カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Art/アート > Art/画集、作品集

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全460件)  1/46ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】リチャード・プリンス 作品集: RICHARD PRINCE: AMERICAN PRAYER

【古本】リチャード・プリンス 作品集: RICHARD PRINCE: AMERICAN PRAYER

11,000円(税込)
パリのBIBLIOTHEQUE NATIONALE DE FRANCE(フランス国立図書館)にて開催されている、リチャード・ プリンスのフランスで初めてとなる大規模な展覧会「AMERICAN PRAYER」に合わせて刊行されたカタログ。 この展覧会のユニークな点は、プリンスの作品を飾ることだけではなく、彼の作品制作のインスピレー ションの原点であるパーソルな側面に焦点を当てていることです。その厖大なプリンス自身のプライ ベート・コレクション(ほとんどが初公開)である50年代から80年代のアメリカのポップカル チャー、音楽(ジミ・ヘンドリックスやボブ・ディラン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなど)、ビート文学(ジャック・ケルアックとアレン・ギンズバーグ、ウイリアム・バロウズなど)、そしてフラン スのパルプフィクション、ビデオ、ポルノグラフィーの稀少本やそのオリジナルのアートとナース・ ペインティングまでがカオスとなりながら展示構成されています。
その展示構成をそのまま、リチャード・プリンスのコスモを収録したコレクター・アイテムなカタロ グがこの「AMERICAN PRAYER」です。
エド・ルシェ 作品集: Ed Ruscha: VERY: Works from the UBS Art Collection

エド・ルシェ 作品集: Ed Ruscha: VERY: Works from the UBS Art Collection

5,500円(税込)
Ed Ruscha(エド・ルシェ)は、アメリカ社会の象徴的な解釈で知られ、20世紀アメリカ美術の中でも最も著名な人物の一人として際立っています。

彼の芸術は、スタイリッシュなガソリンスタンド、ハリウッドのロゴ、典型的な風景のクールでエレガントな表現と密接に結びついています。
1960年代初頭から、ルシェほどロサンゼルス周辺の現代視覚文化の発展を根本的に解釈した人物はいません。彼のモチーフは、道路、フロントガラス、映画スクリーンの視点から引き出されており、砂漠に位置する広大で平坦な都市空間の独特な感覚を与えます。

UBSアートコレクションからの50点以上の作品を紹介するこの展覧会カタログは、1960年代以降の時代をカバーするだけでなく、ルシェが長年にわたって使用してきた技術的・グラフィカルに革新的なアプローチも紹介しており、彼の最も象徴的な絵画やアーティストブックのためのスタディも含まれています。
この出版物は、ルシェの「言葉の絵画」の一つである「VERY」に由来するタイトルを持ち、ジョージ・コンディによるエッセイとルイジアナ近代美術館のキュレーターによるルシェとのインタビューを含んでいます。
河原温 作品集: ON KAWARA: 10 TABLEAUX

河原温 作品集: ON KAWARA: 10 TABLEAUX

5,280円(税込)
1960年代半ばから、On Kawara(河原温)は日常の数字、言葉、発見したイメージを通じて自らの存在を客観的に記録してきました。
この美しくデザインされ豊富なイラストを含む本は、アーティスト自身が輝かしいキャリアを通じて選んだ作品を紹介しています。
本書には1969年の月面着陸の時期に制作された絵画、その他の大規模な絵画、100年カレンダー、広範な旅行、人間関係、個人的な読書記録をまとめた彼自身の膨大な書籍が含まれています。
リチャード・ビリンガム 写真集: Richard Billingham: Ray's a Laugh

リチャード・ビリンガム 写真集: Richard Billingham: Ray's a Laugh

14,300円(税込)
1996年に出版され、大絶賛を浴びたRichard Billingham(リチャード・ビリンガム)の『Ray's a Laugh』は、20世紀初頭の最も重要な写真集のひとつであり、YBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)世代の礎となる作品でもあります。
アルコール中毒と貧困の影響下にあるビリンガムの、しばしば混沌とした実家を捉えた親密な写真で構成されたこの写真集は、編集者のマイケル・コリンズとジュリアン・ジャーメインとともに1990年代に制作されました。

この新版では、ビリンガムのビリンガムが自身の非常に個人的な作品に対して持っていた本来のビジョンを初めて復元しています。
数多くの未公開イメージや、ビリンガムが画家としての訓練を受けたことに影響された独特のシーケンスを含んでおり、『ディレクターズカット』としての役割を果たし、新たな時代に向けて重要かつ一貫して挑戦的な作品を再紹介します。
ダニール・ネボルシン 作品集: Daniil Nebolsin: Wrong Meds

ダニール・ネボルシン 作品集: Daniil Nebolsin: Wrong Meds

5,500円(税込)
アーティスト, 文化研究者, 教育者である Daniil Nebolsin(ダニイル・ネボルシン)の作品集「Wrong Meds」です。
単一のイメージの比喩性、独立性、孤立性の境界に疑問を投げかける 130のコラージュのサイクル。
それは、メールアートとサイケデリック アートが交差する、強迫的に繰り返される自己破壊的なモチーフの流れです。
アラジン・ボリオーリ: Aladin Borioli: BANNKORBE
SOLD OUT

アラジン・ボリオーリ: Aladin Borioli: BANNKORBE

7,700円(税込)
Bannkorbe(直訳すると「チャームバスケット」)は、17世紀から20世紀初頭にかけてドイツ北部、特にニーダー ザクセン州で人気があった独特の形式の養蜂技術です。
Bannkorbeは巣箱として機能するだけでなく、通常それらを飾る奇妙なマスクが悪霊を追い払う役割も果たしました。
夕暮れ時に彼らが現れるのは、蜂蜜泥棒やクマを怖がらせて追い払う目的もありました。
Aladin Borioli(アラジン・ボリオーリ)は、テキストと画像を使用して、今日でも存在するBannkorbeに関する広範な調査を行いました。
魔法の信念に深く根ざしたこの伝統は、「現代の」蜂の巣と養蜂と蜂蜜収穫の経済的最適化に代わる珍しい代替手段を表しています。
HEADS TOGETHER: Weed and the Underground Press Syndicate 1965-1973

HEADS TOGETHER: Weed and the Underground Press Syndicate 1965-1973

9,350円(税込)
今では単に「The Sixties(60年代)」と呼ばれるこの若者の反乱は、出版史上最大のブームの一つによってもたらされました。
Underground Press Syndicate (UPS) は 1966 年に 5つの新聞の緩やかな連合体として始まり、数年の間に世界中で 500以上の新聞に膨れ上がり、数百万人の読者にリーチしました。
それらは「雑草のように広がった」とUPSの取締役で大麻の売人であり、最終的に『HIGH TIMES』の創設者となったトム・フォーケイドは語った。 この比喩は適切でした。UPS が合法化運動に拍車をかけ、大麻がその信仰の対象=トーテムとなったのです。

大麻は非常に蔓延していたので、政府機関が UPS を取り締まるのに役立つ手段となりました。 大麻は活動家グループを象徴するようになり、UPS タイトルのマストヘッドに華やかさを加えました。 UPS のページには大麻が浸透しており、テキストの隙間には大麻からインスピレーションを得た「スポット イラスト」が詰め込まれていました。

『Heads Together』 はこれらのドローイングを収集し、ストーナーアートの規範の中であまり知られていない名前や、署名が添付されていなかったためまったく知られていなかった多くの名前に光を当てています。 また、CIAによって密輸品のように扱われていた時代の大麻栽培ガイドもまとめられており、活動家志向のサイケデリックな巻紙も展示されています。

現在、大麻が米国内およびその他の国で合法化に向けて急速に進んでいる中、かつては扇動的な存在だった大麻の状況が奇妙な浮き彫りになっています。
今日の企業市場でポットの暴利を手にしている人々には、ヒッピーが標的になるずっと前、そしてその後ずっと、合法化を求めて戦った人々や、マリファナのために戦略的に犯罪者扱いされた黒人やラテンアメリカ人が反映されていません。

この本の芸術は、大麻が社会と人々にとって潜在的に良いものであり、腐敗した強力な勢力に直面して深い変革を活性化できるものとして楽観的に吸われていた時代について語っています。
女性たちの反乱: WOMEN IN REVOLT!: ART AND ACTIVISM IN THE UK 1970-90

女性たちの反乱: WOMEN IN REVOLT!: ART AND ACTIVISM IN THE UK 1970-90

7,700円(税込)
美術史の叙述からほとんど省かれてきた戦後世代の女性アーティストの作品と生活体験をタイムリーに探求する本書は、社会と政治が激変した1970年代から80年代にかけて英国で制作された作品の豊かさと多様性を浮き彫りにします。
絵画、ドローイング、彫刻、パフォーマンス、映画、写真など、さまざまなメディアを網羅したこの大規模な展覧会のカタログは、主流文化の中で女性のニーズがいかに周縁化されていたかを考察し、アーティストたちが、女性のニーズが主流文化の中でいかに疎外されてきたかを振り返り、芸術家たちがどのように過激なアイデアや手法を用いて、医療へのアクセスや階級闘争から環境災害、人種差別、女性蔑視まで、現代の聴衆に向けて、人々の共感を呼ぶ問題に立ち向かうかを明らかにしています。

フェミニスト映画の配給、黒人と南アジアの女性アーティストの認知度、セクション 28 とエイズのパンデミック、グリーンハム コモンと平和運動、パンク、フェミニズム、アートの交差点「Women in Revolt!(女性たちの反乱)」に関するエッセイを特集しています。
これは、将来の世代への道を切り開き、最終的には英国文化の様相を変えた、非常に創造的で、政治的に関与し、決意を持った女性コミュニティの完全な多様性を称賛するものです。
クラス 作品集: Crass: A Pictorial History Book
SOLD OUT

クラス 作品集: Crass: A Pictorial History Book

11,880円(税込)
イギリスのアナーコ・パンク(無政府主義パンク)バンド CRASSのアーカイブブック。
約30年以上にわたり断続的に CRASS が編纂した本書は、写真、配布資料、ポスター、アートワークなど364ページのボリュームでバンドの歴史がまとめられています。
【古本】バスキア: BASQUIAT: THE ARTIST AND HIS NEW YORK SCENE

【古本】バスキア: BASQUIAT: THE ARTIST AND HIS NEW YORK SCENE

11,000円(税込)
オランダ、ヘールレンのシュンクでの展覧会に合わせて出版されたこの本は、1980年代半ばのニューヨークのアートシーンの最愛の人としてではなく、ストリートと美術館の間を行き来し、すぐに注目を集めた若いアーティストとしてのJean Michael Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)の人物像に迫ります。
新たなアイコンとなる。 彼のグラフィティアーティストから世界的に有名な画家への転身は今では伝説となっていますが、彼の社会的および芸術的背景は、ヘールレン市の産業崩壊後の性格、1980年代から90年代の地域の経済低迷に伴う欠員や麻薬問題を反映しています。

1件~10件 (全460件)  1/46ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ