カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 商品検索

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全2952件)  1/296ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ガブリエル・オロスコ作品集: GABRIEL OROZCO 【ドイツ語版】

ガブリエル・オロスコ作品集: GABRIEL OROZCO 【ドイツ語版】

参考価格(€49.80): 7,150円(税込)
価格: 2,420円(税込) <66%OFF>
Gabriel Orozco(ガブリエル・オロスコ)は、様々な素材や技法を用いて作品を制作しています。
オロスコは、ドローイング、写真、サウンド作品、絵画、インスタレーション、彫刻などを発表しており、その作品はドクメンタ10、11やヴェネチア・ビエンナーレでも展示されています。

オロスコは日常的なものを流用し介入することでそれらを変化させます。
オロスコの作品の中には、ユリノキの池の横に置かれた2つの卓球台「Ping Pond Table」(1998年)や、ナイトだけが存在する不条理でコミカルなチェス盤「Horses Running Endlessly」(1995年)など、表向きは遊び心のあるものもあります。
また、人間の頭蓋骨を市松模様のグリッドで覆った「Black Kites」のような作品は、崇高な魅力を持った不穏な人工物です。
オロスコの作品は、芸術と現実をつなぐ中間領域にあり、日常的なものと芸術的なものの境界を意図的に曖昧にしています。
トニー・オースラー作品集: TONY OURSLER: LOCK 2, 4, 6

トニー・オースラー作品集: TONY OURSLER: LOCK 2, 4, 6

参考価格(€44.00): 6,270円(税込)
価格: 3,520円(税込) <43%OFF>
Tony Oursler(トニー・オースラー)は、この10年ほどアートの世界から身を引いていました。 このカタログでは、クンストハウス・ブレゲンツのために制作された新作を大判の写真で紹介しています。
リヒテンシュタイン美術館のフリーデマン・マルシュは、豊富な知識に基づいたエッセイの中で、トニー・オースラーの全作品と、消費と広告をテーマにした現在の作品を結びつけています。
また、トニー・オースラーは、ジョン・ウェルシュマンと、絵画を取り入れることで表現される彼の新たな動機について話し合い、グンター・ゲバウアーは、メディアの世界に対する彼の魅力と批判の間で揺れ動く両義的なアプローチを検証しています。
多数のイラストを収録したCDも付いています。
レイチェル・ホワイトリード: RACHEL WHITEREAD

レイチェル・ホワイトリード: RACHEL WHITEREAD

参考価格(€48.00): 6,820円(税込)
価格: 4,290円(税込) <37%OFF>
Rachel Whiteread(レイチェル・ホワイトリード)は、ネガティブな空間をポジティブな形に変えたり、建築物の要素にレリーフを作ったりして、周囲の建築物をアート作品に変えています。
本書は、Kunsthaus Bregenzで展示された4つの作品群「Stairs」、「Room」、「Floors」、「Doors」からの図版と、国際的に著名な作家による4つのエッセイを収録しています。
ホワイトリードがピーター・ズントーの美術館建築に関わっていることは、インスタレーションに明確に現れていますが、それはニック・テンウィッゲンボーンの優れた写真によって証明されています。
また、ウォルター・ニッケルのグラフィックデザインは、彼女の作品の緊縮性とミニマリズムを強調しています。
ジェフ・ウォール写真集: JEFF WALL: TABLEAUX PICTURES PHOTOGRAPHS 1996-2013 【ドイツ語版】

ジェフ・ウォール写真集: JEFF WALL: TABLEAUX PICTURES PHOTOGRAPHS 1996-2013 【ドイツ語版】

4,840円(税込)
Jeff Wall(ジェフ・ウォール)は、同世代の写真家の中で最も革新的かつ古典的な写真家の一人です。
1970年代に蛍光灯の逆光で撮影した大判のトランスパレント写真で有名になりました。彼の作品は、作家自身が体験した状況をカメラで再現したもので、その題材は多岐にわたっています。

カラープリントとライトボックスを組み合わせた彼の作品は、彼が「シネマティック」な写真と呼んでいますが、当初はまったく斬新で、美術館での本格的な展示には白黒写真しか適さないと考えられていたため、少々物議を醸しました。
1996年、ウォールはレパートリーを拡大してモノクロ写真の制作を開始し、映画的なもの、特にフィルムノワールや古典的な写真の美学をさらに追求しました。
Kunsthaus Bregenzの展覧会に合わせて制作されたこの本は、このモノクローム写真から始まり、現在に至るまでの作品を収録しています。初公開の作品も多数含まれています
ジャンフランコ・バルチェロ作品集: BARUCHELLO: CERTAIN IDEAS

ジャンフランコ・バルチェロ作品集: BARUCHELLO: CERTAIN IDEAS

参考価格(€55.00): 7,920円(税込)
価格: 3,520円(税込) <55%OFF>
Gianfranco Baruchello(ジャンフランコ・バルチェロ)が、約70年にわたる長く創造的な芸術活動を描いた本の出版を選んだのは今回が初めてです。
各セクションでは、それぞれの研究段階に焦点を当て、新しいテキストと、すでに出版されているが市場では見つけられないアーティスト自身による初期の文章のセレクションが紹介されています。図版は、展覧会で展示された作品よりもはるかに広い範囲をカバーしており、クラウディオ・アバーテが撮影した写真も多数含まれています。
最後に、1963年から現在までに作家が制作した映画やその他の映像作品について、テクニカルデータ、フォトグラム、シノプシスなどを網羅したドキュメントと、展覧会で展示された作品のカタログが掲載されています。
マーク・ロスコ作品集: MARK ROTHKO

マーク・ロスコ作品集: MARK ROTHKO

4,840円(税込)
本書は、この偉大なアメリカ人画家の初期の具象作品から、有名な後期のカラーフィールド・ペインティングまでの弧を辿っています。
また、1950年から1966年にかけて、ロスコがパリ、ヴェネツィア、アレッツォ、シエナ、ローマ、フィレンツェと4回にわたってヨーロッパを訪れ、ミケランジェロのビブリオテカ・メディケア・ラウレンツィアーナやフラ・アンジェリコのフレスコ画などを鑑賞したことが、大きな影響を与えていることがわかります。
この図録では、ロスコがオールドマスターの技法をどのように学んだかがわかるだけでなく、美術史、神話、人間存在のドラマ、体験型アートの概念についてのロスコの豊富な著作からの抜粋も掲載されています。
ロスコの理論と芸術家としての成長を比較対照しながら、名画の新たな解釈を提供しています。
マーカス・レェツ作品集: MARKUS RAETZ: NOTHING IS LIGHTER THAN LIGHT 【ドイツ語版】

マーカス・レェツ作品集: MARKUS RAETZ: NOTHING IS LIGHTER THAN LIGHT 【ドイツ語版】

参考価格(€50.00): 7,150円(税込)
価格: 4,840円(税込) <32%OFF>
Markus Raetz(マーカス・レェツ)の作品は、1960年代からドローイング、彫刻、インスタレーションなどの絵画的手段を用いています。
しかし、共通の糸のように、作品全体を貫く特別な側面があります。それは、テーマとしての「知覚」です。
マーカス・レェツが芸術家としての出発点から写真というメディアを扱い続けてきたことが、このカタログと展覧会のフックになっています。この40年間アーティストは、クリシェ・ヴェールからシャドー・プロジェクション、ポラロイド、オートマット・フォト、ヘリオグラヴュール、ハーフトーン・フォトなど、写真の歴史上知られているほとんどすべてのプロセスを利用してきました。

彼は本当の意味での写真作品を作ったわけではありませんが、対応する技術は、彼が世界を見る方法を問い直すために何度も役立っています。
現実の写真的イメージを求めるのではなく、彼の芸術的探究は知覚そのものに向けられています。何を見たかではなく、どうやって何かを見たかに焦点を当て、(知覚の)プロセスを可視化することに関心があるのです。マーカス・レェツの写真プロセスの扱い方は、彼の作品全体に通じるものがあります。

このカタログでは、マーカス・レェツが作品で使用している、ドローイング、プリント、オブジェ、インスタレーションなど、あらゆる芸術メディアがまとめられています。
この絶妙なデザインの書籍は、Markus Raetzの芸術に新たな視点を与えるだけでなく、静かな芸術家に再び焦点を当てています。
リチャード・セラ作品集: RICHARD SERRA: DRAWINGS: WORK COMES OUT OF WORK

リチャード・セラ作品集: RICHARD SERRA: DRAWINGS: WORK COMES OUT OF WORK

5,940円(税込)
2007年にニューヨーク近代美術館で開催された大規模な回顧展で、Richard Serra(リチャード・セラ)の鉄の彫刻による作品は、現代美術への決定的な貢献として認められました。
セラは40年以上にわたり、周囲の空間を導き、支配する巨大な構造物を制作してきました。このような構造物は、環境の中に溶け込むのではなく、環境と対等に作用します。
しかし、これらの彫刻作品と並行して、彼は大量のドローイング作品を制作してきました。その独特の素材感と平面上でのプロセス的な表現は、彫刻に匹敵する物質的な密度と物理的な存在感を示唆しています。
セラは、ドローイングを自分の作品の源泉を理解できる数少ない活動のひとつと考えており、それによって「世界を把握する」ことができるのだという。
グレゴール・シュナイダー写真集: GREGOR SCHNEIDER: FOTOGRAFIEN 【ドイツ語版】
SOLD OUT

グレゴール・シュナイダー写真集: GREGOR SCHNEIDER: FOTOGRAFIEN 【ドイツ語版】

参考価格(€39.90): 5,720円(税込)
価格: 3,620円(税込) <36%OFF>
Gregor Schneider(グレゴール・シュナイダー)ほど、日常空間の変容性をテーマにしたアーティストはいないでしょう。
彼は,見つけた建築的要素を露出させ,強調することで部屋を作り,それを妨害したり,複製したり,鏡に映したりして,新たな文脈の中に置くのです。彼がこの芸術的アプローチを最も印象的に実現したのは、1985年から継続的に改修が行われてきた、Rheydtにある彼の両親の家「Haus u r」でした。
2001年には、この家の多くの部屋が「Totes Haus u r」として、第49回ビエンナーレのヴェネツィアのドイツ館で展示され、シュナイダーは金獅子賞を受賞しました。
ダルムシュタット芸術家コロニー美術館の歴史的な彫刻スタジオでの展覧会では、彫刻、写真、映像に加えて、作家が完全にデザインした4つの部屋も展示されています。

この出版物は、従来の展覧会カタログではなく、グレゴール・シュナイダーの写真作品に初めて光を当てています。
スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN
SOLD OUT

スティーブン・ショア写真集: STEPHEN SHORE: STEEL TOWN

6,930円(税込)
1977年、Stephen Shore(スティーブン・ショア)は、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、オハイオ州東部など、後に「ラストベルト」と呼ばれることになる産業衰退の真っ只中にある地域を旅しました。
ショアは、工場閉鎖で職を失った鉄鋼労働者たちと出会い、突然壊れてしまった彼らの世界を撮影しました。
荒廃した工場、寂れたバー、減少する大通り、、愛情を込めて飾られた家などです。
これらの写真には、繁栄していたアメリカの中流階級が悲惨な衰退の崖っぷちに立たされている様子が映し出されています。希望と絶望の両方が、店先や家の中、そしてショアの4x5インチのカメラに対峙する人々の苦悩に満ちた表情の裏に、落ち着きなく潜んでいます。

ウォーカー・エヴァンスの流れを汲むフォーチュン誌の拡大写真レポートとして依頼されたショアの多面的な調査は、その後数年間で政治的な注目を集めるようになりました。
ショアが撮影した労働者、組合幹部、家族などの被写体は、彼の訪問の前年にはジミー・カーターに投票していたが、今では新大統領に幻滅し、民主党を捨てて「レーガン民主党員」になる運命にあることがわかりました。

世界的に著名な写真家の一人が撮影した魅力的な写真を通して、「Steel Town」は、私たちにとって今まで以上に重要な意味を持つ時代と場所を描き出しています。

1件~10件 (全2952件)  1/296ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ