水域の秘密の庭園に思い切って足を踏み入れました。
この冷たい、濁った、緑がかった灰色の水の底生の植物相と動物相は、驚くほど豊かな視覚を示し、庭や公園でディデリックスが行なってきた大量の植物学的研究を完璧に補完していることがわかりました。
彼女は夢中になって刺激を受け、水中でライトが映し出す驚くべき色彩の造形を写真に撮るためにダイビングの試練に挑みました。ディデリックスのゴーグルを通して、我々は、貝殻、スポンジ、海草、イソギンチャク、その他の生物の形をした生命が最も色彩豊かな側面を見せ、損なわれていない海中の楽園を垣間見ることができます。
マーハ・ダニエルズ写真集: MAJA DANIELS: ELF DALIA

マーハ・ダニエルズ写真集: MAJA DANIELS: ELF DALIA

6,400円(税込 6,912円)
イギリスを拠点とするスウェーデン人フォトグラファー、Maja Daniels(マーハ・ダニエルズ)の写真集「ELF DALIA」です。

「モラから川に沿って北に向かうと、島国的な暗さを持ったコミュニティにたどり着く。」

ある土地とそこに暮らす人々について遠い昔の出来事のように書いたこの謎めいた一文がしっくりくる本作は、スウェーデンのエルブダーレンという渓谷の町から生まれた物語を描き出しています。
作者は2011年から2017年にかけて撮影した自身の作品と、地元の発明家であり、整備士、フォトグラファーであったテン・ラース・パーション(Tenn Lars Persson/1878–1938)のアーカイブから選んだ写真を組み合わせました。
時代を超えて出会った2人のアーティストが一つの物語を綴ることで、本作はドキュメンタリー写真からフィクションが生まれる可能性について言及しうるものとなっています。
ジャック・デイヴィソン写真集: JACK DAVISON: PHOTOGRAPHS
SOLD OUT

ジャック・デイヴィソン写真集: JACK DAVISON: PHOTOGRAPHS

6,800円(税込 7,344円)
イギリス人アーティスト、ジャック・デイヴィソン(Jack Davison)の作品集「PHOTOGRAPHS」です。
2007年から継続して制作するイメージを用いた実験の成果を1つのシリーズとしてまとめています。独学で写真を学んだ作者は、画家が絵を描くように直観や天性の感覚に従い、日常に埋没したシュールで官能的なものを掘り起こすような写真を撮ります。
明暗を強調することで絵に深みを出す表現技法「キアロスクーロ(明暗法)」や、意味を曖昧にすることや逆に隠された意味を明らかにすることもできる写真の力が、そのユニークで巧妙なアプローチにおいて存分に生かされています。
反転し水面下に沈んだ世界のようなそのイメージは、明快で鮮明なディテールが立ち現れたかと思えば、蜃気楼のようにかき消えていく。まるで揺れ動く振り子のようです。
濃い陰影とタイトなフレーミングを特徴とする本作は、紛れもなく映画的な美意識で貫かれています。レイヤーを重ね合わせたイメージの1つ1つが見るものの連想を刺激し、実際に写っている文脈から遠く離れたところまで想像が広がっていきます。
近年世間の注目を集める作家であるが、つつましやかであらゆるものを包み込むような姿勢は変わっていません。
本書においては、日常の出来事をシンプルに捉えていながら、丹念な演出と編集によるセットアップ写真からミステリーと深い意味を湛えたイメージへと実にさりげなくシフトしています。作者のイメージには手と目が繰り返し登場します。
握りしめた拳、顔を撫でている手、看板の中からこちらを睨みつける目、鏡越しにきらめく目と、この2つのモチーフは作品のあちこちに姿を現しています。見ることと感じること、知覚と想像の境界といった力強い緊張感を象徴しています。
本書では、作者の視点から見た世界を写した謎めいたポートレイト、風景写真、静物写真がきめ細やかなシークエンスとなり、こうした2つの対立する状態の間をふわふわと漂いながら、情感溢れる複雑な世界観を表現しています。
ラッセ・ディアマン写真集: LASSE DEARMAN: ACROSS THE FLOWER FIELD
SOLD OUT

ラッセ・ディアマン写真集: LASSE DEARMAN: ACROSS THE FLOWER FIELD

1,944円(税込 2,100円)
デンマークの写真家 Lasse Dearman(ラッセ・ディアマン)の写真集「ACROSS THE FLOWER FIELD」です。2018年から2019年にポートレート写真を中心に掲載されています。
サーシャ・ダグラス=ナレス写真集: SASHA DOUGLAS-NARES: SAFETY IN NUMBERS

サーシャ・ダグラス=ナレス写真集: SASHA DOUGLAS-NARES: SAFETY IN NUMBERS

5,278円(税込 5,700円)
アメリカの写真家 Sasha Douglas-Nares(サーシャ・ダグラス=ナレス)の写真集「safety in numbers」です。
「safety in numbers」は家族について、根底についての写真集です。姉妹ほど私の経験に近い人はおらず、姉妹ほど直感的な人はいません。私たちは心を共有しています。 時々私たちはお互いをサポートするように頼まれますが、それは常に最もやりがいのある瞬間です。そういった状況が私たちの前に立ちはだかる時、私たち姉妹は最強だと思う。
【古本】ジョン・ディボラ写真集: JOHN DIVOLA: CONTINUITY

【古本】ジョン・ディボラ写真集: JOHN DIVOLA: CONTINUITY

3,704円(税込 4,000円)
アメリカの写真家 John Divola(ジョン・ディボラ)の写真集「CONTINUITY」です。
ディヴォラは、1930年代のワーナー・ブラザーズの映画セットを集めたオリジナルの静止写真を撮り、それらは連続性を維持するために使われ、架空の現実の心に残るインスタレーションを作り出しています。
パトリック・オーデル: PATRICK O'DELL: FORGET ME
SOLD OUT

パトリック・オーデル: PATRICK O'DELL: FORGET ME

1,389円(税込 1,500円)
映画監督、写真家のPatrick O'Dell(パトリック・オーデル)の写真集「Forget Me」です。
フレデリック・ダニエルセン写真集: FREDERIK DANIELSEN: DRENGE
SOLD OUT

フレデリック・ダニエルセン写真集: FREDERIK DANIELSEN: DRENGE

3,704円(税込 4,000円)
デンマークの写真家 Frederik Danielsen(フレデリック・ダニエルセン)の写真集「Drenge」(Boys) です。
この本で写真家は男の子から男性への形成期を描いています。それは最初の深い感情と最初の激しい衝撃を受ける期間です。
この普遍的な成長の段階は至るところで起こりますが、「Drenge」では写真家自身が育った環境の中、ドイツの国境に近いデンマークの南の田舎の小さな島 Als での記録です。

島は、デンマークで郊外と呼ばれるところに似ていますが、本書では都市に対する郊外という関係性ではありません。被写体となっている男の子たちにとっての「郊外」は存在の中心であり、それは写真家の過去そして男の子の未来です。

1件~10件 (全85件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ