カート ログイン ご利用案内 お問い合せ SITE MAP
 
HOME > 商品検索

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全2989件)  1/299ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

山谷佑介 写真集: YUSUKE YAMATANI: ONSEN I
SOLD OUT

山谷佑介 写真集: YUSUKE YAMATANI: ONSEN I

3,850円(税込)
「ONSEN I 」は、山谷佑介による温泉をテーマにした現在進行形のプロジェクトの新作です。
 野湯(のゆ、やとう)と呼ばれる自然の中に自噴する整備されていない温泉巡りは、山谷がカメラを手にして間もない15年程前から始まり、友人や家族、時にはSNSやZINEで希望者を募り現在も続いています。
 湯や水辺の場を中心にした人々のコミュニケーションは『日本書紀』や『万葉集』にも記述されており、山谷も温泉での撮影を続けていくうちに、原始の時代に耳を傾け、空間を超えて異なる惑星へと思いを馳せるような視点になってきたといいます。それら一連の実践は、時間を超えて変わらずに存在する自然や人間の姿を記録する撮影行為だけにとどまらず、ありのままの風景に身体を介在させて、人間と世界そのものを捉え直そうとする試みとも言えます。

本書はflotsam booksが出版した初めての写真集です。
デザインはflotsam booksのロゴなどを手掛けた山田悠太朗の手によるもので、表紙は山田が実際に山谷の野湯行きに同行し、湧き出る温泉や硫黄を直接紙に写し取ることで生まれた模様をシルクスクリーンと特殊加工で忠実に再現しています。
マウリシオ・トロ=ゴヤ 写真集: Mauricio Toro-Goya: PROCESSION, 1973-2023

マウリシオ・トロ=ゴヤ 写真集: Mauricio Toro-Goya: PROCESSION, 1973-2023

3,850円(税込)
1973年にアウグスト・ピノチェトが主導したチリの市民軍事クーデターから50年を記念し、チリの写真家 Toro-Goya(トロ=ゴヤ)は1973年から1990年にかけて発生した強制失踪の恐ろしいテーマに深く切り込みます。何十年もの間、軍事勢力はピノチェト政権に反対する人々を追跡し、拷問し、隠蔽しました。

現在、チリでは約1500人が行方不明のままであり、その家族は絶えず答えを求め続けています。
本書『Procession』は、トロ=ゴヤがラ・セレナの失踪者遺族協会と協力して丹念にキュレーションしたビジュアルナラティブを紹介します。
この作品では、登場人物たちが、架空の物語を通じて消えた愛する人々を発見するという苦しい可能性に取り組んでいます。バロック様式の技法を駆使し、トロ・ゴヤが「バロック・ドキュメンタリズム」と名付けたスタイルを用いることで、ナラティブとドキュメンタリーの要素が具体的な緊張感を伴って絡み合っています。
この作品は、失踪した人々の記憶に捧げられ、代表的な身体が象徴的な現実に変わり、絶え間なく追求する人々の記憶の空白を埋める感動的な歴史的証言として立ちます。
Omen: Phantasmagoria at the Farm Security Administration Archive: 1935-1942

Omen: Phantasmagoria at the Farm Security Administration Archive: 1935-1942

7,700円(税込)
幽霊、忘却の痕跡、そして過去と現在ではないものの反響を追いかける本書『Omen』 は、ニューヨーク公共図書館に保管されている農業安全保障局 (1935-1944) の写真アーカイブの一部を改訂し、再構成したものです。
このプログラムは、現代のドキュメンタリー写真のマイルストーンの 1 つであり、米国の最近の歴史における逆境、分裂、大惨事に対する勝利を主にテーマとした覇権的な物語を構築する上で重要な役割を果たしました。

しかし、その記念碑的な一連の画像を眺め、写真の隅、背景、細部を精査し、脇役を吟味し、そこにあってはならないものや偶然、事故、または誤りによって現れたものの中に、別の物語、より濃密で、より濁っていて、より問題を抱え、より複雑で、現代的で矛盾した物語を発見することができます。
それは、粉々でもあり頂点でもあり、アメリカ社会の様相をなす多くの(騒々しい、目に見える、目に見えない、雷鳴のような、静かな)組織的暴力の系譜的連続性の予感です。

この本は、今日のアメリカの悲惨な現実を映し出す鏡として、また同時に、歴史的およびドキュメンタリー写真の読み方と理解の仕方を振り返るための装置として役立ちます。
セシリア・ビクーニャ 作品集: Cecilia Vicuna: DREAMING WATER A RETROSPECTIVE OF THE FUTURE (1964-...)

セシリア・ビクーニャ 作品集: Cecilia Vicuna: DREAMING WATER A RETROSPECTIVE OF THE FUTURE (1964-...)

9,900円(税込)
絵画、デッサン、スクリーンプリント、コラージュ、テキスタイル、ビデオ、写真、インスタレーション、詩、アーティストブック、パフォーマンスなど、200 点を超える作品で、現代アートシーンに大きな影響を与えてきた世界的なアーティスト Cecilia Vicuna(セシリア・ビクーニャ)の多面的な芸術の旅を包括的に探究します。

読者は、脱植民地化とエコフェミニストの理想を体現する芸術運動を超えて彼女の影響力の豊かさに浸ることができます。
ジョアン・フォンクベルタ 作品集: Joan Fontcuberta: KINTSUGI

ジョアン・フォンクベルタ 作品集: Joan Fontcuberta: KINTSUGI

9,900円(税込)
博物館やアーカイブは、コミュニティの記憶を保存するための機関です。
Joan Fontcuberta(ジョアン・フォンクベルタ)は、それらのコレクションを掘り起こし、時間の経過とともに劣化し、皮肉にも「記憶を失った」写真文書を見つけ出します。
これらの壊れやすく、病んだ、記憶喪失の画像は、壊れた陶器を廃棄せずに修復し、金の糸で破損線を示す禅の技法である金継ぎを想起させる手順で救われます。傷跡を強調することは、レジリエンス(回復力)、すなわち人生の浮き沈みを受け入れることの一形態です。
『Kintsugi』では、ジョアン・フォンキュベルタが、時間の経過、歴史の記録、そして写真そのものの本質を呼び起こす詩的かつ概念的な幽霊のような画像を集めています。
スティーブン・ショア 写真集: STEPHEN SHORE: VEHICULAIRE & VERNACULAIRE

スティーブン・ショア 写真集: STEPHEN SHORE: VEHICULAIRE & VERNACULAIRE

9,350円(税込)
クレマン・シェルーが発案し、パリのアンリ・カルティエ=ブレッソン財団で開催されているこの本と展覧会は、Stephen Shore(スティーブン・ショア)の作品を、「車両写真」という未踏の視点から検討しています。
1960年代以降、ショアは車、電車、飛行機、さらには最近ではドローンなど、移動手段からほとんどの写真を撮影してきました。
目的地と同じくらい重要な旅は、実験と独自の写真作品の構築の口実となります。このようにして、スティーブン・ショアは現代の風景の俗語と、それがアメリカ社会自体について明らかにするものを探求しています。

この本は、彼がまだ21歳だったときにロサンゼルスで撮影した白黒写真から、2つの主要なシリーズ「American Surfaces」と「Uncommon Places」、そして2020年から2021年にドローンに搭載されたカメラで考案された最近の「Topographies」まで、12のシリーズを時系列で紹介しています。
これらのシリーズには、スティーブン・ショアとクレマン・シェルーの長いインタビューからの抜粋が散りばめられています。彼らはそれぞれ、ジャック・アンリ・ラルティーグからマン・レイ、ロバート・フランク、ジョエル・マイロウィッツまで、写真の歴史の中で独自のジャンルと見なされている写真のロードトリップをテーマにしたテキストを書いています。
リナレホ・モレノ 写真集: Linarejos Moreno: ON THE GEOGRAPHY OF GREEN [&]

リナレホ・モレノ 写真集: Linarejos Moreno: ON THE GEOGRAPHY OF GREEN [&]

11,550円(税込)
国際的なアーティスト、Linarejos Moreno(リナレホ・モレノ)は、その写真およびインスタレーション作品で数々の賞を受賞しており、中でも「On the Geography of Green」シリーズで21世紀写真のためのアンカリア・フォト国際賞を受賞しています。

この「On The Geography」プロジェクトの著名な展示会のに併せて刊行された本書は、31枚の「情報写真」プレートを見事な三連画として提示しています。

革新的な芸術的アプローチに関心のある読者にアピールし、芸術的表現と社会学的および技術的分析を組み合わせることで、風景の多次元的な探求を提供します。

「On the Geography of Green」シリーズは、2016年から2022年にかけて、テキサス、アーカンソー、ルイジアナの廃墟となったドライブインシアターで行われ、モレノは脱植民地化されたジェンダー視点から風景を探求しています。
本書には、プロジェクトにインスピレーションを与えた元のフンボルトプレートの最初のスケッチや、他の場所特有の文脈と問題に適用される方法論を示す10枚のプレートが含まれています。
これには、「On the Geography of Red」(スペインの博物館コレクションのジェンダー視点からの研究)、「On the Geography of the River」および「On the Geography of Chutculucene」(風景における知識と資本の生産に関するポストヒューマニスト的視点からの研究)などが含まれます。

アメリカ大陸の初期探検家、アレクサンダー・フォン・フンボルトの使用した方法論を反映し、モレノは印象的なイメージとデータを並置することで、探査された場所への批判的な視点を導入します。その結果、風景の規範的なアイデンティティを崇高な効果で探求するとともに、探査された場所の社会学的および技術的研究を提示する斬新な写真集が生まれました。
グラシエラ・イトゥルビーデ 写真集: Graciela Iturbide: WHITE FENCE

グラシエラ・イトゥルビーデ 写真集: Graciela Iturbide: WHITE FENCE

12,100円(税込)
ハッセルブラッド賞を受賞したメキシコ人写真家 Graciela Iturbide(グラシエラ・イトゥルビーデ)は、ドキュメンタリーおよびアート写真の分野で卓越したキャリアを持ち、メキシコの生活と文化の本質を詩的かつ深遠に捉えることで知られています。
アルフォンソ・モラレスによる魅力的なナラティブを通じて、イトゥルビーデがロサンゼルスのイーストサイドに住むラティーノ系ストリートギャング「WHITE FANCE」の生活を捉えることに対する魅了について探ります。このコミュニティの複雑さを探求し、アイデンティティと移民に関する強力な反映を提供します。
「White Fence 」は、イトゥルビーデの旅を通じた比類のない視覚的な旅を提供し、彼女のアーカイブから慎重に復元された未公開の画像、歴史をよりよく理解し、知識を広げるためのアイコンやドキュメントを伴います。
ダミアン・オルテガ 作品集: DAMIAN ORTEGA: CORN AND INDUSTRY

ダミアン・オルテガ 作品集: DAMIAN ORTEGA: CORN AND INDUSTRY

15,400円(税込)
メキシコのモンテレーにある現代美術館、MARCO で開催された Damian Ortega (ダミアン・オルテガ)の大規模展覧会に併せて刊行されました。
国際アートシーンで最も影響力のあるメキシコ人アーティストの 1 人と見なされているダミアン・オルテガのキャリアを包括的に探究します。

30 年以上にわたる彼の芸術活動を掘り下げ、哲学、ユーモア、空間探索のユニークな融合を強調します。
芸術と文化の交差点を読者が検討できる魅力的なレンズを提供し、オルテガの作品がメキシコの国民文化の構築と密接な対話を行っている様子を紹介し、マヤ神話と社会風刺に触発され、人間の経験について考えさせられる視点を提供します。
ヤン・ヘンドリックス 作品集: Jan Hendrix: ATLAS / CASA

ヤン・ヘンドリックス 作品集: Jan Hendrix: ATLAS / CASA

11,000円(税込)
Jan Hendrix(ヤン・ヘンドリックス)のグラフィックの旅を半世紀にわたり解き明かす『ATLAS』は、地図と座標の豊かなタペストリーを提供します。

エステラ・デ・ディエゴ、パトリシア・スローン、オリヴィエ・デブロワズなどの著名な同僚によるエッセイを収録した『ATLAS』は、ヘンドリックスの芸術を紹介するだけでなく、彼のキャリアにおける影響力のある声からの深い洞察を提供し、視覚的な物語に深みと文脈を加えます。

オランダでの反抗的な始まりから、デュッセルドルフでの影響力のあるアーティストとの出会い、メキシコでのフランシスコ・トレドやギュンター・ガーゾと共に行ったコラボレーション、そして「Bitacora」や「Script」に記録された世界的な芸術探求まで、ヘンドリックスの芸術的進化と世界的な旅を追跡します。

1件~10件 (全2989件)  1/299ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ