カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Art/アート > Art/画集、作品集

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全453件)  1/46ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

WANTO: BOMBING LIFE

WANTO: BOMBING LIFE

14,300円(税込)
日本のアーティスト WANTOの作品集「BOMBING LIFE」です。
AFTER ALL IS SAID AND DONE: Taping the Grateful Dead, 1965-1995

AFTER ALL IS SAID AND DONE: Taping the Grateful Dead, 1965-1995

7,920円(税込)
ロックンロール時代の音楽活動の中で、「バンド」という単純なカテゴリーを超越したと言えるものがあるとすれば、それは「Grateful Dead(グレイトフルデッド)」だろう。
1995年に活動を停止するまでに、デッドは巨大なバック組織、大規模で熱心なファンベース、公式と海賊版の両方の記録物を持つ国際機関になっていました。
ライブ・カセットテープは、法的にはグレーゾーンでありながら、デッドの伝説的なステータスを確固たるものにしました。
テープ愛好家やグレイトフル・デッドのメンバーへの数多くのインタビューと、何百ものアーカイブのカセット・ジャケットから得られた印象的なビジュアルを特徴とする「After All Is Said and Done」は、アーティスト Mark A. Rodriguez(マーク A. ロドリゲス)がその歴史を探求し、磁気テープに記された自家製サイケデリア、無秩序なグラフィック様式、闇市場のファンダムの武勇伝を表現しています。

マーク・A・ロドリゲスは、ロサンゼルスとニューメキシコを行き来しているアーティストである。彼は、コレクターとしての経験をもとに、文化的所有権、フォークアート、技術の陳腐化といったテーマを探求する彫刻的活動を展開しています。90年代半ばにグレイトフル・デッドのカセットテープを収集し始めて以来、27,000本以上のテープが彼の手に渡っている。
オノヨーコ作品集: YOKO ONO: YES

オノヨーコ作品集: YOKO ONO: YES

5,240円(税込)
Yoko Ono(オノヨーコ)は40年にわたる膨大なキャリアにおいて、さまざまなメディアを駆使し、従来の枠にとらわれず、新しい芸術表現を生み出してきました。

本書は、オノの挑戦的で影響力のある作品に焦点を当てた、初の総合的なアートブックです。
オノヨーコは、1960年代にニューヨーク、東京、ロンドンで前衛的な活動を展開して以来、音楽、映画、ビジュアルアートの分野で革新的な作品を発表してきました。
ウィリアム・ルドウィッグ・ルトゲンス作品集: WILLIAM LUDWIG LUTGENS: THE BIGGER THE SHORT, THE SWEETER THE BOTTOM

ウィリアム・ルドウィッグ・ルトゲンス作品集: WILLIAM LUDWIG LUTGENS: THE BIGGER THE SHORT, THE SWEETER THE BOTTOM

7,150円(税込)
私たちはヒステリックな時代に生きている。
世界が急停止し、黙示録が「稲妻と雷」や「大天使のラッパ」によってではなく、空っぽの街路や葬儀で流れる命の沈黙を通して告げられたときでさえ、私たちは解釈、意見、サウンドバイト、複雑なパワーポイントで溢れ、まるでまだ状況が十分に悪くないかのように、芸術というプレタポルテのぼろ布で装われた新たに活性化した道徳主義がありました。
内省の時であるはずなのに、スモッグが晴れた時、私たちは空気中に革命がないことを発見し、それでも私たちは無力さを隠すために絶望を希望と呼んだのです。
しかし、この時期の混乱の中で、私たちは人間の努力の中で最も時機を失したものである「笑い」を忘れてしまったようだ...。

皮肉な遺産の形式的な慣習を使いながら、それでも彼は誠実なものの表現に到達している。生まれたときから知っている誤謬をすべて解き放ち、今では何も知らないことだけを知っている哲学的なバカのように、アーティストは世界を自分の劇場にし、そこで陶器店の牛のように、プリマバレリーナのような優雅さで歩き回ることができるようにしたのだ。
彼の観察力、想像力、そして散漫な参考資料の合金を私たちに提示することで、可能な限りの出口への道筋を強制的に示す。
最近の現代美術の流行である「問いかけ」にとどまらず、その問いが生まれる枠組みを解きほぐす。イメージは、その創造の物語によって解体される。
私たちが知っている世界の終わりにおける演劇的な狂気の力と無力さを交互に見せながら、ウィリアム・ルドウィッグ・ルトゲンスは『ユーモアの喜劇』で人間の機能不全の家族を表現しているのである。

若き日の愚者としての画家の肖像
ウィリアム・ルドウィッグ・ルトゲンスの『ユーモアの喜劇』について
2020

ミハエル・ヴァン・レモルテルによるテキストより抜粋
アート・ジュエリー: ART JEWELLERY: A PERSONAL PERSPECTIVE

アート・ジュエリー: ART JEWELLERY: A PERSONAL PERSPECTIVE

7,150円(税込)
アートジュエリーは、装飾品としての伝統を離れ、社会的な指標としてのみ機能するのではなく、特定の技術、素材、主題、美学に制限されない新しい芸術形態に移行しています。
ジュエリーを媒介とするアーティストは、ファイン・アーティストと同等にみなされるべきなのです。
本書では、アートジュエリーの専門家として知られるインガー・ヴェストベリが、自身のコレクションから数多くの作品を取り上げ、独立した芸術形態としてのアートジュエリーに光を当てています。
私たちが生きている時代を反映し、何が美しいと考えられているのかに挑戦し、男女平等、過剰消費、持続可能性、人生のはかなさといったテーマを扱ったジュエリーを紹介しています。
ノーマ・タネガ作品集: NORMA TANEGA: TRY TO TELL A FISH ABOUT WATER

ノーマ・タネガ作品集: NORMA TANEGA: TRY TO TELL A FISH ABOUT WATER

5,940円(税込)
Norma Tanega(ノーマ・タネガ)は、ミュージシャン、ソングライターとしての業績に加えて、著名なギャラリスト、教師、そしてカリフォルニア州クレアモントの活気に満ちた地元出身のクリエイティブシーンの中心人物でもあり、驚くほど独創的なビジュアル・アーティストでもありました。
本書では、タネガの大胆な色彩と身振り手振りを交えた即興的な絵画が、未公開の写真、イラスト、日記、その他の資料とともに初めて公開されます。
友人や共同制作者たちによる考察や回想が、視覚的なロードマップと一緒にコラージュされている『Try to Tell a Fish About Water』は、タネガの芸術キャリアを熟考し、創造性に没頭した人生を証明するものです。
カティンカ・ゴールドバーグ作品集: KATINKA GOLDBERG: BRISTNINGAR

カティンカ・ゴールドバーグ作品集: KATINKA GOLDBERG: BRISTNINGAR

6,600円(税込)
「Bristningar(破裂)」は、Katinka Goldberg(カティンカ・ゴールドバーグ)の三部作の中編で、彼女は「近さと遠さの間の緊張を探求」し、自分自身の中と世界の中の両方を見つけようと試みている作品です。
この3部作は、自身と母親の関係を複雑かつ詩的な手法で考察した『Surfacing』(2011年)から始まりました。
「Bristningar」では、ハンス・ベルメールのように、身体を解体し再構築するコラージュを制作していますが、その目的は全く異なり、破壊や病理学的な目的ではなく、むしろ癒しを目的としています。
そしてまた、足し算と引き算、いや、引き算のために足すというプロセスでもあります。

「私は、消えることなく自分自身をどれだけ取り除くことができるのか、という問いに答えようとしています。近さが距離になる前に、どれだけ近づくことができるのか」という問いに答えようとしているのです。
マルタン・マルジェラ作品集: MARTIN MARGIELA AT LAFAYETTE ANTICIPATIONS
SOLD OUT

マルタン・マルジェラ作品集: MARTIN MARGIELA AT LAFAYETTE ANTICIPATIONS

8,250円(税込)
本書は、パリのラファイエット・アンティシパシオンで開催された Margin Margiela(マルタン・マルジェラ)の初個展のために出版され、ベルギーのファッションデザイナー、マルタン・マルジェラ(1957年生)の40以上のアートワークを初めて紹介するものです。
インスタレーション、彫刻、コラージュ、絵画、映像などのイメージを再現し、マルタン・マルジェラが常にアーティストであったというテーゼを提唱しています。
1980年代後半からファッション界で国際的に知られるようになったマルジェラは、デザイナーとしてのキャリアを通じて、素材やランウェイショーを通じてファッションの慣習を意図的に覆してきました。
カタログは、Irma Boom(イルマ・ボーム)がマルジェラと密接に協力してデザインしたもので、ショーの「メイキング」として、作品の最終写真と制作途中の写真の両方を掲載しています。
マーク・マンダース作品集: MARK MANDERS: LES ETUDES D'OMBRES 【フランス語版】

マーク・マンダース作品集: MARK MANDERS: LES ETUDES D'OMBRES 【フランス語版】

4,840円(税込)
オランダ人アーティスト、Mark Manders(マーク・マンダース)は、その謎めいた喚起力のある荒い粘土の彫刻やタブローで世界的に知られています。
このカタログでは、ニームのカレ・ダールでの展覧会のために、マンダースはオブジェの秘密の生命を探求しています。時とともに進化し、形を変え、新たな意味を持つオブジェはどのようにして生まれるのでしょうか。
家具、煙突の動物、食器、骨などの要素を組み合わせたインスタレーションを発表しています。ティーバッグ、鉛筆、人間の彫刻など、身近なものが再文脈化され、不気味で奇妙で超現実的なものになるのです。
THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2022/23 (Meander)

THE SERVING LIBRARY ANNUAL 2022/23 (Meander)

5,280円(税込)
1960年代から、クロアチアのアーティスト、Julije Knifer(ユリエ・クニファー: 1924-2004)は、ミーンダーと呼ばれる荒々しく蛇行した幾何学的な線を描いていました。
単調で不条理なこの作業と、進行していないことを毎日日記に書くことは、クニファーにとって「非常に特殊な形の自由」であり、それぞれの絵は全体ではなく、より大きな流れの一部だったのです。
今回の「The Serving Library Annual」では、このテーマを探求し、蛇行が連続性の約束と再発の混在する祝福の両方を提供することを目指します。
ジュリエ・ナイファー、アヌジャ・ディール、アブ・ロジャース、アンソニー・ヒューバーマン、タウバ・アウエルバッハ、エミリー・M・リード、ローレン・エルキンなどによる寄稿を含む、自由にさまようコンテンツが収録されています。

1件~10件 (全453件)  1/46ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ