カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 

ボロ: 必然の芸術: BORO, THE ART OF NECESSITY

【Edited by】Karl-Johan Cottman, Petra Holmberg, Annika Peurell, Karl Zetterstrom
【出版社】Art and Theory Publishing 2021年
【装丁】Softcover(ソフトカバー)
【ページ】166 pages with col. illus.
【サイズ】24 x 17 cm
【状態】A: New
「襤褸(ぼろ)」とは、本来の寿命をはるかに超えて使用される布のことです。
古くなった布を再利用し、変化させ、「新しい」布を作るために、つぎはぎや繕い、簡単な縫い目で補強したり、布を織ったりするなど、さまざまな技法が用いられます。
ボロ布は19世紀から1950年代にかけて日本各地で作られましたが、その歴史はもっと古いと言われています。

ストックホルムで開催された展覧会に合わせて出版された本書は、ボロの歴史を調査し、社会的、経済的、美的地位の変化を検証するとともに、国内外のテキスタイルアーティストやデザイナーの視覚的、概念的なインスピレーションの源となっています。

ボロ: 必然の芸術: BORO, THE ART OF NECESSITY

価格:

5,720円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

関連商品

THE OFFICIAL BADGE COLLECTOR'S GUIDE FROM THE 1890S TO THE 1980S

6,416円(税込)
1890年代~1980年代までのオフィシャルバッジを紹介したコレクターズガイドブック。

ページトップへ