カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全41件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

ポール・グラハム写真集: PAUL GRAHAM: BEYOND CARING
SOLD OUT

ポール・グラハム写真集: PAUL GRAHAM: BEYOND CARING

6,930円(税込)
1985年に自費出版されたPaul Graham(ポール・グラハム)の有名なシリーズ「Beyond Caring」は、英国内の社会保障・失業局の待合室や廊下で撮影されたもので、長い待ち時間や行列、過剰な負担を強いられる制度の劣悪な環境を記録し、人々が経験した苦難を伝える力強い写真シリーズとなっています。
公式な許可を得られなかったグラハムは慎重に撮影を行いましたが、カメラを見ないで撮影したため空間的な見当違いが生じ、結果的に弱い立場に置かれた人々の無力な苦悩が強調されました。

マグナムを代表する写真家たちは、古典的なドキュメンタリーのテーマに色を使っていることに憤慨しましたが、一方で、活動と芸術の世界を行き来するこの作品を賞賛する声もありました(労働組合会議とニューヨーク近代美術館の両方で展示されました)。
グラハムは、ソーシャル・ドキュメンタリー、「ニューカラー」、ルポルタージュなどの要素をミックスした、新しい形のエンゲージド・フォトグラフィーを生み出し、今日まで続く印象的な作品群を生み出しました。
1984年に制作されてから何十年も経っていますが、これらの写真は、写真としての重要性だけでなく、1980年代半ばの英国における失業危機のユニークな歴史的記録としても成長しています。
スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN
SOLD OUT

スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN

6,930円(税込)
1977年、Stephen Shore(スティーブン・ショア)は、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、オハイオ州東部など、後に「ラストベルト」と呼ばれることになる産業衰退の真っ只中にある地域を旅しました。
ショアは、工場閉鎖で職を失った鉄鋼労働者たちと出会い、突然壊れてしまった彼らの世界を撮影しました。
荒廃した工場、寂れたバー、減少する大通り、、愛情を込めて飾られた家などです。
これらの写真には、繁栄していたアメリカの中流階級が悲惨な衰退の崖っぷちに立たされている様子が映し出されています。希望と絶望の両方が、店先や家の中、そしてショアの4x5インチのカメラに対峙する人々の苦悩に満ちた表情の裏に、落ち着きなく潜んでいます。

ウォーカー・エヴァンスの流れを汲むフォーチュン誌の拡大写真レポートとして依頼されたショアの多面的な調査は、その後数年間で政治的な注目を集めるようになりました。
ショアが撮影した労働者、組合幹部、家族などの被写体は、彼の訪問の前年にはジミー・カーターに投票していたが、今では新大統領に幻滅し、民主党を捨てて「レーガン民主党員」になる運命にあることがわかりました。

世界的に著名な写真家の一人が撮影した魅力的な写真を通して、「Steel Town」は、私たちにとって今まで以上に重要な意味を持つ時代と場所を描き出しています。
ポール・グラハム編集写真集: PAUL GRAHAM: BUT STILL, IT TURNS
SOLD OUT

ポール・グラハム編集写真集: PAUL GRAHAM: BUT STILL, IT TURNS

7,700円(税込)
Tell me a story.(物語を聞かせてください)
In this century, and moment, of mania,(熱にうかされたこの時代、この瞬間を)
Tell me a story.(物語を聞かせてください)
Make it a story of great distances, and starlight.(はるか遠いかなたの星明りの物語を)
The name of the story will be Time,(その物語に名を付けるなら「時間」)
But you must not pronounce its name.(でも、その名前を発音してはいけません。)
Tell me a story of deep delight.(深い歓喜の物語を聞かせてください)
- Robert Penn Warren(ロバート・ペン・ウォーレン)

Paul Graham(ポール・グラハム)は、「But Still, It Turns」で、写真に対する繊細なテーゼと活性化のためのマニフェストを企画しました。
ここに集められたダイナミックで多様な作品は、現実の見事な絡み合いに対して、恥じることなく、しかし単純ではない献身的な姿勢を提唱しています。
スタジオの芸術性や従来のドキュメンタリーの制限的な要求に誘惑されることなく、これらのアーティストは、シフトしたり、ゆがんだり、分岐したりする制限のないストーリーを語り、ありのままの人生に揺るぎなく対応しています。
収録されているのは、
Gregory Halpernのカリフォルニアの覚醒夢「ZZYZX」、
Vanessa Winshipの「she dances on Jackson」、
Curran Hatlebergの「Lost Coast」
Stanley Wolukau-Wanambwaの豊かで多元的な「One Wall a Web」
死をテーマにしたRichard Choiの「What Remains」
RaMell Rossの幻のドキュメンタリー作品「South County」
Emanuele Bruti と Piergiorgio Casotti の共同プロジェクト「Index G」
Kristine Potterのアメリカの風景と男性性についての幻惑的な探求「Manifest」など。
これらの作品は、調和と啓発的な不協和音の中でまとめられ、グラハムは新しい写真の形を模索しています。
タイトルは、ガリレオが世界の観察を撤回させられた後につぶやいたとされる言葉です。グラハムの言葉を借りれば、ここで見られるのは「全世界の無限の親密さ」です。
ドロシア・ラング&サム・コンティス写真集: DOROTHEA LANGE & SAM CONTIS: DAY SLEEPER

ドロシア・ラング&サム・コンティス写真集: DOROTHEA LANGE & SAM CONTIS: DAY SLEEPER

参考定価(£30): 4,620円(税込)
価格: 4,620円(税込)
Sam Contis(サム・コンティス)は、アメリカを代表する写真家Dorothea Lange(ドロシア・ラング)の作品に新たな窓を開きました。
ラングの膨大なアーカイブをもとに、コンティスは、休息と忘却の象徴でもあるDay Sleeperを中心とした断片的で見慣れない世界を構築しています。
この本では、コンティスが自分とラングの見方の共鳴に反応しながら、他のアーティストの目を通して一人のアーティストを見ることができます。
彼女の家族の写真、スタジオで撮影したポートレート、サンフランシスコやイーストベイの路上で撮影された写真など、これまで知られていなかったラングの一面を明らかにします。
レイモンド・ミークス写真集: RAYMOND MEEKS: CIPRIAN HONEY CATHEDRAL
SOLD OUT

レイモンド・ミークス写真集: RAYMOND MEEKS: CIPRIAN HONEY CATHEDRAL

6,490円(税込)
アメリカの写真家 Raymond Meeks(レイモンド・ミークス)の写真集「Ciprian Honey Cathedral」です。
ミークスは、写真と本の形式を用いて、視覚、意識、理解の限界的な分岐点を詩的に蒸留することで知られています。
本書「Ciprian Honey Cathedral」では、この精査を身近なところに持ち込み、私たちの物質的な環境や身近な人々の読みやすさを繊細に探っています。 
アレック・ソス写真集: ALEC SOTH: SLEEPING BY THE MISSISSIPPI
SOLD OUT

アレック・ソス写真集: ALEC SOTH: SLEEPING BY THE MISSISSIPPI

6,930円(税込)
アメリカの写真家 アレック・ソス(Alec Soth)の写真集「Sleeping by the Mississippi」です。
ミシシッピ川に沿った一連のロードトリップから発展した本書は、アメリカの象徴的でありながら無視されがちな "third coast(第三の海岸)"を捉えています。
ソスの豊かな描写力のある大判のカラー写真は、個人、風景、インテリアの折衷的な組み合わせを表現しています。「Sleeping by the Mississippi」は、官能的なディテールと生々しい主題であり、孤独、切望、回想の一貫したムードを呼び起こします。
ニック・ワプリントン写真集: NICK WAPLINGTON: SETTLEMENT
SOLD OUT

ニック・ワプリントン写真集: NICK WAPLINGTON: SETTLEMENT

3,080円(税込)
Nick Waplington (ニック・ワプリントン)は2008年から2013年までエルサレムに住み、アリエルのような人口の多い都市から、数台のキャラバンからなる小さな前哨基地まで、この地域にある350以上のユダヤ人入植地を訪れました。

タイトルである「Settlement(入植地)」とは、ヨルダン川とエルサレムに挟まれた約2,173平方マイルの旧パレスチナ国家「ヨルダン川西岸」と呼ばれる地域に建設されたユダヤ人コミュニティのことを指しています。
この地域は六日戦争後の1968年にイスラエルに占領されたが、イスラエルの統治権は国連に認められておらず、この地域にイスラエルの建築物を建てることは国際法違反とされています。

本書は、パレスチナの大多数の人々だけでなく、イスラエル社会の主流とも対立しているヨルダン川西岸地区におけるユダヤ人のアイデンティティの地形を調査しています。
入植者は全員ユダヤ人であり、ほぼ全員がイスラエル市民であるが、その多くはイスラエルの出身者ではありません。ワプリントンが撮影した男女のほとんどは、アメリカ、南アフリカ、オーストラリア、イギリス、旧ソ連、その他のユダヤ人ディアスポラからヨルダン川西岸に到着した移民です。
この地域では建設と解体が定期的に行われているため、入植地の正確な数を正確に把握することはできません。しかし、一般的には、西岸のユダヤ人入植者の存在は定着しており、彼らの建設プロジェクトはイスラエルの支援を受けて継続しています。
ベルティアン・ファン・マネン写真集: BERTIEN VAN MANEN: EASTER AND OAK TREES
SOLD OUT

ベルティアン・ファン・マネン写真集: BERTIEN VAN MANEN: EASTER AND OAK TREES

2,090円(税込)
Bertien van Manen(ベルティアン・ファン・マネン) は、1970年代にden Eikenhorst (文字通り「樫の木の巣」という意味)で過ごした家族の休日の至福のイメージを、本書「Easter and Oak Trees(イースターと樫の木)」の主題としています。
このシリーズの主要な被写体の一人である彼女の息子が、最近このアーカイブを思い出したそうです。
明るさがこれらの白黒のイメージを支配し、政治的に正しくない70年代の彼女の子供たちや家族の明らかな喜び、家族の温かさ、安心感が表現されています。
子供たちはポーズをとったり、遊んだり、走ったりしていますが、最終的には自由な表現とカメラへの露出の中にある家族の親密な心地よさが写真から伝わってきます。
"Easter and Oak Trees "は、この家族の牧歌的な風景のほんの一部を共有するための魅力的な招待状を提供しています。
ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: SACRIFICE YOUR BODY

ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: SACRIFICE YOUR BODY

2,200円(税込)
アメリカ人アーティスト、Roe Ethridge(ロー・エスリッジ)の作品集。本書では、作者の母親の故郷であるアメリカ・フロリダ州の大西洋岸に位置する「パームビーチ」での私的なドキュメント写真を中心に、ファッションフォトの不採用作品やシュールリアリズムなコラージュ作品が断片的でありながら、独特のストーリー性を感じさせるように構成され、作者が高く評価されるその編集能力が発揮された1冊となっている。NYの出版社「KARMA」を運営するデザインチーム「An Art Service」によるタイトル・デザイン。
ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: LE LUXE 【2nd edition】

ロー・エスリッジ写真集: ROE ETHRIDGE: LE LUXE 【2nd edition】

2,200円(税込)
アメリカ人アーティスト、Roe Ethridge(ロー・エスリッジ)の作品集のタイトルは、フランス語の「C'est pas du luxe」から取ったもので、贅沢が存在することがいかに本質的であるかを宣言する一方で、贅沢の余分な性質を暗示する皮肉なフレーズです。
このようなパラドックスはエトリッジの作品を通して流暢に織り込まれており、「Le Luxe」は過去10年間の彼の作品を網羅していますが、回顧展のような不毛な重厚さに陥ることはありません。

個人的なイメージや雑誌のコミッションからオンラインのスクリーンショットのアーカイブまで、多様なイメージのインベントリを駆使して、完成された作品を作る可能性を否定する絵作りの探求を続けています。
デジタル写真が理想化されようとしている時代に、エグルストンの言葉を借りれば「完成されたものとの戦い」である。写真の原始的な条件は、この本のデザインの中で損なわれており、アンリ・マティスの「正確さは真実ではない」(マティスは彼の絵画のうち2点に「Le Luxe」というタイトルをつけています)という格言のようなものを反映しています。

3つのパートで構成された『Le Luxe』には、マンハッタンのダウンタウンにある世界貿易センターに隣接した場所にあるビルを撮影した依頼を2005年11月から2010年1月まで受けていたマティスの日常という変わった背景が含まれています。
この物語は、アナログとデジタルの間の亀裂と、エスリッジが一貫して自身の確信を損なってきたことへの不穏なバランスを提供しています。

1件~10件 (全41件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

ページトップへ