カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Art/アート > Art/画集、作品集

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全409件)  1/41ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】ミヒャエル・ボレマンス作品集: MICHAEL BORREMANS: EATING THE BEARD

【古本】ミヒャエル・ボレマンス作品集: MICHAEL BORREMANS: EATING THE BEARD

38,500円(税込)
本書は、ベルギーのアーティスト、Michael Borremans(ミヒャエル・ボレマンス)の100点以上の作品を包括的に紹介しています。
過去10年間に制作されたペインティング、ドローイング、フィルムに加えて、一連の新作も掲載されています。ボレマンスは、ドローイング、ペインティング、フィルムが密接に絡み合っており、様々なメディアに囲まれた領域で活動しています。
彼のシナリオは、参照や暗示に満ちており、見る者に様々な解釈を可能にする一方で、一つの決定的な全体像を形成することはありません。
リアリズムとファンタジー、儚いものと顕在的なもの、アイロニーと混乱など、実際には相反する要素が彼の映像世界では密接に織り込まれており、認識可能な日常の現実と奇妙な夢の世界との間には微妙な境界線があるのです。
ミヒャエル・ボレマンス作品集: MICHAEL BORREMANS: THE BADGER'S SONG. SERIES 2013-2020.

ミヒャエル・ボレマンス作品集: MICHAEL BORREMANS: THE BADGER'S SONG. SERIES 2013-2020.

7,810円(税込)
曖昧さと矛盾は、Michael Borremans(ミヒャエル・ボレマンス)のペインティング、ドローイング、フィルムの2つの特徴です。
彼は、一見見慣れた風景であっても、よく見ると不穏な印象を与えるようなシーンを、技術的な妙技を駆使して作り出します。
ブラックユーモア、暴力、不条理と美を組み合わせて、奇妙で疎外感のあるイメージを生み出し、その中で被写体は不定形の時間と空間に位置しているように見えます。
このカタログは、2013年以降のミハエル・ボレマンスのすべてのシリーズ作品の概要を示しています。
「Black Mould」、「Fire From the Sun」、「Girl with Hands」など、7つの異なるシリーズの絵画作品が掲載されています。作品の大部分は、これまでに出版されたことがありません。
KOOLIE

KOOLIE

3,500円(税込)
「Koolie」は、「Holidays」をテーマにした、楽しくて、おおらかな気持ちになれる作品集で、以下の方々が参加しています。
Sophy Hollington
Mark Simmonds
Adam Ferner
Esther McManus
Charles-Antoine
Nick Wood

リソグラフィーと印刷の遊び心を愛する二人(Sophy HollingtonとEsther McManus)は、他のアーティスト、作家、デザイナーに、野心的な印刷プロジェクトを提案してもらい、それを実現して一つの爆発的なアンソロジーに融合させることにしました。
マルクス・プラチェンスキー: MARKUS PRACHENSKY: EINE RETROSPEKTIVE 【ドイツ語版】

マルクス・プラチェンスキー: MARKUS PRACHENSKY: EINE RETROSPEKTIVE 【ドイツ語版】

参考価格(€30.00): 4,400円(税込)
価格: 2,420円(税込) <45%OFF>
絵画におけるジェスチャーを中心に、ベルヴェデーレに寄贈されたMarkus Prachensky (マルクス・プラチェンスキー)の非公式作品「Rouges différents sur noir - Liechtenstein」(1956/57)に触発されて、この展覧会では、回転するブラシワークの側面を並置して探ります。

プラチェンスキーの作品は、表向きにはジェスチャー的な衝動とキャンバスに伝わるエネルギーに関係しています。
一般的には、ブラシストローク自体が芸術のメタファーであり、密接に関連した芸術家の神話、個人の作家性の問題、芸術の真正性を批判的に参照しています。
パウル・レナー作品集: PAUL RENNER: THEATRUM ANATOMICUM

パウル・レナー作品集: PAUL RENNER: THEATRUM ANATOMICUM

参考価格(€48.00): 6,820円(税込)
価格: 2,420円(税込) <64%OFF>
Kunsthaus Bregenzのために作られた「Theatrum Anatomicum」では、心と感覚の両方が研ぎ澄まされ、また解剖されます。
ここでのすべての行為は、すべての感覚が1つに溶けるポイントを探す共感覚的なプロセスとして経験されます。
ミカ・ロッテンバーグ作品集: MIKA ROTTENBERG
SOLD OUT

ミカ・ロッテンバーグ作品集: MIKA ROTTENBERG

参考価格(€42.00): 6,050円(税込)
価格: 2,420円(税込) <60%OFF>
Mika Rottenberg(ミカ・ロッテンバーグ)は、ビデオ・インスタレーションを中心とした即興的な建築物において、現代の生産プロセスの不条理さを追求しています。
拾ってきたものや物を使って超現実的な空間を作り出し、観客に不条理な覗き見の視点から世界の流通の仕組みをより深く考察させています。
この出版物は、ミカ・ロッテンバーグ本人との緊密な協力関係のもとにデザインされたアーティストブックです。
マルクス・シンヴァルト作品集: MARKUS SCHINWALD: VANISHING LESSONS

マルクス・シンヴァルト作品集: MARKUS SCHINWALD: VANISHING LESSONS

参考価格(€42.00): 6,050円(税込)
価格: 2,420円(税込) <60%OFF>
1973年オーストリア生まれ、ベルリン在住のMarkus Schinwald (マルクス・シンヴァルト)は、空間と人間の身体の心理的な関係を探るミクストメディアのインスタレーションや映像作品で知られています。
このモノグラフでは、オーストリアのKunsthaus Bregenz(クンストハウス・ブレゲンツ)で開催されたシンヴァルドの個展に焦点を当てています。
シンヴァルドは、私たちの知覚に疑問を投げかけるユニークな映像鑑賞空間を作り出しています。
ヘグ・ヤン作品集: HAEGUE YANG: ARRIVALS: CATALOGUE RAISONNE 1994-2011

ヘグ・ヤン作品集: HAEGUE YANG: ARRIVALS: CATALOGUE RAISONNE 1994-2011

参考価格(€48.00): 6,820円(税込)
価格: 4,840円(税込) <29%OFF>
本カタログは、Katharinea Schwerendtが編集し、Haegue Yang(ヘグ・ヤン)の作品を包括的に網羅しています。
作品はMarina Vishmidtのテキストによって構成、分析、コメントされています。アンダース・クロイツァーは、ヘグ・ヤンの多面的な作品に取り組み、特にクンストハウス・ブレゲンツでの最新作を紹介しています。
このカタログは、作家の全作品の図版、Kunsthaus Bregenzで開催された「Arrivals」展の作品の図版、そして入念に作成された付録と合わせて、これまでのヘーグ・ヤンの作品に関する最も充実した出版物となっています。
FANTASTIC ARCHITECTURE

FANTASTIC ARCHITECTURE

4,290円(税込)
ディック・ヒギンズ(Dick Higgins)とウルフ・フォステル(Wolf Vostell)の編集により、1969年に出版された作品集、『Fantastic Architecture』の復刻版。

FLUXUSの共同創設者のひとりであるヒギンズと、ドイツ人アーティストのフォステルが編集した本書は、当初ドイツ語版が『Pop Architectur』というタイトルで出版され、1970年の英語版で現在の『Fantastic Architecture』というタイトルになった。
ジョン・ケージ(John Cage)やバックミンスター・フラー(Buckminster Fuller)、クルト・シュヴィッタース(Kurt Schwitters)、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)など、1960年代以前の様々なアーティストや思想家の著作やプロジェクトを通して、ポップ・アートと建築の境界を探究している。
ガブリエル・オロスコ作品集: GABRIEL OROZCO 【ドイツ語版】

ガブリエル・オロスコ作品集: GABRIEL OROZCO 【ドイツ語版】

参考価格(€49.80): 7,150円(税込)
価格: 2,420円(税込) <66%OFF>
Gabriel Orozco(ガブリエル・オロスコ)は、様々な素材や技法を用いて作品を制作しています。
オロスコは、ドローイング、写真、サウンド作品、絵画、インスタレーション、彫刻などを発表しており、その作品はドクメンタ10、11やヴェネチア・ビエンナーレでも展示されています。

オロスコは日常的なものを流用し介入することでそれらを変化させます。
オロスコの作品の中には、ユリノキの池の横に置かれた2つの卓球台「Ping Pond Table」(1998年)や、ナイトだけが存在する不条理でコミカルなチェス盤「Horses Running Endlessly」(1995年)など、表向きは遊び心のあるものもあります。
また、人間の頭蓋骨を市松模様のグリッドで覆った「Black Kites」のような作品は、崇高な魅力を持った不穏な人工物です。
オロスコの作品は、芸術と現実をつなぐ中間領域にあり、日常的なものと芸術的なものの境界を意図的に曖昧にしています。

1件~10件 (全409件)  1/41ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ