カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > Art/アート > Art/画集、作品集

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全361件)  1/37ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

【古本】ダスティン・イェリン作品集: DUSTIN YELLIN: HEAVY WATER
SOLD OUT

【古本】ダスティン・イェリン作品集: DUSTIN YELLIN: HEAVY WATER

14,000円(税込 15,400円)
アメリカのアーティスト Dustin Yellin(ダスティン・イェリン)の作品集「heavy water」です。
ジョナサン・リンドン・チェイス作品集: JONATHAN LYNDON CHASE: WILD WILD WILD WEST & HAUNTING OF THE SEAHORSE

ジョナサン・リンドン・チェイス作品集: JONATHAN LYNDON CHASE: WILD WILD WILD WEST & HAUNTING OF THE SEAHORSE

5,000円(税込 5,500円)
実験的な物語の新しいブックシリーズの一部であるJonathan Lyndon Chase(ジョナサン・リンドン・チェイス)による「wild wild Wild West & Haunting of the Seahorse」。
この非直線的なストーリーテリングは、SF、ファンタジー、ホラーの規範の中で、愛、悲しみ、欲望の流動的な状態を通して移動する黒人のクィアな身体を説明しています。
ラブレターのように、ジョナサンは、黒さの複雑な歴史、精神衛生上の瞑想、そしてクィアの未来を引き出すために、抽象的なものと物理的なものを混ぜ合わせた複数の感覚的な絡み合いを採用しています。
NARRATIVE ARCHITECTURE: A KYNICAL MANIFESTO

NARRATIVE ARCHITECTURE: A KYNICAL MANIFESTO

5,300円(税込 5,830円)
「NARRATIVE ARCHITECTURE」は、20世紀の建築と都市の見事なビジョンの流れを明らかにし、建築と都市の批評、思考、表現の最も強力で誤解され活用されていない武器のひとつを構築しました。
この歴史的系譜は3部構成で、ル・コルビュジエ、チーム10、コンスタント、ヴィクター・グリュエン、ヨナ・フリードマン、アーキズーム、スーパースタジオ、レム・コールハースによる半世紀に渡るユートピア的、英雄的、商業的、皮肉的、批判的なプロジェクトのこれまでに見たことのないイメージを通して、現代建築と物語的批評を不可分に織り成します。
デヴィッド・リンチ作品集; DAVID LYNCH: DARK SPLENDOR: Raum Bilder Klang 【ドイツ語版】
SOLD OUT

デヴィッド・リンチ作品集; DAVID LYNCH: DARK SPLENDOR: Raum Bilder Klang 【ドイツ語版】

3,700円(税込 4,070円)
David Lynch(デヴィッド・リンチ)という名前から『ワイルド・アット・ハート』、『ブルー・ベルベット』、『ツイン・ピークス』、『マルホランド・ドライブ』などを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、彼は美術を学び、映画のキャリアと並行してビジュアル・アーティストとして活動を続けてきました。
リンチにとって、写真、短編映画、絵画、版画、ドローイング、そして最近では音楽の作曲は、彼の作品に欠かせないものであり、映画のインスピレーションの源でもあります。
これらの作品は、リンチ監督の典型的なテーマ、特に郊外の生活の牧歌的なファサードの背後にある深淵を扱っています。暗い色で描かれた彼の絵画の特徴は、暗号のようなメッセージ、有機的な素材やオブジェの存在、そして解放的なユーモアのセンスにあります。
ダミアン・ケンプ作品集: DAMIEN KEMPF: MEDIEVAL MONSTER HUNTER
SOLD OUT

ダミアン・ケンプ作品集: DAMIEN KEMPF: MEDIEVAL MONSTER HUNTER

2,600円(税込 2,860円)
中世の写本の研究家でもあるDamien Kempf(ダミアン・ケンプ)の作品集「Medieval Monster Hunter」です。中世の写本に登場する怪物たちをジョークのような軽快な言葉で説明してて面白い。例えば、手足が何本もある人の絵には「Multitasking(マルチタスク)」とか、人の耳元で囁く悪魔の絵には「Listen to your inner voice(内なる声を聞け)」とか。
ホルツ・バウ: 近代初期ドイツ木造建築: HOLZ BAU: TIMBER ARCHITECTURE IN THE EARLY MODERN PERIOD OF GERMANY
SOLD OUT

ホルツ・バウ: 近代初期ドイツ木造建築: HOLZ BAU: TIMBER ARCHITECTURE IN THE EARLY MODERN PERIOD OF GERMANY

5,300円(税込 5,830円)
この本は、東京にある小さな建築設計事務所が行った、近代初期のドイツ木造建築のリサーチを記録したものである。

本の内容は、最初に日本での事前リサーチで発見した戦前の建築雑誌を「資料」として再録し、次の「建築」には現地の写真と、この本のために作成した図面などが収められている。写真の大部分は、福島加津也が撮影したものである。最後の「論考」では、今回のリサーチに基づくテキストとして福島と本橋仁が、集成材の技術的な歴史とこれからの可能性についてポール・ルイス・メイエンコートが執筆している。日本の建築家長谷川豪との鼎談と、ドイツの設計事務所AMUNTのヤン・タイセンとの往復書簡は、建築家にとっての歴史のリサーチ活動と建築のデザイン活動との関係についての議論である。クレジットのないテキストはすべて佐脇礼二郎による。所々に入っているカラーのドローイングは、冨永祥子によって描かれた。現地を見学したときの臨場感のような、3次元の体験を2次元の紙面に表現しようとするいくつかの試みである。その表現方法の手がかりは、漫画や曼荼羅、ドールハウスや起こし絵など多岐に及ぶ。
ソフィ・カル: SOPHIE CALLE: SANS LUI

ソフィ・カル: SOPHIE CALLE: SANS LUI

4,600円(税込 5,060円)
喪失、愛、家族。フランス人アーティストのSophie Calle(ソフィ・カル)は、私たちの標準的なパターンや信念を揺さぶることで、日常生活に影響を与える主要なテーマを探求しています。
1895年から2019年の間に様々なメディア(Le Chasseur français、Nouvel Observateur)に掲載された婚礼広告に焦点を当て、その後、MeeticやTinderなどのサイトやアプリを紹介しています。
アーティストによって選択され、数十年ごとに分類された、男性を探している女性の広告とその逆の広告は、両性に求められている主な資質と長年の愛の好みを強調しています。

取り外し可能なヴィンテージ広告のセレクションと、読者が自分の本をカスタマイズできる転写イメージのプレート2枚が、この愛のカタログにリズムを与えます。
FLORAE

FLORAE

7,600円(税込 8,360円)
儚く、装飾的で、貴重な花は、驚きに満ちています。
ギリシャの哲学者の最初の観察以来、芸術家、科学者、探検家、コレクターは花を調べ、賞賛し、その謎を解き明かそうとしてきました。
彼らの秘密の生活は何ですか?研究のオブジェクトは、花は古代以来、生命の起源に関する多くの疑問を喚起し、自然と私たちの関係の証拠を与えています。

科学と美術史の出会い、この出版物は私たちを探検へと誘います。
最古の植物標本のページから、中世の照明、中国皇帝の庭園から東洋のスルタンのものまで、カール・リンネによって想像された気まぐれな花時計からパリの国立歴史博物館の有名なベラムまで...

フランス国立図書館、大英図書館、バチカン図書館など、世界各国の図書館から集められたエッチング、写本、古文書などを豊富に掲載した本書は、ハイジュエリー・メゾン、ヴァンクリーフ&アーペルとのコラボレーションによるもので、Valerie Belin, Patrick Neu, 川内倫子など、現代を代表するアーティストの作品も掲載しています。
【サイン入】角田純作品集: JUN TSUNODA: SOUND AND VISION

【サイン入】角田純作品集: JUN TSUNODA: SOUND AND VISION

2,800円(税込 3,080円)
『SOUND AND VISION』は、抽象絵画を描き続けてきた角田純の次なる表現である、約20年に渡って制作された、文字にまつわるドローイング作品を集めた一冊です。文字を用いて絵画を描く、さまざまな文字の特性を融合して書を描く、そして書を崩したタッチを筆跡に残しドローイングを描くなど、複数の表現に通底しているものは、プリミティブな「文字」を自由に表現へと置き換えるアプローチです。
【サイン入】角田純作品集: JUN TSUNODA: MINERAL SCULPTURES
SOLD OUT

【サイン入】角田純作品集: JUN TSUNODA: MINERAL SCULPTURES

2,700円(税込 2,970円)
「Mineral Sculptures」は、角田純が作り出す鉱物をモチーフにした立体作品。幼少期から鉱物に惹かれて収集を続けていた角田が、ひとつの立体の中で複数の鉱物を組み合わせながら、土台となる石膏にもわずかに着色を行い、鉱物そのものが持つ美しさを生かしながら、彫刻へと落とし込んでいます。

1件~10件 (全361件)  1/37ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ